« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

V100 再生完了

V100復活致しました。Dscf0013

今回使用した新品のパーツです。約4200円の出費です。Dscf0014

1番の問題でありましたオイルポンプギヤ

左がNGで右が新品です。 これで完璧です。

Dscf0015 今回は中古品を使用の為、組み上げ後すぐに走行テストをしましたが、イマイチの結果、下のパワーが無さすぎ 再度調整が必要です。 ま~一様完成と言う事で本日は終了。Dscf0016

カタチには成ったでしょう。

Dscf0012 しほ姉のお土産です。 四国にアイスを食べに行ったそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

V100 エンジン再生

V100 エンジンを再生中

オーバーサイズを考えましたが、手持ちの中古エンジンを利用する事にDscf0006

使用するのはシリンダとピストンのみ

しかし、ヘッドとピストンにビッシリカーボンがついています

まずは、これを落とさねば

Dscf0008 Dscf0009

使用するオイルや走り方でも違いは出ますが、これは凄いカーボンの付き様です。

Dscf0007 Dscf0010

使用するシリンダをキレイにするついでにポートの角を少々削ります。 またまたついでに排気ポートも削りました。 ポートタイミングはノーマルのままです。Dscf0011

本日はここまで 腰が痛くなったので明日以降組み直し作業にかかります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

磨いてます 

ワコーズの新製品バリアスコートで

新製品のテストを兼ねてOママのSRX400を磨いてます。Dscf0015 Dscf0016

専用のファイバークロスが付いています

Dscf0010 Dscf0011

缶を良く振りタオルに吹きかけます。

Dscf0012 Dscf0013

薄く伸ばしながら塗っていき最後に専用クロスにて拭き上げて完了です。Dscf0014

奇麗に仕上がりました。

追伸 フロントフォークはご覧のとうりDscf0017 Dscf0018

交換作業完了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンバーの相棒の紹介 マジェSV

YAMAHA マジェスティ    オーナー 24君Dscf0008

拘ったのはステッカー&シールのセンスだそうです。

(実はキズ隠しだったりするかも)

乗り手に似合わず大人な感じに出来上がっています。Dscf0009

可愛い娘の為に頑張る親父になって下さい。余計なお世話ですが ハッハッハ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相棒はセピア改

SUZKI セピア改      オーナー S君Dscf0006

V100エンジン搭載のセピアで改印です。正式に100cc登録してあります(ピンクナンバーです)

拘りの1台です メーター廻りをご覧ください

タコメーターがついています Sメーターは表示が多めに出るスピード違反対策仕様?Dscf0007_2

足回り&ブレーキの強化期待しています

次々とカスタムが進む楽しめる相棒ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

V100 ばらしてます

先日のツーリングを完走出来なかったV100

分解整備に取り掛かりましたDscf0008 Dscf0009

まずマフラーをはずします(アドレスの場合は他の車種より結構めんどうです)

次にシリンダの周りのカバー類をとりはずします

Dscf0010 Dscf0011

カバーを外すとこんな感じでシリンダ本体が現れます

これからヘッドをはぐり中のチェックに掛かります

Dscf0013 Dscf0012

外したシリンダヘッドとスパークプラグです

特に問題の無い?良い焼け色ですね

両方とも再使用可能です。

次からが問題の箇所です。連続画像でお楽しみください。 トホホ

Dscf0014 Dscf0015 Dscf0016 Dscf0017

Dscf0018 Dscf0019 Dscf0020

シリンダ&ピストン見事に逝ってます。ピストンは特にIN側のダメージが多く撃走行をものがったています。 シリンダはO/H(ボーリング)で大丈夫な範囲でした。

V100はメーカーからO/S(オーバーサイズ)ピストンセットが0.5と1.0と出ているので悩むところです。

本日はバラシまで

Dscf0021 こんな感じでパーツ待ちですね。

以上 新しく組んだら報告致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

pigsoup ミニバイク耐久レース

ミニバイクの耐久レースが来月から毎月ありますよ(10月は?)

6/15 7/13 8/10 9/7 10? 11/30 12/14 全て日曜日

TSタカタサーキットとスポーツランドタマダにて開催

6.8.10.12月は駅伝耐久と言うタイトルで変則的なレースになっています。

申し込み等詳しくはレイステックのピグスープ事務局(www.pigsoup.com)へお問い合わせ下さい。

トコトコの耐久チームは参加するのでしょうか? 参加希望の方や見学希望の方、早めの連絡をお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラブルの原因は

2種ツーを感想出来なかったV100 

原因は予想どうりでしたがDscf0053

マフラーを外しシリンダーとピストンをチェック  思ったとうりのキズが入っている

これはオイル切れの可能性大

オイルポンプのばらしにかかるDscf0050Dscf0051

ポンプを取り外し

下にある駆動用のギヤを取り出します。

Dscf0052

取り出したオイルポンプギヤです。

見事に壊れていました。 いままでに何台ものV100のギヤを変えましたが自分のがと思うとメンテ不足と凄く反省致しております。 言い訳すれば普段はケムリが出ていればOKとしてしまうので発見が遅れてしまったかな  クランクまで壊れていませんように  次からはさらに確りとメンテしていきたいと思う所存で御座います。

次回はリベンジツーリングとして頑張るつもりです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花田植え パート2

花田植えパート2Dscf0035_2 Dscf0036_2 Dscf0037_2 Dscf0039 Dscf0040 Dscf0041_2 Dscf0042_2 Dscf0044 Dscf0045 Dscf0043

会場に来ている人におにぎり2個と漬物をくばってくれました。

ライダーK君の食べたおにぎり

たまたまではありましたが、花田植えを見る事が出来よい日にツーリングが出来たと皆で話 次はよみがえりの水を汲んで帰ろうと広島方面に向かってエンジンスタート。

2kmぐらい走った頃スロットルをまわしてもスピードが上がらない ガスはあるしと思った瞬間いきなりのエンジンストール いやな予感が焼きつきか?キックをすると圧縮はありそう、直ぐにエンジンはかかり再スタートしかし10mぐらいで同じ症状 逝ったなと思った瞬間でした。 坂を登りきるまであと少しのところ、他のアドレスに牽引らしきことをしてもらいやっと下りに 振りがつくと50kmぐらいでるが下りきって本日の走行を終了としました。

(かなしい~) 1台寂しく歩道に置いてツーリングは続行です。

よみがえりの水を汲みに行きました。Dscf0046 Dscf0047

シホ姉 ペットボトルが役に立ちましたね

ここからの帰り道は何事もなく楽しそうな3人を見ながらのツーリングで終わりました  が私本日2度目のツーリングのスタートです。4時20分千代田に向かってGO (今回は軽トラですが)

無事に回収作業完了Dscf0048 Dscf0049

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2種で行ったツーリング

本年度1回目の2種ツーリングの報告です。

朝10時集合 一番乗りのライダーK君、シホ姉、飛び入りS君と参加者は少なくなりましたが、とりあえず本日のメンバーが揃いました。 

スクーター4台 プレーリーに2名で合計6人でスタートいたしました。

スクーターとはいえ、流石に100cc&125cc車の流れに乗ってスムーズに走れます。途中ではビッグバイクを後ろに従えての走行 1時間位で千代田の手前の7/11で休憩Dscf0022

V100 2台とV125 1台 セピア改 1台

ここまでの走りは楽しいけど大きいバイクよりは車体の振動が伝わりカラダジュウ痺れる。

ここで問題発生Dscf0023

ラーダーK君

チキンを落としてしまった

立ち食いはこのような事になるのです。

コンビニをスタート 町を抜け登りの山道にアドレスV125vsV100の戦い?が始まりスロットルを開けていくが125を少々離したところで前を行く車に追いついた。(登りに強い駆動系にV125のK君もビックリ) しかし登りも終わり平地のストレートV125猛ダッシュさすが新型車見る見るうちにはなされていった。コーナーも安定してクリアをしていく姿を見せ付けられたある意味楽しい時間でした。

昼前 神楽門前湯治村到着Dscf0024

ついに食べました 夜叉うどん

4人とも普通の辛さです。食べた感想ですが、麺が少なくスープが多い辛さは個人差があるので?ですがお店の人に聞くと普通から3倍までがおいしく食べれるとの事でした。

隣にいたおじさんが、水は最後の飲めとか20倍をたべた女子高生がいるとか話し掛けてきた。 昼からほどよい酒がはいっていてご機嫌そうだ。 ここで今日花田植えがあるとの情報ゲット。Dscf0026

あとの二人はカフェでランチと

中国の話題で盛り上がった(さがった)

ごはんを済ませてお土産を買って 花田植えの見学です。Dscf0028 Dscf0027

自販機も木目になっています

ここから本郷の花田植え特集です。Dscf0030 Dscf0031 Dscf0032 Dscf0033 Dscf0034

牛で耕したあと早乙女の登場です。

続きは花田植えパート2で書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弐種ツー 完走したかった

本日、今年初めての2種ツーリングを行ないました。 ツーリングレポートは後日致します。(本日バテバテなもので)   完走したかったな~。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

雨ですが

本日は雨 明日も予報は午前中は雨がのこるかも 2種ツーは、時間をずらしてもスタートをする予定です。 その場合は目的地の変更もありと言う事でお願い致します。

BDH トコトコツーリングクラブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

V100 軽くしたトコロ ②

Dscf0006 フロントのカバーを外すと

Dscf0007 フレーム廻りが現れます。

良く観ると

Dscf0008

フレームの下側のステー部分をカットしています。 鉄の部分をカットすれば効果あります。 レギュレターとホーンを上側のステーに移動します その他フォークカバーなど外せるパーツはすべて取り除きました。 ここまですると前カゴが付かなくなります。

Dscf0009 スクリュをアルミの物に取替えたりボルトを短い物に取り替えたりして細かく軽量化をしています。(地味な趣味ですが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

V100 軽くしたトコロ

Dscf0010 スピードメーターの中のオドメーターのドラム

ここまでやるかて感じですが、やってしまったのです。デメリットとして当然走行距離が判りません ま~いいか軽くなったので。

カスタムとしてはお勧め出来ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンバーの相棒の紹介 ドラッグスター

YAMAHA DS250             オーナー A君Dscf0011 Dscf0012_2

250ccにしては大柄のバイクです。シートがカスタムしてあります。FTRからの乗り換えで、これが最後のバイク選びになるといっていた なぜなら ご本人この6月に結婚されます。おめでとう御座います。 250は経済的で財布にやさしい乗り物です。 これからもなが~く付き合ってあげて下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

V100 磨いてます

V100 軽量化バージョン

磨いてマスマス軽量化?Dscf0006

この状態をDscf0007 Dscf0008

メタルコンパウンドで磨きます。

アルミは結構ひかりますDscf0009

手作業でやってます

光りだすと面白くなってきます。Dscf0010

本日はここまで

V100の軽量化ポイント

Dscf0011 バッテリーがスッテプボード下にありません。

でもバッテリーレスではありません。

Dscf0012 キャブの後ろにある泥除けが付いていませ。これだけだとな~んだでしょうが V100オーナーの皆様画像を良くご覧下さい泥除けを取り付ける為の突起部分も軽量化のためカットしています。

グラム単位の作業ですが色々やっていくと軽くなりますよ。

その他の部分はまたの機会に紹介致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相棒はDIOバハ

HOND スーパーDIO BAJA       オーナーS君Dscf0014 Dscf0015

このスクーターも希少車になりましたね~。バハのチョイカスタムです。デュアルライトは純正で足廻りが金のオイルダンパー仕様 赤のカラーリングはペイントではなくDIOの純正なのですよ。少々フレームが挫けていますが、頑張って活躍しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンドタオル

J君に貰ったタオルと(アルコールの燃料?)Dscf0008 Dscf0009 Dscf0010

E.YAZAWA  のバラード最高です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

V100軽量化バージョンに

Dscf0006 Dscf0007

25日の相棒はV100にします?

久しぶりのスクーターです。 軽量化タイプの為フロントの接地感が無いので少々手強い相棒になりそうです。

当日までには確り磨いて、仕上げていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すごい事になっている

ホンダのズーマーのエンジンが

コンパクトで丈夫な水冷のエンジンが壊れた  原因は? クラッチカバーの下にオイル漏れ、ギヤオイルかと思ったらエンジンオイルでした。  カバーを開けて見るとDscf0001

クランクシャフトにガタがありオイルシールのクリアランスが大きくなって駆動系側にエンジンオイルが廻ってしまた様です。Dscf0002

ケースの裏はオイル塗れです。 ベルトもフロントのプーリーもNGでした。

Dscf0003

拡大画像です ここまでに成った原因は購入後オイル交換をした事が無い(7000kmは走っている) レベルゲージにオイルがつかない 流石にここまで手をいれないと壊れるよな~  皆さんオイル交換はマメに行ないましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンバーの相棒の紹介 ZRX1100

KAWASAKI ZRX1100     オーナー Isei

Dscf0018 ジムカーナーにもよく使われる1100です。カーボンのアンダーカウルがオイル交換の邪魔します。 リッターバイクでも扱いやすく良く出来た相棒でしょう。 (右手の操作だけでウイリーするそうです) しかしナローハンドルは不評ですね。

バイクは結構決っているのですが 乗り手が? 立派な父親を目指して頑張れ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トコトコ弐種ツーリング 

予定表

5/25(日) 集合10時 トコトコツーリングクラブ(店)前

目的地 神楽門前湯治村   装備 各自のフル装備で(レース用ツナギもOK)

相棒 原付二種 50ccは不可 (今回に限り大きめの相棒も認める)

空気圧 オイル等は事前に確りチェックの事  V100は千代田で給油予定(初期タンク車)

費用 燃料代と昼ごはんと間食代ぐらい

朝から一日中雨の場合は6/1(日)に延期致します。

BDH トコトコ ツーリングクラブ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2種ツーの相棒に

アドレスV100 CBX125と候補はありますがDscf0005 Dscf0006

ストリートマジック 現仕様では排気量の問題でロングはキツイかも    そこで110のレーサーのエンジンにスワップ計画を思案中  但し混合仕様の為ツーリングには少々めんどくさいかも。

レース仕様を公道用に これも結構時間がかかるので25日に間に合わないかも  

110には乗ってみたいな~ (製作はしたものの乗ったことが無いので)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

無事帰ってきた

ライダK君 大地震の中国から帰ってきました。  とわ言っても地震の被害は無く遭ったことも判らなかったらしい。

中国からのお土産ですDscf0001 Dscf0002

ラベルは漢字ですが

中国らしくはないですねキリンとアサヒでは。

でも安心商品でしょう。

Dscf0003 Dscf0004

おかし&カップ麺

ポッキーにUFO これも日本ぽい。

でも、冷凍の白いものよりは安心して食べれますね。

ポッキーは既にだれか食べていましたが  

だんだん国際人に成っていくライダーK君 中国語も勉強して、これからも中国でも頑張れ。

2種ツー行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベスパ 納車整備(準備)パート2

ベスパの整備パート2です。

輸入車の為スピードリミッター?がついています。30km制限の乗り物を考えれば充分なのでしょうが国産スクーター並みに走るよう改良です。

①駆動系のカバーを外します。Dscf0021

ホンダやスズキの駆動系と似ています

ここまで開けて問題発生  フロントのプーリーのナットを外そうとソケットを   どれも合わないなぜなら15mmそんなもの普通使いません。 (インチの工具も揃えないと)

ホームセンターへ走る 一つだけありました15mmソケット

画像はナットをやっと外したところです。

②プーリーのボスに取り付けてあるスペーサーを外します。Dscf0022

このスペーサーで速度を規制しています。

(プーリーの移動量の制限)

Dscf0023

これで取り外し完了

ノーマルで45km/hの最高速が65km/hまで伸びるらしです。

③プーリーを元どうり組んでカバーを取り付け終了Dscf0024

ケースとカバーの間にG/Kがない、ここらも国産とは違うところです。

つぎはMJの交換やマフラーの加工でまだスピードがUPするらしいのですが走ってから決めたいと思います。

外国車は色々しないと走らせる事が出来ない つかれるな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

②種ツーリングにいくよ~

来たる25日(日) いよいよ今年初の2種ツーリングに行きます。

皆さん相棒の手入れをしておいて下さい。 目指すは○○村の予定 詳細は後日お知らせ致します。

BDH トコトコ ツーリングクラブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベスパ 納車整備(準備)

今回はベスパの納車前整備です。

リヤのライセンス(ナンバープレート)ランプが無い為、国内仕様に仕上げです。

①純正のL型プレートの裏のビスを2本取り外します。Dscf0008 Dscf0009

②リヤフェンダーを取り外します。Dscf0011 Dscf0012 Dscf0013

こんな事になります。

③リヤフェンダーにランプ取り付け用の穴を開けます。Dscf0014 Dscf0015

ドリルは3mm位から開けていき12mmまで使用しました。

ランプを取り付けた図です。

Dscf0016_2 Dscf0017_2

④配線をします。 テールランプの配線の途中に割り込みます。Dscf0018 Dscf0019

配線はテールランプを外して何色かを調べました。

黒と黒/黄色に結線でOKでした。 最後にハンダで固定させます。

⑤純正のL型プレートをランプ用ものと交換します。Dscf0010

ナンバープレートベースも取り付けフェンダーを元に戻します。

これで、取り付け完了です。Dscf0020

最後にランプが点くのを確認しましょう。 結構疲れた。次は駆動系に取り掛かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっときた ベスパ

今年始めにオーダーしたベスパLX50がやっと届きました。Dscf0002

Vespa LX50 2T

50ccのオートマ仕様です。

車体は125cc共通の為かなり大きめです。

Dscf0001

スピードメーターは80km/hまであります。

燃料計&時計付きです。

Dscf0003

フロントはディスクブレーキ&片持ちサスです。

Dscf0004_2

リヤビューです。

テールランプはありますが、ナンバー灯が付いていません。 イタリアは要らないようです。

それでは、納車整備を致しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンバーの相棒の紹介 CBX750F

HONDA CBX750Fボルドール     オーナーK君

Dscf0012 Dscf0013 Dscf0011

希少車になりましたね~ 2年前はオーナーでしたので拘りのあるバイクです。 目立たないカスタムをしてあります。現オーナーのK君も先ず先ずのコンディションを保って乗ってくれているので安心です。 今年こそは是非一緒に走りましょう。 メンテナンスも大変になってくると思いますが大切に乗り続けて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MJの交換

MJ(メインジェット)の交換 

M君のXJR1300のTMRキャブのMJ交換です。 ノーマルキャブよりは簡単に出来ます。何しろガスが濃過ぎで燃費は悪いし後ろの人は目がショボショボするしで交換となりました。Dscf0007

ヨシムラのTMRキャブです。

キャブの下側の丸いホールディングボルトを取り外しMJの交換です。

Dscf0008

ニードルジェットごとMJを外したところです。

丸いのがボルトです。

MJは170番

Dscf0009

交換用のMJ(160番)、ヨシムラのキャブにはヨシムラMJ

ミクニのMJですが、ヨシムラシールのパーツで届きました。

Dscf0010

160のMJに交換して出来上がりです。

以上お粗末さまでした。

あとは走ってプラグの焼け具合を見ながら考えましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

RedBull 

最近CMで流れているレッドブルのドリンク。 コンビニで買うことが出来る様になりました。

しかし、本場のドリンクはこれです。Dscf0005 Dscf0006

日本語の説明はありません。

味は良く覚えていないが、飲みやすいものでは無かったような 日本で売っているのを飲んでみようかな。

エネルギーの出る飲み物のはず。ツーリングの終わり付近でリキ入れるのに良いかも?

誰か飲んでみて、コメントください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オイル缶の再利用

ペール缶(20L)の空き缶の利用法

まずは20Lペール缶Dscf0001_2 (空き缶はよく廃油入れに使います)を用意します。

今回は小物入れ&椅子仕様です。

次に上蓋を外します (マイナスドライバーでこじ開ける)Dscf0002

以外に簡単にとれます。

中の油をふき取ります。

これで、小物入れは完成です。 昔は横に穴を開け、ごみを焼くついでに2ストのマフラーをよく焼いていました。

ここでペール缶クッションの登場です。Dscf0004

ペール缶の蓋にピッタリと合います。

これを缶に被せるとペール缶チェアーの完成です。

Dscf0003

椅子仕様の出来上がり。

いくつか製作しますので、欲しいと言う人には販売もするかも。缶はワコーズのプロステージになります。

(製作と言うほどの物でもないですが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンバーの相棒の紹介 ZX-9R

KAWASAKI ZX-9R       オーナー J君Dscf0026

9Rの○○仕様です。パワーがあるけど扱いやすくポジションもツーリングでもOKなバイクです。足のショートな人には厳しいかも&リヤタイヤでか過ぎ

チタンマフラーに戻して良いサウンドで行きましょう。かなりの軽量化にもなるし上も廻るし  カワサキ党のJ君永く相棒と付き合って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近場でも面白い

本日も走ってきました。  2種ツーに向け下見も兼ねて近場のツーリングとしました。

昨日のブログ告知が遅すぎたのか、朝9時スタートに誰もいない  では本日はソロツーと決め走り出す。 しかし後の事も考えサポートメンバーにTEL、ブラックI君とJ君と合流一路豊平へ

どんぐり村(愛に恋いから約40km)Dscf0001 Dscf0002_2

2種ツーには良い距離かも

ここから千代田方面に

新スポットを発見 北広島町にDscf0007 Dscf0003 Dscf0004_2 Dscf0005 Dscf0006 Dscf0008 Dscf0009 Dscf0013 Dscf0010 Dscf0012

吉川元春が隠居をする為に建てた住まいの跡だそうです。ミニバイクサーキットが造れる位の大きさの敷地でした。Dscf0027_2

入館料

大人 300円

高校生 100円

中学生以下 無料

歴史に興味のある方は行って観ては如何でしょう。

隣に手打ちソバ屋さんもありました

お昼も近くなりましたのでDscf0014

ここで昼ごはんです。Dscf0017_2 Dscf0018

辛そうな色のうどんはブラックIくんのオーダーです。Dscf0015_2

かぐらドーム

Dscf0016 Dscf0020 Dscf0021 Dscf0022 Dscf0019_2

おいしいパン屋さんもあります。

うどんの次はラーメンを食べにDscf0023_2 高田の道の駅に

Dscf0025_2 Dscf0024_2

新メニューを食べてみました。

ラーメンなのですが、味噌汁風味 個人的な意見は、ながいきラーメンが良いかも?

味のコメントは難しい~ 

昼を食べて30分も経っていないのに、お腹が苦し~い。

少し休憩の後、土師ダムまでのワインディング 久々の道で左折に失敗Uターンでいつものコースにまたヤッテしまった。ダムで懐かしい人に再会(トラ)元気でやっているようで安心した。 仕事に子育て頑張れよ。

ダムを後に広島へ 千代田ICから可部への下道はストレートが多く睡魔に襲われながらの走行、最後は恋峠少しリキ入れて走り格納庫に到着。

本日の走行距離159km

Dscf0001_3 参加メンバー

FZ750 お内裏様

ZZR250 ブラックI君

ZX-9R  J君

少々寒い一日でしたが、無事下見も完了 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

天気しだいで

明日の天気しだいでは走ろうかな

9時頃からスタートで近場を予定中。 自由参加でよろしく。

by BDH トコトコツーリングクラブ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

②種ツーリングに向けて

Dscf0263_3 アドレスV100をやめてこのバイクを整備しようかな~

CBX125改 TSタカタサーキット仕様

125ccで2種だし、タンクも大きいしギヤ付きで楽しめそうだし。

でもアイドリングの無い乗り物はサーキット以外は辛いかも  そうなると別のスクーターを仕上げるしかないかも。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ハンドルに

最近メンバーの間ではDscf0001_3

Dscf0003_2 スクーターを中心にビッグバイクまで、ドリンクホルダーの取り付けが流行ってきました。

これはマジェに乗ってるN君のオーダー品

Dscf0002_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツーリングの友に

タンデムインターコムDscf0001_2

タンデムでツーリングの時に役立つ用品です。

最近は無線式(ワイヤレス)が便利です。取り付けも簡単で大きな声をださなくても会話出来ます。 タンデムライダーの居眠り防止?にもなります。

何年か前にSCで隣の人と話をしよう思い購入致しましたが、使わず電池切れしました。 今年からはソロで乗るバイクにしましたので何方か使ってみますか。(電池は単4を4本ご用意ください)

Dscf0002_4 ヘルメットに取り付けた図

フルフェイスタイプも取り付けOKですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンバーの相棒の紹介 カタナ400

SUZUKI GSX400S刀          オーナー IさんDscf0024

カタナの400です。色々とパーツ(エンジンも)を取替え走ってもらっています。数あるカタナシリーズの中で一番扱いやすいバイクでしょう。これからもパーツの交換はありそうですが、頑張って乗っていきましょう。近じかマフラーは交換します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンバーの相棒の紹介 Vmax

YAMAHA Vmx          オーナー NさんDscf0030 Dscf0031

Vmaxのカスタム車です。エンジンガードとアンダーカウルの取り付けに苦労した覚えがありますが迫力のフォルムに仕上がっています。ダミーエアダクトのマシンプレートが決っています。体力的に無理と言わずまだまだVマで走りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンバーの相棒の紹介 SR400

YAMAHA SR400              オーナー S君Dscf0029

ノーマルに近い状態に戻りつつあるSRです。BAS風のカスタム車両からの変身です。タンクカラーは以前のオーナーS姉のままですが、さて何色に成るのでしょう 全走行距離は10万Kmni近いSR 次の10万Km目指してがんばれ。 二種ツーもお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンバーの相棒の紹介 250TR

KAWASAKI 250TR       オーナー ヒロ子Dscf0028

フルノーマルの250TR と思いきやハンドルに何かしら付いている。今流行り?のドリンクホルダー 軟派な物だと思ったが結構な便利グッズ。TRは乗りやすい相棒です。永く付き合ってあげて下さい。 余り急ブレーキはしない様走りましょう。(Isei談)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

メンバーの相棒の紹介 ZZR250

KAWASAKI ZZR250       オーナー ブラックI君Dscf0027

初期型のZZR250です。ナサートマフラーが走りを盛り上げてくれてます。ツインエンジンは低速のねばりがあり8千回転から上はおもろ~

車体もボリューウムがある割には足つきも良いし、燃費も良くツーリングには最適の1台です。ただしサイドスタンドだと始動に愚図る個性派です。おもろ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンバーの相棒の紹介 XJR1300

YAMAHA XJR1300        オーナー M君Dscf0026

カスタムXJR1300です。 エンジン廻り、足廻り、HIDヘッドライトやLEDテールと外見プラス中身までカスタムしてありますが、エンジン始動のご機嫌が良くない相棒です。いつも豪快にリッターの押しがけをされています。これからも体力つけて頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トコトコで行った小豆島 2日目

2008年 5月4日(日)

本日も良い天気に恵まれ最高のツーリング日和。昨日の2次会の酒は抜けたが、深夜の大合唱団のおかげで少々寝不足ではあります。

朝6時に起き朝食までに土庄港の周りの観光スポットに バイクでは無く歩きで

Dscf0052 Dscf0053

平和の群像前にて

泊まった宿(三番館の向かいの別館)より徒歩3分

次は世界一狭い海峡(土渕海峡)まで15分位歩きますDscf0054 Dscf0055

海峡とは言っても橋が架っているだけですが、ギネス認定の海峡を歩いて制覇致しました。 目の前にある役場に行くと認定書を貰えるらしいのですが朝早すぎ開いてません。

土庄町の迷路を迷わず宿に帰って朝食です。

ご飯をすませお土産買って

ツーリング2日目のスタートです。Dscf0051

シャッター付きの駐輪場は良かったのですが、朝から運(フン)の付いた車両が  ツバメに罪はありません。

まずは小豆島町のオリーブ園へ 少し遠回りをして朝一からワインディングコースです。山道を登り下りして到着

Dscf0056 Dscf0057

坂を上るのはきついので、ショートカットで探索です。ここからの対岸の眺めも奇麗です。

Dscf0058

オリーブの圧搾装置

各自ソフトを食べたり、買い物をしたりと

ここで、地元の若者たち?のバイクグループがバリバリ音と共に登場、我グループの隣にバイクを停め1台のバイクを観て絶賛している。

それがこのバイク ZRX1100カスタム(画像は撮り忘れた)

次は二十四の瞳映画村まで走ることに、途中のマルキン醤油記念館はかなりの人でにぎわっている。海沿いの道は気持いい走りが出来るな~と思いきや突然の渋滞&赤旗、しかしバイクは通して貰えた(バスの履行の為自動車を停めて片側通行にしていた)。去年の乗り物SCでいっていたらバス待ちだった。

着いたよ映画村

Dscf0059 Dscf0060

せんせあそぼ

ここで記念写真を撮っていたご夫婦の会話

ご主人が真ん中の先生の銅像にかっぶていて奥さんが写真を撮るのに銅像中心にしようと、先生が映らないのでどいてとのコメント少し受けてしまった。

Dscf0061 Dscf0063

分校&ボンネットバス

スピードメーターは120km表示でした。

Dscf0062 青い空と奇麗な海をバックに記念撮影

いかにものロケーションですが、良い絵が撮れました。

Dscf0064

分校の生徒?

Dscf0065

二十四の瞳天満宮より村を望む

お賽銭もあげ安全祈願も完了

短い時間ではありましたが、昭和にタイムスリップできた、どこか懐かしくもある(セットでも)場所でした。

もっと色々廻って見たい場所が在ったのですが、船の時間があるので今回はここまで。

昼ごはんは島のコンビニ(サンクス)で買いフェリー乗り場で食べ、1番前で待っていたにも関らず他の車に先に乗られながらの乗船完了。

午後1時発のフェリーで岡山港へ。

ここからは前日きた道を大きく迷う事なく広島へ。

2日間の走行距離は521km

燃費はPMPが効いたのかリッター22km位過去最高を記録しました。通常よりリッターで2kmはのびた事になります。

今回の参加車両

Dscf0036 FZ750 お内裏 VTR1000 Oパパ グース改 Oママ TR250 ヒロ子

ZZR250 ブラックI君 SR400 S君 XJR1300 M君 Vmax Nさん 

ZRX1100 NOくん

サポートカー組

Dscf0020

ツヤ無しJOY H家+S+O家    白いダイハツの地球防衛軍 S10さん+N家こども

今回も事故も大きなトラブルも無く完走出来ました。参加の皆様ありがとう御座います。

これからもトコトコで走りましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トコトコで行った小豆島

2008年5月3日

いよいよツーリングの初日、天気は晴れ。メンバーの集合も時間どうり8時までに完了、1人発熱の為14人でのスタートとなりました。 今回見送りに来てくれたS姉、ライダーK君、N君ありがとう次回は一緒に行きましょう。

しかし、前日アクシデント発生の為、参加予定のバイクが1台走行不能状態、、他のメンバーの相棒を急遽借りることに(Isei ZRXを出してくれてありがとう)

午前8時7分いつもの駐車場をバイク8台サポートカー2台でスタート 途中でN家3人と合流メンバーが揃い一路小豆島へDscf0020 Dscf0021                

スタートから一時間後、最初の休憩ポイント、向原手前の7/11 

人数が多いと休憩が長くなり予定どうりの走りは難しいかも(トイレの順番待ちが思わぬタイムロス)

Dscf0022 向原の7/11から甲山を抜け、御調のローソンで2回目の休憩

天気が良く一枚トレーナーを脱ぐほど気温が上がってきました。そうなるとNさんのVmax 水温もウナギのぼり100度はかるく超える模様

ここまでで約2時間半思ったより良いペースで走れているのに少々ビックリ

しかし流石GW次の休憩予定場所までは、オンタイムとはいかず本来のトコトコペース

お昼もちかく、コンビに弁当もありかと思いながら、下見で走った時にチェックしていた矢掛町のうどん屋さんにて昼食としました。Dscf0023 Dscf0024

さすがに昼どき かなり混んでいます。17人一緒は無理空いた席で各々の昼ごはん。 私はうどん屋なのにラーメンうどんをオーダー 麺がラーメンでスープが薄醤油のうどん出汁の様な、気になれば食べに行ってみて下さい。

昼食を済ませ一路岡山のフェリーのりばへ  しかし、R2へ合流まではスムーズに行ったものの岡山バイパスからの降り口を通過してしまった。 毎度毎度のミスコース(毎回の名物)反対の車線に行きたくても中央分離帯が続きUターン出来ない。

Dscf0025

時間オーバーはしたもののフェリー乗り場に到着 各自乗船キップを買ってます。 2輪は750ccで料金が分かれていて、750までは1445円で750以上1655円でした。Dscf0032 Dscf0033

何はともあれ、やっとフェリーに乗船

思ったより大型のフェリーでバイクもサポートカーも楽勝で乗れました。 これはミスコースで3時に乗れずに着いたから?Dscf0035

久しぶりの船旅も良いものです。

約1時間10分で小豆島に到着 いよいよ上陸です。

島の天気も最高の晴れで出迎えしてくれています。 本日は寒霞渓山頂までのワインディングロード(小豆島ブルーライン)です。 途中のヘアピンは厳しい所もあり、野生の猿にも出会い山頂に到着。Dscf0036

バイク用の駐輪場は屋根付きでサイドスタンド用と思われる所は鉄板が敷いてある親切仕様でした。Dscf0037 Dscf0038 Dscf0039 Dscf0040 Dscf0043 Dscf0045

遅く着いた為、売店は閉まっていて人も殆んどいない

かわら投げ売り場も閉店している   しかし、我がメンバーそんなことではへこたれません。 みんなで秘密のかわら投げで楽しみました。

日も傾く頃、山頂を後に一路本日の宿に向け今度は下りのヘアピンにチャレンジしながら走りました。ここで今日2回目のミスコース宿が判らず港の周りをグルグル。

本日の宿到着 バイクはシャッター付きの車庫に駐輪(親切だがシャッターが閉じたのはかなり後だったみたい)

Dscf0047 Dscf0048 Dscf0051

晩御飯 名物のそうめんプラス海の幸

Dscf0050

毎年恒例の二次会

Dscf0049

本日のゴール一番乗り(風呂では鼻に栓と出血状態)生きてて良かった

宿はワンフロア貸切で和室4部屋 6人部屋でいびきの合唱のなか少しは眠れたかもな初日でした。

2日目は後日書きます。お楽しみに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008 今年は小豆島

いよいよ明日は毎年恒例となりました、泊まりツーリングの出発日です。

今年はなんとか天気には恵まれそうで少しホットしています。(でもレインスーツは必需品です) バイク9台サポートカー2台で総勢18名のツーリングとなりました。

安全運転を心がけいつもどうりの走りでいきましょう。 ゴールデンウィークは何処で渋滞をしているかよめないので、時間に余裕をもち楽しみながら走りましょう。

しほ姉土産は買ってくるから、次は一緒に行きましょう。

明日参加の皆様、朝の集合時間は厳守でお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オイル漏れの修理

あれは2日前、ツーリングの前にオイル交換と思いプロステージで交換終了。

数分後フロアにオイルの漏れた後が、そこでドレンプラグを増し締めこれでOKと思いきやまだ完全に止まっていない様子。

そこで本日ドレンの交換

Dscf0028 これがはずしたドレンボルト

ガスケットの接触部分が細くなっている。これが漏れの原因でしょう。

Dscf0029 新品のドレンボルト

形がまったく違います。昔の型のボルトが良かったのですが、何故かと言うとネジ頭の丸く細長い棒は磁石で細かい金属カスなどを取り除けるボルトなのでした。

新型ボルトのおかげでオイル漏れは解消致しました。安心してツーリングに出かけれます。

オイル交換はまめに行ないましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ただ今準備中 パート2

本日は

Dscf0021 参加車両のみなさまの各種スパークプラグの準備

足らない車種は今日オーダーしましたが、間に合うかな?

Dscf0022 今回使用予定のワコーズPMP(プレミアムパワー)

1本1680円の効果は如何なものでしょうか、燃焼効率を上げ排ガスをクリーンにしさらに潤滑性能の向上もと欲張りな添加剤です。

Dscf0024 スペアレバー

バイスプライヤー(ロッキングプライヤー)小型はツーリングの必需品です。いざという時役に立つ優れものですね。

Dscf0026 Dscf0027

ナンバープレートの取り付けボルトと交換してつけるツーリンググッズです。バータイプやアイボルト、カーゴフックとシートにバッグを置きネットで引っ掛ける時に便利ですよ。

昨日ガソリンを入れ忘れた(今日から高くなった)午後9時半に近所のジョモに行ったらすでに閉まっていた。セルフの店なのになぜ?

ハイオクは高くつくので入れにくくなった。レギュラーにしようかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »