« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

スクーピーに問題がパートⅡ

始動不良のスクーピーの問題

とりあえず、治療は完了致しました。 久々の大手術みたいな感じになりました。

詳細は後日upします。

今回の修理のおかげで、少しスクーピーに詳しくもなり

親しみも湧いてきました。 電気系は目に見えないので、時間が

掛かる事も多いのですが、故障箇所を見つけ修理が出来ると

達成感も大きいものです。  ま~自己満足なのですが。

本日もスクーピーに掛かりっきりで、身もheart01もボロボロ状態

手の爪も真っ黒。 オマケに昨日は空からのトンデモナイ贈り物にも遭い

(カラスのバカヤロー)テンションdowndown

beerで少しupupwardrightで、明日から頑張ります。

本日はここまで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

スクーピーに問題が

本日は朝から雨 予定は決めずにいたのですが、昨日からスクーピーのトラブルで時間を取られ寝不足ぎみ。

久しぶりに、悩むトラブルです。 ま~こういったのは結構好きなのですが。

てな訳で本日、仕事中。 ブログ書いている場合じゃあない。

始動不良を解決しなくてはcoldsweats01  とりあえず、怪しそうな箇所はチェックしたのですが

いまだ原因がつかめず。 ネットでも調べたが、これと言った答え見つからずです。

解決致しましたら、また報告します。 さ~仕事に掛かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金のドラゴン

中国の金のドラゴンです。 純金製ではありませんが。

レースの守り神となるのでしょうか。Dscf0031

中国では金の龍は縁起の良い生き物?とされています。

金の球体に昇り龍upwardright最高の組み合わせですね。

これで、とりあえず完走はOKでしょう。sign02

あとは、表彰台を目指し頑張るのみです。

ラーダーの方、暑い中頑張れsign03

Dscf0030

話変わって、本日はJ君のバイクが、、、

一大事だ~ 少々オーバーかな。

でも(ありえんけ~)な事に

またまた報告は後日にupします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NSFトロフィー  金のドラゴン

明日は、世羅の弘楽園でNSFトロフィー

ホンダのNSFのワンメイクレースです。 rainが降らなければ良いのですが。

その他のレースもあるのかも? 詳しくは弘楽園まで。参加する訳ではありませんが

知り合いが出るので、、、応援にも行きたいのですが、さてどうしますかthink

S10さんの田植えが済んでいないので、手伝いに行こうかと思ったのですが

本人が明日は不在との事、勝手に行って○○参上と田んぼに書いて代掻きを

手伝ったことにしても良いのですが。happy02 happy01 代掻きて漢字は合ってる? シロカキをした事が無いのでPCの変換に任せたので。

ま~明日の朝の天気次第で行動を決めましょう。

(追)

本日、ライダーK君にまたまた中国のオミヤを頂きました。

今回は食料品ではなく、部屋に飾る物です。金のドラゴンの飾りです。

7月のミニバイクレースのお守りにと記念写真を撮っておきました。

画像は、後日upします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

V100 リング交換

またまたV100整備中です。

前回オークションで購入したエンジンを組み上げましたが、少々リング音らしき異音が聞こえてきました。 早速分解です。Dscf0001

ヘッドを外し、シリンダを抜いたところです。

カーボンの付着は少なく簡単に綺麗に出来そうです。

問題のピストンとシリンダのチェックです。

Dscf0002 先ずはシリンダですが、IN側に1本キズが

これが結構深い、ホーニングでカバー出来るかどうか?

全体には磨耗が激しい状態のシリンダです。shock

O/Sピストンでボーリングが良いのですが、お金が掛けれないので、自分で磨きこみをして、キズ部分をフォローです。

Dscf0003 おまけに、古い物なのでガスケットが張り付いて取れません。

ここで、またまたラストリムーバーの登場です。

見る見るG/Kを浮かしていきます。

次は問題のピシトン部分にかかります。

Dscf0004 Dscf0005

なんとピストンにも傷が

これも結構深い 磨いても?な位の状態

ここで、ピストンを綺麗にして疑問が、純正と形状が違うような???

Dscf0006

左が今回取り外したピストンで、右がノーマルのスズキのピストンです。 ヘッド面のつくりがまったく別の物です。

純正はフラットに近いのに、社外品は少し山盛りになっています。 この分だけ圧縮が上がりますね。それと排気側のトップ面が少し削り込んでありポートタイミングを早めてある様です。 &ピストンピンは肉抜きの軽量タイプが付いていました。 そんな事よりキズとシリンダの磨耗が気がかりですね。

ピストンに新品のリングを組んで、2サイクル用のスーパーゾイルを塗り組み立てです。

後は、エンジンに火を入れてから考えましょう。

ここで、V100のマフラーの取り外しについて、アドレス系はエアクリを交わし取り付けボルトを外していきます。これだけでも他社種に比べ、めんどくさいですね。そしてシリンダ側のボルト外しこれが片方は比較的簡単なのですが、もう一方が見えにくい所に止めてあります。 そこで、、、Dscf0008

マフラーを外す前にこのシリンダカバーを外しておきます。

+ドライバーで、スクリュウを5本外すだけです。

この手間をしておくと、

Dscf0007 画像の様にシリンダのミギの取り付け部が見えます。

(画像は判りにくいかも、実際あければ判りますよ)

これでマフラーの取り付けボルトを確認しながらの作業が出来ます。 機会があればお試しください。

それにしても、時間の掛かる造りをしている。 ま~皆頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンク修理?

モンキーのパンク修理の続編です。

結果は修理はNGで、チューブの交換としました。 穴の微妙な間隔を塞げるパッチが無かっただけなのですが。weep

ま~修理よりは確実にエアー漏れはしないですからOKと言う事でhappy01

組み立ての画像はありませんが、バラシた時の逆で組めば完成です。

最後にチェーンの張り具合は確認して、各部のナットを締めましょう。

Dscf0105 Dscf0106

このモンキーブレーキペダルとサイドスタンドが足の形にカスタムされています。

その他色々イジッテありますがまたの機会にupします。

チューブレスのパンク修理よりも、カブ系のチューブのパンク修理よりも手間と時間のかかるあわせホイールは大変だ~ をご理解い頂けたら幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お猿のパンク

本日はモンキーのパンク修理です。(アワセのチューブタイプ)

Dscf0093

先ずはリヤタイヤを外します。

モンキーは軽いので簡単に作業が進みます。

大型はメンテナンススタンドが要ったりで大変ですが、

リヤブレーキペダルの下にタルキをかましただけOKです。

アクスルシャフトも錆びは少なく簡単に抜けました。Dscf0094

ここからの作業が他車と大きく違います。(アワセホイールの為) 

 タイヤの空気を抜き リヤのスプロッケットを外します。

ナットを3本取り外すだけですが、スプロケがリヤハブとかなり確り付いていて裏から叩かないと取れません。 今回も叩きました。

Dscf0095Dscf0096 次にリヤハブ(ドラムブレーキの部分)を取り外します。

ここは4本のナットです。一つだけ外しにくい所がありますので、メガネレンチでなくソッケットが使いやすいですよ。

ここから、いよいよホイールのバラシに入ります。Dscf0097

ホイールがアワセと言うのはリムが二分割タイプ(右と左に分かれる)のことで、左右のホイールを止めているボルトを外さなくてはいけません。

今回は12と14のメガネレンチでトライ致しましたが、(画像は違いますね)ナットのアタマをナメソウナ位確り締まっていました。coldsweats01 なので奥の手で外しました。happy02

Dscf0098 Dscf0099

片側のリムをタイヤレバー等でコツコツと地味に外していきます。 中が錆びていると中々ビート部分(ミミ)が落ちて行かず汗だくになりますよ。coldsweats02

ここまで出来たら後は簡単?

タイヤの中にあるチューブを引き出します。Dscf0100 Dscf0101

でましたチューブ

このチューブに空気を入れて、パンク箇所のチェック(取調べだ~)

穴が開いていないかの如くふくらみました。

Dscf0102 Dscf0104

水を入れたバケツにつけ穴が開いているかを調べます。

みごとに開いていました。 ここから穴を開けた犯人を探します。 穴の大きさやキズの入り方で大体は想像が出来ますが、タイヤの裏を手探りです。 見つけましたshineこんな物でと言うような犯人でした。Dscf0103

左の画像の針金の様な金属が犯人です。

長さは3mm位で髪の毛ぐらいの太さです。

しかし、こいつが刺さった為、2箇所の穴を開けてしまった。

通常の間隔の開き方でなく、実に微妙な距離を保っている。

この続きは後日upします。 

とりあえず本日は閉店します。 

(追)

H子さんがTRを磨いた、綺麗になったのでツーリングは何時行くのかと。

雨が降らない日を期待して未だ予定たたずですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タンクのエンブレム

DS250のタンクを交換です。Dscf0087 Dscf0088

アメリカンタイプはタンクオンメーターが多交換時には手間がかかります。

しかし本当に難しいのはエンブレムの貼り付けです。 一昔いや二昔前のエンブレムはビス止めが殆んどで位置決めをしなくても出来ていた。が最近はステッカー(シール)か立体エンブレムも両面テープで貼り付けるタイプ。大体左右が揃わないマーキングテープで貼る位置を決めて行なえば先ず先ずの出来になるのでしょうが、感覚で貼っていくタイプの私は中々左右は合ってこない。 ま~左右同時には見る事は難しいし、、、今回のズレはほんの少しでした。A君ご勘弁を。

その他はバッチリ仕上げてありますから。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸海屋に姉妹店

新年会等でお世話になっています、丸海屋に姉妹店がオープンDscf0089 Dscf0091

鉄鍋の店らしいよ。

パルコから徒歩10秒

の場所にあるお店

丸海屋のVIPカードを送ってもらってます。

イベントの予定があれば、ご活用ください。

Dscf0092

| | コメント (0) | トラックバック (0)

N君とN君の昔の相棒

N,N君二人の若かりし頃の相棒です。

この頃から比べると大人のバイク乗りになりましたね。

二人とも、娘のいる親父になっていますから。Dscf0086

TZR125

NS-1

懐かしいでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

良く集まったな~

10年ちょっと前のツーリング風景です。

バイク4メーカー合同企画の集まりです。Dscf0085 Dscf0084

300台以上のバイクが集まったと思います。

何がなんだか良く判らないツーリングだった思いがあります。

このときは、ブロス650P-1で参加していました。 これだけ集まっても1台しかいなかったバイクでした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストマジ 2008 5耐仕様

ピグスープの2008 5時間耐久ミニバイクレースinTSタカタサーキット

7/13(日)開催用ストマジレース車完成致しました。

とは言っても2007年バージョンと殆んど変更は無しです。Dscf0078

ゼッケンは去年のもので、今年は未だ

エントリーが済んでいない様子

大丈夫か~。

M君のみ申し込み有りでその他のライダー希望の方

お早めに。Dscf0079_2

エンジンはAD110ノーマルのまま

ピストンリングのみ新品交換

各ポートの磨きとカーボン落としは完了

キャブも耐久レースなので、燃費も考えノーマル

Dscf0080_2 ファンネルは2008バージョン

リヤサスの延長を2008バージョン これが良い方に出れば走りやすいはず?

チャンバーは今のところリアライズ UPタイプも検討中

タイヤはIRCのままでOKなのでしょうか? 乗る人の意見で変更は有りですよ。

Dscf0081 昨年のタマダの最終戦で使用した

インテークチャンバーは取り付けたまま

いきます。

Dscf0082 タコメーター等はいつもどうり付いていますので、回転数のチェックはよろしくお願い致します。

少しケツ上げ状態の姿勢で仕上がっていますのでそれなりのライテクで楽しんでください。 by Odairi

| | コメント (1) | トラックバック (0)

BBQでビーノが、、、

昨日B,SウエストのBBQ大会に参加致しました。

トコトコクラブからは、しほ姉、ライダーK君、S君(Z乗り)、プレーリーのO奥さん

と私Odairiの5名 ウエスト組は大学生を中心に30数名で合計で40人位の大BBQ大会となりました。 5時スタートとのことでbeerbarなどを買い込んで、K君のチェイサー(旧車)で4時ごろに会場INしました。 先ずは会場作りの手伝いです、持込のテントを組み立てたのですが、これが時間が掛かった。  組み立て図が無いのは大変でした。スタートまでにバテバテです。Dscf0061 Dscf0062

立派に接地完了です。

外はバイクでイッパイで、車もやって来て

も~たいへん。

Dscf0063 Dscf0064

大型のブルーシートの登場です。

30人は楽に座れる大きさでした。

もう、たべていますね。

Dscf0065 Dscf0066 Dscf0067

次々と人が増えてきています。

もう~ 知らない若者たちでイッパイです。

Dscf0068 Dscf0069 Dscf0070

トコトコのメンバーもいますよ。

ここからが、本日のメインイベント

ビンゴ大会の始まりです。 会場にビーノ(中古車)登場まさかと思いきや、一等の景品とのことimpact 二等CDコンポと奮発です。 その他も景品があり さ~ビンゴDscf0071 Dscf0072

で デマシタ一等のビンゴが、当たった本人もビックリ。up

その他大勢ガックリdown

大盛り上がりでビンゴ大会無事終了。

ちなみに、私Odairiは、なんと2等をゲットCDコンポを貰いました。 が、、、

ビンゴ終わりにコンポを提供で全員参加のジャンケン大会に コンポは若者に行っちゃいました、めでたしめでたし。Dscf0075

最後に皆で記念写真

参加の皆様、お疲れでした。ウエストの関係者の方々のおかげで楽しいひと時を過ごせました。

また開催の時には、当方もメンバーを揃えて伺いますのでヨロシクsign01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

昨日は○○今日はBBQ

昨日は○○記念日にあたり、コメントをいただいた皆様ありがとうございます。

また、簡単な食事会では御座いましたが、ご参加いただいた24君とサク君有難う御座います。 O家族を代表致しまして、御礼申し上げます。

ま~ 硬いコメントはこのへんで、beerbeerbarbarと結構のんだ後、歩くのを拒みタクシーで帰ると言う24君をつれてfishタミから帰りました。 もちろん、24君(SRX乗り)も一緒に歩きです。

最後まで歩きで帰ったのでしょか? もしかすると、サク君(グース乗り)の家から車を出させたのでは、、、

さて本日はB、SウェストのBBQ大会に参加です。 今回は主催ではないので、気楽に参加と思っていますが、さてどうなりますか。

BBQの模様は後日up致します。 酒類は自分達で持ち込みの為、今から買出しです。confident

| | コメント (0)

本日は○○○○日

本日は21回目の○○記念日 happy01

仕事を早めに切り上げて、fishタミでbeer bottle bar wine

8時半位からスタート予定です。

参加フリーです。

BDH トコトコツーリングクラブ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

BOXも大型

今回は大型リヤBOXの取り付けです。

車両はCB1300SF  オーナー Fさん

Dscf0054 先ずは、リヤキャリアの取り付けです。

ラフ&ロードのアルミ製です。

流石に専用タイプなのでキッチリつきます。

オークションにて購入 奇麗な物が届きました。

そのキャリアの上にBOXを取り付ける為のベース金具を取り付けたところです。

Dscf0055 後ろから見たらDscf0056 こんな感じで付いています。

リヤBOXを取り付けて全体の位置を確認です。

位置が決れば本締めです。

今回のリヤBOXはナンカイ部品が取り扱っているシャードテールボックスSH44タイプを使用しています。

このBOXの売りがフルフェイスヘルメット2個収納可能とのこと、早速入れてみました。

Dscf0058 2個のヘルメットを入れた図です。

きれいに入っていますね。

次がBOXの蓋を閉めた図です。

Dscf0059 キッチリと締まりました。

少々驚きましたが、キャッチコピーに嘘は無しと言う事で、無事取り付け完了となりました。

BOXは大きめなので車体と全体のバランスがどうかと気になっていましたが、これが思った以上に良いまとまりで安心しました。

これで、ライダー、バイク、BOXとすべて大型?に成りました。現車はまたツーリングでお目にかかれるでしょう。Dscf0060

F君rainの中お疲れ様でした。

これからは、レインスーツもBOXに収まり、快適に走れますね。

またツーリングで会いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アドレスV100と110

アドレスV100と110の○○○のところDscf0039 Dscf0040

以前ストマジ調整中でバラシテいました、シリンダヘッドとピストンです。

真っ黒になるまで付いていたカーボンを取り除いた図です。 先ず先ずの出来です。

鏡面までは仕上げていません。

ここからが100と110のパーツの情報です。Dscf0041

画像の左が110で右がV100です。どちらも50ccとは違って鉄のスリーブにアルミのシリンダです。冷却効果は⑳ですねえ。

しかし、明らかに110のシリンダの冷却フィンが大きいです

中のポートの形状はほぼ同じ様に見えます。

Dscf0042 Dscf0043

しかし、高さが違います

左が110用です。

ヘッドガスケットとシリンダガスケットは両車とも同じ物を使用します。100leftright110どちらもOK

Dscf0044 次はピストンですが、左110の右100です。

ピストンピンの大きさが全然違いますので流用は無理ですね。110の方が径が大きくて、軽量化の為か、肉抜きもしてありました。 10ccの差でも作りは違う物です。

100のピストンは例の抱きつき野郎です。

Dscf0045_2 Dscf0046

続きまして、シリンダヘッドです。

左の110用が凸タイプで右の100用が半円タイプになっています。 ここまで形状が違うとは、火炎伝播速度が違う?ような。

10ccの差があるので燃焼室容積がちがうのは当たり前ですが、カタチが。そこで大体の容積の違いを計ってみました。

Dscf0047

プラグを取り付けフラットになる様セットします。

まずはV100の方に

Dscf0048 2サイクルオイルをヘッドに入れていきます。

こぼさないように上面までイッパイにします。

Dscf0049 次に110のヘッドを同じ様にセットして、100のヘッドに入っているオイルを100に入れていきます。

この方法で大まかな容積の違いを確認しました。 110のヘッドが100に比べてスキッシュエリア分より少し大きい位の容積UPをしている。  これは、単純に考えると100用を110に使えば圧縮比が上がると言う事です。

因みに、110のヘッドですと、指定のHS系のプラグで無くES系のプラグを入れてもピストンが当たりません。 ヘッドの面からプラグが何ミリか突き出るのでそれだけでも圧縮が上がりそうな感じです。火炎伝播的には問題があるかもですが。色々なパターンの仕様が試せそうではありますね。

(追)

M君シールド入荷しました。

サービス画像

ライブDIOのノーマルとボアUPシリンダの違いDscf0050 Dscf0051 Dscf0052

画像の左がデイトナのボアUPで右がホンダのノーマルシリンダです。

50cc用がここまで大きくなっています。 無理させると壊れやすくなりますね~。beer

| | コメント (0) | トラックバック (0)

究極のカスタム車両

極めつけはこのバイク?Dscf0064

バイクのカテゴリーかはさて置き

楽しく、時に怖い思いもしながら走る事の出来た、良き相棒でした。 

GB250クラブマン+ヴェロレックスサイドカー

2006年から2年間凄く楽しませてもらいました。 購入当時はいきなりのハンドルぶれ、どうなる事かと思いながらのライディングでした。軽2輪の枠で仕上げてあるので左コーナーはカーが浮く浮く。 乗った人でないと判らない感覚ですが、これをいかに抑えるかが当面の課題でした。 大型のサイドカーは経験があったのですが250ccクラスがこれほど難しいとはcoldsweats01 しかし乗っていくうちに慣れてくるんですね~。

二回目のツーリングで四国の石槌山にトライ、これで鍛えられました。それからは右左楽しめる様になり、色々の人を横に乗せて走っていました。

次の乗るのなら、750ccクラスのバイクにサイドカー付きが良いですね。

W650にワトソニアンのカーとかが理想ですが、カタナにサイドカーが乗ってみたい1台です。 サイドカー最高sign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お猿もカスタム

モンキーもイジッテました。Dscf0078

ベースはかなりくたびれた状態でSRX乗りのN君から買いました。(SRXに乗らないのでバイクがcryingいます。)

でも、娘にいつもサッカーグッズを買ってくれるやさしいトコロもあるBIGなお兄さんです。

何回ものパーツ交換の後このカタチで落ち着きました。

細かい事は書きませんが、オークション等を利用してかなり安く仕上げてあります。

今は無き車両ですが、また機会があればモンキーはカスタムをしたい原付の壱つですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カスタムバイク

こんな感じのカスタムバイクも製作してました。Dscf0152 Dscf0153

カワサキ ゼファー750RSをベースのZⅡ火の玉バージョンです。

ドレミコレクションのパーツを使用してかなり拘って仕上げています。

元気に走っているかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

V100 クラッチ

さて 問題のクラッチです。Dscf0031 Dscf0032

おおまかに言えば、画像の左の様に凸凹のタイプとフラットタイプ(錆びている方)に分かれます。 本当はもっとあるのですが。

そしてプーリーも形状が違います。

右の画像でセンターにあるベアリングの大きさの違いが判るとおもいます。

今回購入したエンジンと手持ちの部品取りでは、残念なことに違うタイプでした。

また余計な時間がかかってしまう。 とは言いつつパーツは持っているんですね~。

V100は何台もバラシましたので、部品取りをしていました。これで駆動系は組み込みが出来ました。Dscf0033

Dscf0034_2 こんな感じで組み込み完了です。

あ~腰が痛い 目がつかれた 

もっと簡単に載せ替えの出来るエンジンが良いですね~。

まだリングの交換があるし、完成はマダマダ先になりますね。走行できたら完成報告を書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pigsoup TSタカタミニバイク耐久

2008 Pigsoup TSタカタ ミニバイク耐久レース

第2戦 5時間耐久が7月13日(日)に開催されます。

エントリーの受付は6/13~6/30までです。

ライダー希望の方は早めの申し込みを 1チーム4名までOKです。

我がチームのストマジ110も参加に向けて調整中です。

参加希望のライダーの方をお待ちしています。

BDH トコトコツーリングクラブ

追)

6/22(日)のB.S WESTのBBQの参加を追加募集中です。

参加してみようと思う方はご連絡、早めにお願い致します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

組み立てその②(アドレスV100)

V100エンジン組み立ての続きDscf0017 Dscf0018

こんな感じで取れます。

奥にステーターコイルが見えていますね。

次にそのコイルを取り外します。

Dscf0019 黒く見えるのが、チャージコイルでその他がライティング用の

コイルです。

次にセルモーターの取り外しです。

Dscf0020 Dscf0021

50ccのモーターよりはかなり

大きいです。

つぎはイヨイヨ今回使用するエンジンの登場です。先ずは、コイルを組み込みます。

Dscf0022 Dscf0023

ステーターコイルとセルモーターを

組み込んだところです。

次にエンジンを車体から取り外す工程に入ります。

Dscf0024 Dscf0026

キャブレターとオイルポンプのケーブルを取り外します。 アドレス系の場合この作業が結構めんどくさいですね。

エンジンを取り外した画像です。 V100はタンデム用のステップを利用して、車体を支えられるのでとても便利です。 ここからキャブとオイルポンプの移植に掛かります。

Dscf0025 Dscf0027

その前に、インマニ用の穴からクランクにスーパーゾイルを注入です。

アンド 今回使用のガスケット類です。

Dscf0028 今回はキャブとポンプをまとめて交換しました。当然ポンプギヤもチェックしました。

エンジン単体なので、作業は簡単に進みます。

この後パーツを組み込んだエンジンを車体に載せます。

Dscf0029 Dscf0030

エンジンを載せマフラーを組んで燃料(混合)を送ってイヨイヨ始動です。 駆動系は組まずにエンジンをかけ異音チェックします。

これでクランクベアリングとピストン関係の音のみ聞けます。

エンジンはかかり白煙を上げています。 ゾイル&混合が燃えているのでしょう。

アイドリング状態は正常な感じで廻っていますが、少し回転を上げるとリング音がしてきました。 やっぱりケチらず変えておけばよかった。shockcrying

次回 駆動系の組み込みをup致します。 年式で違いがあるのですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンジン組み立てbyV100

部品取りエンジンからのパーツ移植です。Dscf0006 Dscf0008

この車体に載っているエンジンから

パーツを移植します。

Dscf0009 Dscf0010

泥除けを外し、エアークリーナー

BOXを外したところです。

マフラーが錆びていますね~

Dscf0011 Dscf0012

錆びたマフラーを外し、ファン側のカバーを外し、ファンを外したところです。

既に部品取りをしているので、シリンダとピストンが付いていません。

Dscf0014 ここまでバラシて行くのに使う工具です。

ショックドライバー ハンマーで叩いてボルト等を廻します。

緩めたり締めたりとどちらにも使える便利グッズです。

1本持ってると重宝しますよ。

Dscf0013_2 Dscf0015

電気廻りの配線を抜きます。

次はフライホイールを外します。

先ずはセンターのナットを外します。

ここも特殊工具があると簡単に外せます。Dscf0016

またまた次の特工です。

フライホイールマグネットを取り外す工具です。

これが無いと簡単には取り外せません。

本日はここまで  次は明日upします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父の日に

娘から貰ったプレゼントDscf0036

WEGO??

ありが10匹 3が九つ

携帯には付けれないが色々コレクションが増えてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日からV100を

オークションで購入したV100のエンジンが届きました。Dscf0032

思ったより奇麗な状態ではなく手のいれがいのある

エンジンです。

クランクはスムーズに廻っていたので安心です

EXポートからピストンを覗くとかなりの焼けが入っている

リングセットは変えたいが予算の関係もあるので悩むところです。

そこでflairもう1台エンジン付き、いや車体付き?のV100を買っちゃいました。

今週中には届く予定です。(どれだけV100マニアなのでしょう)

ある意味,,,ですね。 変態や変体ではありません。

明日から組み立てをupしていきます。

本日はここまで、カンパーイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FZ出動せず。

本日、相棒のFZは出番無しです。

来週に持ち越しの予定です。ミニバイクレースもrainの中ウエットレースだったのでしょうか?

田植えも行かず、女子ゴルフをテレビ観戦していました。(ビール付きで)

今日は父の日 娘にありがとうと仕事をがんばれとのコメントのポストカードをもらい

親父としてマダマダ(力bottle)を入れていかなければと思うこのごろです。punch

梅雨入りもしていますので、雨も降る日が多くなりますが、ライダーの皆様レインスーツを

身にまといrainrunhappy01fullで行きましょう。 マンホールと白線に注意sign03

ライダーK君お帰りなさい。 ブラックI君ツーは次週で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストマジ 調整中

ストマジ110のレース車O/Hです。Dscf0021 Dscf0022

久々にクラッチカバーを外しました。

レース用の駆動系です。

まだまだ使えますので、ここは手付かずでいけそうです。

Dscf0023 Dscf0024

シリンダカウリングの取り外しです。

リヤの車高を上げているので、リヤショックを取り外したりと時間が掛かってしまった。(今度組むときは付けないかも)

Dscf0025 Dscf0026

カウリングを外すとこんな感じでシリンダが見えます。

空冷エンジンは何時見ても芸術的で良いですね~。

Dscf0027 Dscf0028

チャンバー(リアライズ)を外し、ヘッドを外します。

ヘッドナットが思ったより簡単に緩んで少々ビックリimpact 

Dscf0029 シリンダヘッドを外したところです。

ピストンもヘッドもカーボンがビッシリついています。

ま~中古エンジン買ってノーメンテでレースで使っていましたので仕方ないかも。

Dscf0030 Dscf0031

シリンダを抜いてチェックです。

中はOK EXのカーボン落とし位でまだまだいけそうです。

ピストンはヘッド面のカーボンを落としリングの交換ですね。

次回で奇麗になったパーツをお見せいたします。 7月のレースに間に合うよう仕上げますよ。 ライダー希望の方は早めのエントリーを宜しく。

明日はTSタカタサーキットで走行会とミニバイク2時間耐久レースに行く予定にしていましたが...

FZが出動するかもdashdash  S10さんの田植えの手伝いをしにいくかも?

トラクターの運転もするかも の場合は昼から出発 S10さんは3時ごろまではカヌーの審判を土師ダムでやってるらしいので予定が立て難い。

明日 集合できる人は携帯に連絡下さい。 この時間にブログみてるかな。danger

書き足しのコメントなので見つからないかも 以上Odairi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーの○○○交換

しほ姉の○○○ことライトレンズの交換です。

レイブリックのマルチリフレクターのブルータイプです。

明るさ100倍?です。Dscf0020

ホンダとカワサキに使えます。

CB750もボルトオンでした。

バルブはホワイトゴーストに入れ替え、レンズもバルブも青青です。

Dscf0033 Dscf0034 Dscf0035

見た目で判るぐらい青でしょ~ 光るともっとブルーに見えます。

マルチリフレクターは明るさUPしますね~。happy01 smile

| | コメント (1) | トラックバック (0)

しほ姉の○○○

おまたせ  ブルーの○○○がやって来た。 が

取り付けの出来る車種にCB750が書いてない。coldsweats01sweat02

NGならCB400のパーツの流用か? 

現物あわせと逝きましょう。間違い生きましょう。

いや行きましょう。 Iseiどれが正しい使い方でしょうか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

七夕コンサート2008

Dscf0019 7/6(日)にNTT西日本吹奏楽クラブのコンサートです。

入場は無料です。 興味のある方はぜひ会場へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色々やってます。

JAZZのチェックをやってます。 Dscf0009

Dscf0008_2 色々な音が出るので、結構ばらしました。

マフラーの取り付け不良が原因だった様で、中古はたいへんだ~。

Dscf0010 Dscf0011

リヤのホイールを外します。タイヤ交換の為なのですが、アクスルシャフトが簡単に抜けませんcoldsweats01 プラハンで叩いてやっとです。 錆びていますね~早速サンドペーパーで磨きました。

Dscf0012 Dscf0013

エアーエレメントも交換です。

プラグとプラグキャップも交換しました。

アンド エンジンオイルはプロステで交換。Dscf0015

 リヤホイールを磨いて、タイヤとチューブも交換です。

先ず先ずの仕上がりになってきましたが、ここで大問題を発見  ここの修理は簡単ではないので、明日本格的に取り掛かります。 走行に忽ち支障は無いのですが、先でトラブルの無いよう対策を施します。

M君もう少しで渡せるよ~。 

この前V100に塗ったバリアスコートは雨を弾いて水玉を作っていました。 JAZZも塗ってあげました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

V100エンジン購入

new本日やっとV100のエンジンがオークションで落札出来ました。

ご覧あれ。Greddy1900img600x450120547480804955 Greddy1900img600x450120547563604956 Greddy1900img600x450120547565804957

本当にエンジンのみです。

届いてから、別の部品取りエンジンから必要パーツを(移植)組んでいきます。  流石にこの状態での出品は他の人の入札がなく1入札で落札できました。 実動エンジンは結構な値段になるので、安く購入する方法のひとつですよ。

組み立て状況は後日UP予定です。 各種ガスケットを用意しなくては。

本日 しほ姉CB750オイル交換と○○○のご注文ありがとう御座います。

○○○を交換して、newCBをアピールしましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

本日 仲間入り

本日やってきた新入りです。Dscf0007

ホンダのJAZZ これから各部のチェックをしてM君のもとへ

まだノーマルのミニアメリカンですが、どんなカスタムをして行くのでしょうか?  楽しみです。

M君 IⅢの同級生 先輩の皆様宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マーメイド仕様?byH子

TR乗りのH子さんの通勤仕様です。Dscf0008 Dscf0009

レッツ4パレット

(マーメイド仕様)です。??

TRと同じくドリンクホルダー付きスクーターです。 原付なので、S制限を良く守り安全運転で頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンキーも相棒

SR500乗りのMT君の相棒です。Dscf0006 Dscf0007

モンキーのカスタムです。

エンジン、キャブ、マフラー等々のカスタムが施されています。

モンキーはカスタムするのが楽しい原付です。 排気量UPに伴い、イエローNOの小猿で2種ツーのOKバイクです。 持ってた方がいいと思うよ。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

つや無プレーリー

とうとうプレーリーJOYもバリアスコートでコーティングです。Dscf0010

何時見てもつやがありません。

雨の日に水を弾いているところを見たことがありません。

アルミホイールもブレーキダストで汚れっぱなし状態です。

まずは、軽く洗車です。Dscf0011

この様な状態をDscf0012

洗車後です。Dscf0013 Dscf0015

コーティングしました。

今は奇麗ですが、いつまで持つのやら?

ついでに、ボディーも全体をコーティング致しました。rainが降れば効果が判るでしょう。Dscf0014

色がグレーなので、元々汚れも判りにくいのですが、光っているように見えますよね。

5月のツーリングで中に入れていたバッテリーが倒れて、液がこぼれフロアマットがボロボロに、shock crying 感想を絵文字で表現しています。

さて、JOYも磨いたし今日は修道大でオープンキャンパス&文科系サークルのイベントです。 出発dashdashDscf0016

初めての修道潜入です。 

何処に何があるのか、さっぱり判りません。

取り合えず校舎の方へ オープンキャンパスなので、高校生も沢山来ている。 少々場違いな所に来た感じがしました。 途中でイベント会場の場所を聞き、グランドの方へ行ってみる。Dscf0021

途中の池Dscf0017

着きました、会場はグラウンドの半分位を使ってブルーシートで囲んだ状態のコジンマリとした物。 中は浴衣の学生が あんな物やこんな物を売っている。 ステージもありにぎやかでした。 Dscf0019

ここで、IⅢとAYUチャンと記念写真を撮り早々に退散致しました。 彼女たちはPVを撮りませんかと誘われていましたが、どうしたのでしょか?

Dscf0022 修道の広さを地図で確認

Dscf0023

修道大学とプレーリーJOY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうかさん

本日はとうかさんの2日目、S10さんが繰り出します。

rainは降りそうもないので楽しめますね。

飲みすぎないよう 頑張って下さい。

セカンドバッグが牡蠣イカダにshock

明日は天候が? 予定がたて難い

話は変わってH子さんが、24才に見えるとの話があり本人オオヨロコビ。

果たして実際は????

| | コメント (1) | トラックバック (0)

V100 走ってみたら

前回クラッチスプリング(センターSP)をレートの高い物に取り替えてみました。なぜかと言うとスタートがイマイチ決らない。 そこでリヤのプーリーの動き出しを遅らせる為の壱つの方法としての試みでありました。

テスト走行の結果はNGでした。 エンジンの回転の上昇と車速がマッチしない。WRが軽すぎる感があります。 本来ならWRの調整をするのですが、これが時間が掛かる。 スプリングをノーマルに戻し、再度考える 手持ちのパーツは数少ない  クラッチを取り替える現在はV100のノーマルを軽量加工してSPをキタコの強化タイプとなっている。 しかしよく見るとスプリングは完全に伸びている。 ここで登場するのが、110のクラッチプラス10%UPのスプリング仕様(ストマジのレース車の予備) 早速取り替え走行テスト、クラッチミートの回転数が上になったが大して変わらない。 遅い訳では無いのですが、早くも無い

そこで、原点に戻り100のドノーマルクラッチをテスト なんと本日1番の出来。 何じゃそれて感じです。 ベリアルのグランドスラムのチャンバーの場合は駆動系がノーマルでもカスタムでもWRの重さは同じでOKに出来ている。 カタログどうりの結果に少々驚きを感じます。 リベンジツーリングに向け調整は進むの巻きでした。

 軽いV100よりdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D.J宝くじ

本日、ドリームジャンボ宝くじの発売最終日

宝くじメンバーの皆様、買ってきましたよ。Dscf0007

前回の当たり分も含めて100枚以上あります。

抽選日までに欲しい物を考えましょう。

(恵まれない子にもheart01の手を)

本日も売り場は先ず先ずの人で賑わっていたみたい。残り物に福がありますように。

その他の呟き

H子さん ホイールを磨くコンパウンドが入荷しています。

ブラックI君 バリアスコート本日入荷致しました。

BDH トコトコ ツーリングクラブ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

グースをアーシング

グースのオーナーのN君のご要望により

Dscf0023 Dscf0024

アーシングキットの登場です。

元が4輪用なので細い方のアーシングケーブルを使用します。

Dscf0025_2 Dscf0026

シートを取り外し、右のサイドカウルをはずします。

ケーブルの通す位置をおおまかに決めて切断します。

Dscf0027 Dscf0028

ケーブルと丸型端子です。

ケーブルシース(青色の被膜)を10mm位切り取ります。

Dscf0029 Dscf0030

丸型端子を圧着します。

専用工具ではないのでこの後ハンダ付けです。

Dscf0031 Dscf0032

先ずは、フラックスをつけ、ハンダを溶かして流し込みます。

これで確りとつきました。

Dscf0038 Dscf0039

次に熱収縮チューブを被せます。

ドライヤー等で熱をあてると収縮してピタッとつきます。

Dscf0040

こんな感じで完成です。

ケーブルを車体に通します。

Dscf0033 Dscf0035

今回は1本のみの製作なので、IGコイルのアースに共締めとしました。

Dscf0036 Dscf0037

アーシングケーブルを少し外からも見える様に通して、バッテリーのマイナス端子に繋いで完成です。

これで少しは電気の流れがスムーズになるかも? 乞うご期待happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BBQのご案内

6/22(日) B.SウエストにてBBQを開催です。

たくさんのバイク乗りが集まるイベントにしたいそうで、我がトコトコクラブにもお誘いがきています。

会費は3000円 開始時間は5時で雨天決行との事です。rainの場合はピット内で行なうそうです。 参加希望の皆様は14日の土曜日までにご連絡ください。

BDH トコトコ ツーリングクラブ

8日はsign02 15日はTSタカタミニバイクレース観戦予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

V100 クラッチカバー光らす

本日はV100のクラッチカバーの磨きについてDscf0008

エンジンよりカバーを取り外します。

キックシャフトを外し古新聞の上にセット

Dscf0009 ここで登場するのが、ワコーズの

ラストリムーバー  かなりの強力タイプです。

色々溶かします。

では、よく缶を振りましょう。

Dscf0011 Dscf0012

こんな感じで確り塗装面に吹きかけます。

においは結構きついので室内はNGです。

野外で行ないましょう。

5~10分待ちますとDscf0013

こんな感じに黒い塗料が浮いてきます。

気持良い位?気色悪い位の状態です。

でも、短い時間で効率は良いです。

Dscf0014 浮いた塗装をスクレイパー(ヘラ)等で取り除きます。

簡単に取れますよ。

下地のアルミが見えてきています。

最後はナイロンブラシでゴシゴシでほぼOKです。

Dscf0015 おおまかにに落ちたところの図です。

まだ少し黒い所がありますので、ピンポイントで同じ処理を行ないます。

Dscf0016 どうです、かなり奇麗におちたでしょう。

ま~ 自己満足な部分もありますが。

ここからは、耐水ペーパーで磨いていきます。

これが疲れる作業ですね。coldsweats01

Dscf0017 Dscf0018

段々光り出してきます。happy01

600番で始めて800、1000番で油研ぎを致します。 これが大事です。 もう手は真っ黒です。

仕上がりは、まだまだ先ですが本日はここまでとします。

S君 セピア用に続きはやってみますか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

S姉 CBのクラッチが

CB750のクラッチレバーの取り付けボルトが走行中に落ちた?

アリエナイsign01 バイクの神様の悪戯でしょうか 取りあえず用意したのがこれDscf0021

左側のワンタッチで取り付け出来るタイプ。

(右は今回仕入れた純正品)

レースで使用していた物で、耐久等のレースで折れたレバーを取り替えるときにナットを外さないでピンを抜くだけのスピーディ仕様です。

本日、純正品に取替え完成です。Dscf0022

ボルトを締めてナットを締める二重にロックです。

通常はナットがとれてもボルトが外れるまでに気が付くはず。不思議だ これからも色々と伝説を作っていくしほ姉に期待。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

S君 セピア改を改

S君のセピア改 ついにフロントブレーキのカスタム完了です。

Dscf0006 メッシュホースにDの赤パッド

ブレーキングのディスク

ブルーにペイントされたキャリパーと見た目にも拘った仕上げとなっています。

効きもUPしたとの事です。

Dscf0007 こちらの画像がスズキのノーマルのフロントブレーキ廻りです。

軽量化の為にも、ブレーキディスクは交換したいパーツの壱つですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

千葉のV100

千葉県に行ったI君のV100が壊れたと連絡があり、本日パーツを送ってあげました。

その壊し方がハンパでなく、プーリーとランププレート、W/Rとここまでは普通なのですが、リヤホイールとシャフトも交換しないといけない程(スプライン)が削れてツルツルになったそうです。 過去いろんな症状を経験しましたが、V100のこのトラブルは初めてです。センターのロックナットは確り締まっていたそうですから益々不思議な話です。

ま~I君の乗り物なので、何があっても可笑しくはありませんが。rain男頑張れ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ゲルマニウムブレスレット

今日貰ったブレスです。Dscf0031 Dscf0032

自然治癒力を高めるそうです。 使ってみましょうか

| | コメント (0) | トラックバック (1)

V100 駆動系のチェック

本日はV100の駆動系のチェックを行ないましたDscf0017 Dscf0018

ケースの取り付けボルトを六角穴のキャップスクリューにしているのでスピーディに作業が出来ます。

先ずはクラッチ側の点検です。Dscf0019  Dscf0020

クラッチシューのライニング部分のアタリをチェックです。 約1/4がアタリ不良でした。

パワーを確実に伝え切れていない証拠です。

ドライブフェイス(プーリー)側のチェックです。Dscf0021 Dscf0022

プーリー側はまだまだ使用OKでした。

スペーサーの隣にあるのが0.3mmのワッシャーです。 この0.3mmが走りに違いを生むのです。

ちなみにW/Rは合計で40g ベルトはキタコの強化タイプです。ランププレートはアドレス110の初期型を使ってます。ハイスピードプーリーはキタコのタイプ3(個人的にはタイプ2が良いのですが、耐久性に少々問題が)Dscf0024 Dscf0025

左がタイプ2で右が3です。 画像では判りにくいかもしれませんが、2のほうがトップスピードを上げやすく下の加速も力強い印象でした。

クラッチをばらします。Dscf0026 Dscf0027

重さの違うのを用意して走りを変えていきます。

Dscf0029 Dscf0028

V100のクラッチでも年式で重さもライニングの長さも違います(画像左) 今回はクラッチスプリングの交換もしてみます。赤いやつ

以上、この駆動系で走行テストです。

インプレは後日報告致します。

その他エンジン内の軽量化部分をご覧ください。Dscf0023 Dscf0030

色々と穴を開けています。

ま~穴開けは趣味ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドリームジャンボ

ドリームジャンボ宝くじの締め切りが迫ってきました。

宝くじ仲間の皆様,早めのご参加お願い致します。

今回は今まで以上に大きな金額を当てましょう。

Odairi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »