« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

リトルカブのマフラー

M君の相棒リトルカブ

BEAMSのSS300チタンマフラー装着です。Dscf0042 Dscf0043

こんな感じで付きました

音も大きすぎず良い感じです。

取り付けて直ぐ雨の中に乗り出したのでエキパイの焼け色の入り方が心配です。

次は何所のカスタムをするのでしょうか? 楽しみは膨らみますね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トコトコで行った国営備北丘陵公園②

8/28(曇り) ツーリングに行ってきました。

朝一のナナハンの押しがけから始まった丘陵公園までの

ツーレポです。   

格納庫の前の道路は緩やかな下り坂、ここを利用しての押しがけです。

4~5歩押してセカンドでクラッチを繋ぐと一発始動 簡単に始動でhappy01

すぐさま相棒に燃料をいれ、いつものparkingへ  結構集まっている5台位でスタートと思っていたら、バイク9台とP-JOYで10台 始めて参加の人もありで走行順番を決め8時20分過ぎスタート。 ルートは毎度お馴染みのコウヨウ線~向原~三次 庄原までです。

スタートして約1時間 お馴染みのCVSで休憩Dscf0001 Dscf0002

250cc~1300ccまで揃っていますが、今回はS社のバイクはいません。 そして400ccもいませんでした。

市内からここまで走ってきただけで凄く寒い。 メンバーの皆さんも寒そうで少し着込みました。 こんな時はカッパ(レインスーツ)が役に立ちますね~ 空は雲ばかりで日差しは望めそうもありません。 二回目の休憩です。Dscf0003

R54の三次IC手前のCVSです。 普段はここで昼ごはんを買い込んで丘陵公園に行くのですが、サポートのP-JOYが出遅れの為トイレ休憩のみ H子さんのTRは相棒にG補給  ここからの広域農道が気持の良いツーリングコースです。 少しだけ走りこみましたが、車が多いのでトコトコは続きます。

11時半前、備北丘陵公園到着 

入場料と駐車場代を合わせ一台500円です。Dscf0004

毎年、春と秋はツーリングで来るのですが必ずと言っていいくらいこの場所に停められます。ここが一番公園入り口に近い場所 トコトコツーリングの専用parkingの様です。 ありがとう~

ここから園内の様子は画像でお送り致します。

Dscf0005 Dscf0006

中の広場へのアプローチ~花の広場です。Dscf0007 Dscf0008

コスモスが沢山咲いていました 

満開まではもう少しな感じでした。Dscf0009 Dscf0010

展望台からの眺めです。

何やら怪しげな?二人が、、、これ以上のコメントは差し控えます。happy01Dscf0011 Dscf0012

花の広場の展望台を下りるとひょうたんやヘチマのトンネルが作られていました。 次が今回のメイン丘陵公園の新エリア(みのりの里)の初訪問です。 池の周りをかなり×2歩きました。 歩道は整備されていますが回りは仕上がっていません。今からの様です。そろそろお昼も近いので新しいエントランスセンターでと思っていましたが、、、その前に小動物とのふれあいです。Dscf0014 Dscf0015 Dscf0016

大きさが表現しにくいのですが、黒く小さいのがミニブタです。他にも色々いましたが種類?はよく判りません

小さい動物のコーナーでした。

さあ~昼ごはんです。 しかし新しく大きな建物の中に食事できるところは無しshock 凄く歩いてきたのに何と言うことでしょう。 来た道を引き返す事にDscf0013 Dscf0017

芝生広場まで帰って屋台のriceballnoodlejapanesetea うどんに焼き鳥、などで昼ごはんを済ませました。 雨がポツポツと今にも振り出しそうですがここで自称晴れ女のしほ姉とH子対雨女らしいKちゃんのバトルですcoldsweats01 とりあえず本降りは防げていますので、里山エリアにDscf0018 Dscf0019_2 Dscf0021_2 Dscf0020

この日は神楽殿で神楽も行なわれていて賑やかでした。

私はいつもの休憩どころで一休みです。 ツーリングブーツを脱いで畳のうえでお茶を飲み寛ぎます。Dscf0023 Dscf0024

かしわ餅と濃い味のなら漬で、こけ球を観ながらま~たりします。 古いお屋敷の造りの中40年位の時の流れを感じ取れます。Dscf0022

ハングオン?なお姉さん 乗り物らしき物を見るとついついやってしまうお茶目な○○才

畳で寛ぎ過ぎないうちに公園を出発です。 広域農道を三次まで帰りR54で暫く広島方面に、途中から何時ものワインディングコースへ、この道も楽しいのですが少し走ると車の後ろ、トコトコで行きタカタの道の駅で休憩です。

Dscf0025

ここから千代田に下りるまで雨模様

いよいよレインスーツの出番です。

が無い人も、、、でもそのまま出発

ここからが晴れ女の本領ハッキ 大したrainにも合わずに千代田までたどり着き相棒にG補給です。Dscf0026 Dscf0027

近くのCVSで最後の休憩を取り、雨模様なのでここからは一気に広島に向けて走りました。

何とか暗くなる前に恋に到着

今回もトラブル無く終了できました。 

帰ってきて ハングオンのお姉さんはN君家の娘サクラを泣かせていましたDscf0034

いつものparkingは賑やかに暮れていきました。

めでたし、めでたし。

参加の皆様、お疲れ様でした。 天気はイマイチでしたがいつものトコトコツーリングが出来ました。 次回もトコトコで行きましょう。

今回のツーリングの相棒Dscf0001_2 Dscf0002_2

FZ750 KLX250 250TR X-4 XJR1300 バリオスⅡ

CB750 TDR250 CB1300  P-JOY

走行距離 210km

10月は12日に2種ツーの予定です。 ご参加お待ちしています。

BDH トコトコツーリングクラブ

| | コメント (0)

O,J宝くじ

トコトコ宝くじメンバーの皆様

オータムジャンボが始まりました

今回も前回同様の内容で集めます。

前回の繰越分も含め一発大きいのを

当てましょう。

オータムは売り切りなので、早めの参加で

お願い致します。

BDH トコトコ宝くじクラブ

| | コメント (0)

トコトコで行った国営備北丘陵公園

トコトコツーリングin国営備北丘陵公園  2008,9/28(日)

今日は先週の日曜日にrainで中止にしましたツーリングのリベンジです

8時集合なので、その前に相棒に燃料を入れ様と格納庫から出しメインS/WをON アレレ~ ヨシムラのマルチメーターの電圧計が11.8Vを表示 セルボタンを押すと回りはしましたが全然かからない。 ついにレッドランプ点燈 これはバッテリーがNGです。 しかしこんな事もあろうかとスペアのバッテリーを用意してあります。 早速チェンジしキーをON なんと11.9V 暫く放置していたので此方も怪しい が、、、時間が無いセルを回すがこれもかからない。shock 今日はサポートカーの運転か、、、テンションdownwardright   しかし簡単に諦める訳には行かないので、超~久しぶりのナナハンの押しがけにトライしました。   果して結果は

ツーレポは後日up致します。

コスモスは咲いていましたよ。Dscf0007

Dscf0008

| | コメント (1)

TDRのタイヤ交換

CB乗りのD君のrainの日の相棒TDR250

前後のタイヤを交換です。Dscf0005

このバイクも最近は見ることが少なくなりましたネ~

今履いているロードタイプから純正のタイヤ(ONよりはOFFの様な?)に交換しました。

Dscf0006 Dscf0007

こんな感じのタイヤです。  明日ツーリングに参加してくれるとインプレが書けますが、、、

タイヤのならしは行ないましょう。  今日はここまで、ツーに備えて帰ってsleepyます。

| | コメント (2)

メンバーの相棒の紹介  250TR(改)

KAWASAKI  250TR   オーナー T君

Dscf0001 カスタムされていますね~

ノーマルで乗ることの出来ないオーナー

個性は出ていますよ。

まだまだ、カスタムは続くのでしょうが、、、

たまには、空気圧チェックもお願いします。

Dscf0002 Dscf0003 Dscf0004

| | コメント (0)

エリミ125 仕上げ中③

エリミ125の駆動系のメンテです。

Dscf0015 Dscf0016

リヤブレーキの調整ナットを外します。 次にブレーキパネルの取り付けナットを外してボルトを取り外します。

Dscf0018 Dscf0019

アクスルシャフトを抜きリヤホイールを外します。 ドラムブレーキを外しスプロッケットをハブごと外します。今回はダンパも交換の為

Dscf0020

Dscf0021 ダンパゴムを新品と交換しました。これでリヤのガタは解消しました。 次にスプロッケットの交換をします。

Dscf0022 Dscf0023

ハブをホイールに組みなおしナットを外していきます。 右画像が交換後です。 次にドライブチェーンの交換です。

Dscf0024 Dscf0026

付いていたのはクリップタイプのジョイントでしたので、簡単に外せました。 問題のドライブスプロッケットも外します。

Dscf0027 Dscf0028

判りにくいのですがスプロケの先端が反り返っています。 これで前後のスプロケの交換が完了です。 ここから問題の箇所のフォローです。Dscf0029 Dscf0030

画像の左のパーツが付いて無く、ありえんけ~な状態でしたが今回で確り止めることが出来ました。happy01 本当は付いていて当たり前なのですが、、、最後にドライブチェーンの取り付けです。

Dscf0031 Dscf0032

今回使用のDIDのチェーンです。コマ数が合わないのでチェーンカッターでコマ落としです。

Dscf0033 Dscf0034

チェーンを通しジョイントをカシメて繋ぎます。

最後にチェーン張りをして作業終了。

Dscf0035 Dscf0036

アクスルシャフトを確り締め、チェーン張り用のナットも再度締め込みます。 ワリピンを通して折り曲げ完了です。

駆動系もリフレッシュでき、エリミもご機嫌でしょう。 全体に良い相棒に仕上がっていますよ。

| | コメント (0)

コスモス見に行くよ~

28日のツーリング予定Dscf0247

8時集合

トコトコで行きましょう

沢山のコスモスが迎えてくれるはずです。

尚、来月は2種ツーも行くよ~sign01

| | コメント (0)

エンジン載せ替え

ヴェルデのエンジン交換です。

10時過ぎから始めて1時までかかってしまいましたDscf0044

なぜ交換かと言うと 腰下からのにぎやかな音。大型のモーターとエンジンを同時に回した様な?音が日に日に大きくなっていく、、、でも10ヶ月も普通に、いや普通以上に走っている素晴らしいエンジンなのですが、そろそろ休ませてあげることに

さ~交換作業です

Dscf0045 Dscf0046

リヤキャリアを外します 次にメットインBOX(かなり小さい)を取り外します。Dscf0047 Dscf0048

テールランプとウインカーの配線(カプラー)を外し、シートロックのケーブルを外します。 次にボディーカバーの前方下側の左右ボルトを外しカバーを引き抜きます。Dscf0049 Dscf0050

ここからエンジンを取り外す為車体と繋がっているケーブルとホース、配線等を全て取り外します。 殆んどのスクーターはオイルタンクとポンプを繋いでいるホースを外すのですが、ヴェルデはタンクごと一緒に外せます。これは後々での面倒な作業が無くなるので助かります。Dscf0051

外した状態です。 エンジンは単体で立っているので車体側を倒れないよう支えます。 今回はタル木一つでOKです。

ここからいくつかのパーツを組みなおし積み替え用のエンジンを用意します。

今回は実動エンジンと言うことなので簡単に仕事が進みました。Dscf0052 Dscf0053

交換用のエンジンです。元のより新しい型のエンジンです。 排ガス規制タイプです。 積み替えは簡単でした。エンジンハンガーの上に車体を載せるだけで殆んど綺麗にシャフトが通せます。一番の違いはエアクリーナーの空気取り入れ口 Dscf0054 Dscf0055

画像左が旧型 右が新型です このダクトの為泥除けのカバーを切り込みました。 加工らしきことはここだけでした。 後は元ドウリに配線、ケーブル、ホース類を繋げばokです。

今回は細かく写真を撮っていないので、大まかなレポートでご勘弁ください。

完成(仮)です。Dscf0056

初期のヴェルデなので、シート下のスペースは半キャップヘルメットがやっと  そして○○トイ○のようにナカ○タ付きです。

本日は?ここまで。 12時過ぎたかもsign02

疲れた×2

| | コメント (0)

大きな蜘蛛

今年もやって来ました おおきな蜘蛛

Dscf0042 Dscf0043

判りにくいでしょうが、かなりの大きさがあります。

毎年来るので気にはなりませんが。

なぜか最後はトイレに住み着きます。

???  toiletの主かもsign02

| | コメント (0)

懐かしい一台&一台

N君とN君(SAKU坊)の昔の相棒ですDscf0020 Dscf0015

HONDA X-11 & SUZIKI GSX-R1100(改)

この頃は2人ともリッターバイクでのツーリングでしたね  二台とも元気で走っていますかね~

N君サッカーではいつもお世話になってます。   N君fishではいつもお世話になってます。

| | コメント (1)

ナナフシ?

こんなのがやって来ましたDscf0014

判りますか?

ダンボールの色と同化していて気がつきませんでした。

毎年やってきます。

他は大きな蜘蛛と螳螂も毎年やってきます。先日はオニヤンマも入って来ました。

みんな、私よりは先にこの地に住んでいたのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

凄い色のエンジン②

やっとシリンダとキャブがわかる位までペイントが落とせましたDscf0013

Dscf0038

ペイントのおかげで、まだチョークは固着したままです。

もう少し頑張ります。

車両全体は、まだまだ修理箇所があるのでボチボチやりましょうか。

何度みても凄いペイントエンジンですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツーリングの案内

本日は朝から大雨でツーリングは中止と致しました。

次の日曜日に予定を変更致します。(予定)

9/28() 

いつものparkingかトコトコツーリングクラブ前に8時集合 

行き先 庄原の丘陵公園(新エリア訪問予定)

参加freeです。 沢山のコスモスも見に行きましょう

ご参加お待ちしています。

BDH トコトコツーリングクラブ

| | コメント (0)

エリミ125 仕上げ中②

エリミネーター125のチェック&整備その②

スパークプラグの点検ですDscf0020 Dscf0021

出てきましたスパークプラグ なんとイリジウムプラグで状態も良いものでした。簡単な清掃で組みなおしました。

続いて、エアーエレメントの点検ですDscf0022 Dscf0023

左サイドカバーのプラスボルトを2本外しカバーを取り外しますDscf0024 Dscf0025

エアクリーナーBOXカバーを取り外すとエレメントが見えてきます

Dscf0027 Dscf0026

スポンジが取れ出しているのでこちらは交換です。

続いてバッテリーの点検Dscf0001 Dscf0002

右のサイドカバーを外します 此方はロックキーがあるのでキーを回し取り外します。

Dscf0028 Dscf0029

取り出しましたバッテリーなんと中国製でした。 最近は日本製ではない商品も多く使われていますね。 今回は液面合わせのみで取り付け完了です。

ミッツー エリミ125ここまでバラシテ、メンテ中ですよ Dscf0030 Dscf0031

ここからが、今回の事件?です。

ありえない事に、、、Dscf0032 Dscf0033

最後に駆動系のチェックにかかりました 見た目でドリブンスプロケットとドライブチェーンはngです。 そしてドライブスプロケットのチェックにとカバーを外してみると なんとスプロケとシャフトを止めているロックプレートとボルトが無い 

ありえんけ~sign03 こんな状態で走っていたのか~ シンジラレナイ

前後スプロケとチェーンの交換は後日UP致します。 タンクのペイントが出来上がれば整備とカラーリング変更の完成です。

| | コメント (0)

凄い色のエンジン

本日やって来た凄い奴

スーパーカブ100 これだけでも珍しいのですが

Dscf0011_2 Dscf0012_2

エンジンが凄い事にDscf0013

何故なのかは判らないのですが、赤いペイントを塗った後に黒いペイントを重ね塗り   キャブまで塗ってありメンテナンスが出来ない状態    先ずはここを何とかしないと先の整備に進めない。

半日がかりでペイントを剥がしていきましたが、、、結果は

次の機会に   明日のツーの準備をしなくては  あ~いそがしい でも明日はrainかも

ツーリングに出かけたらレポートupします。

それではbeer

| | コメント (0)

ストマジ ストリート仕様

今年ピグスープの5時間耐久レースを完走した

エンジンをストリートバージョンのストマジに載せ替えました。

作業風景は今回は無しです。 

思ったより時間がかかってしまいましたが、完成(仮)です。

Dscf0007 Dscf0008 Dscf0009 Dscf0010

ベースのストマジもレース用に仕上げたのを公道用に戻し遊びで乗っていたもの。 しかしクラッチ大爆発事件以来ジャンク状態で保管していた車両

しかし、サーキットでの度重なる転倒によりフレームはかなり、、、な感じ、元々50ccのフレームに110ccのエンジンでレースをやっていたんで無理もないのですがcoldsweats01    110ccフレームの車両はレース用に保管してありますので、レースエントリーのときは積み替えます。

ま~これでストリート用も出来ましたし、2種ツーも行けそうです。  後はファンネルを止めてパワフィルでセッティングを出したりメーターを120km/hのものに交換したりですかね。(本当はもっとあるのですが)   10月は2種ツーもいくぞ~sign03

| | コメント (0)

エリミ125 仕上げ中

エリミ125の点検&整備です。

オークションで購入の為走らす前に点検をと依頼を受け

各部のチェックと整備にかかりました。

いざ始めると、これはngと思う箇所が色々あり

整備(修理)をする事に、、、

先ずはハンドルを左右にきった時の違和感

ステムベアリングのガタかと思ったら、ホイールベアリング

のガタでした。Dscf0001 Dscf0002

ブレーキキャリパーを外し、フロントホイールを浮かしアクスルシャフトを抜き取りホイールを取り外します。

Dscf0003 Dscf0005

オイルシールを外してみると、錆びたベアリングが顔を出しました。 それにしても酷い状態です。

左右のベアリングとカラーを取り出します。(画像の右)

Dscf0006 Dscf0007

新品のパーツに打ち替えました。

メーターギアの中も古いグリスをふき取り作動を確認後組み立てます。

このとき、ブレーキキャリパーをチェックすると、ピストンは作動するのですが、スライドプレートが固着していた。 続いてブレーキのO/Hに取り掛かります。Dscf0008 Dscf0009 Dscf0010

キャリパーを再度フォークに取り付けパッドピンを緩めます。 キャリパーを取り外しピンを抜きパッドを外します。 ピストンで押されない側から外すと簡単にとれます。

この状態でスライド用のプレートをプラハンで叩いて見ましたがびくともしない。 2個所のピンの隙間にCRC(ラスペネ)を吹きつけ再びTRY これまたびくともしない。 ホンダの50ccスクーターも同じ様になりますね。 ここで次のpaperです。

このタイプのプレートのみ使える?方法です。

2個所のピンのうち、ひとつはプレートにボルト留めです。 このピンをスパナで回し取り外します。Dscf0011

画像では少々判りにくいでしょうが、地道にスパナで緩めます。

最後まで緩んだら、プレートを上側に交わします。

今回はかなり堅くてプラハンで叩きました。

Dscf0012 この画像の状態にし、回して外したピンを抜き取ります。

次にプレートを外すのですが、さび付いている様でナカナカ外れずCRCを吹いては左右に振りを繰り返しやっと取り外しが出来ました。

このときピストンも清掃し出し入れさせて揉んでおきます。

Dscf0013 Dscf0014

この錆びのおかげで時間がかかってしまった。 ペーパーで磨きグリスUPをして組み直します。Dscf0015

完了しました。

これで安心してブレーキが使えます。

次は、エンジンオイルの交換です。Dscf0016 Dscf0017

ドレンボルトを外し古いオイルを出します。 車体を左右に振って確りと抜き取ります。

オイル注入口を開けます。 カワサキ車はキャップがマイナス溝のタイプで大きさの合う道具(工具)を使わないと直ぐにナメテしまいます。 私は大きさの合うタガネを使ってます。Dscf0018 Dscf0019

新しいオイルを入れます。 約1.2リットル位入りました

クランクケース横の点検窓で確認です。 オイル注入後エンジンを始動~停止後再度オイル量をチェックしokなら完了です。

本日はここまで、次回はスパークプラグ、エアーエレメント、バッテリーのチェック等をup予定です。

| | コメント (0)

各部のチェック&修理中 

Dscf0001 修理中なのはこのバイク

エリミネーター125です。

簡単なチェックでOKのはずが

触る度修理箇所が増えていく

そして外装を取替え&ペイントと大忙しです。

修理状況は後日up致します。

| | コメント (0)

ツーリング案内

ツーリングの案内です。

9/21(日) いつものparkingに8時集合

      少し秋らしくなった季節を感じに

      走りましょう。 

行き先  新丘陵公園か津和野方面

      天候で変更あり

      参加はfreeです。 

      ご参加お待ちしています。

   BDH トコトコツーリングクラブ

      

| | コメント (4)

メンバーの相棒の紹介  SR250

YAMAHA SR250改   オーナーNB君Dscf0026

ベース車両はアメリカンのSR250

ヴィンテージモトクロッサーのイメージ

で仕上げましたが、、、

スクランブラーぽくなったかも

前後タイヤをオフ車用にし、リヤサスをSR400 ハンドル、ウインカー テールランプ等の交換ですが、雰囲気は出ていると思います。Dscf0023 Dscf0025 Dscf0020 Dscf0019 Dscf0024 Dscf0027

SR250が登場して28年を迎えますがコンディションも良く動き続けている相棒です。

これからも、大切にし長く付き合ってあげて下さい。

| | コメント (0)

ウエスト BBQ大会

第二回 BSウエストのBBQ大会に行ってきました

beerbarはもちろん持ち込みです。

クラーBOXに入りきらないぐらい持って行きましたhappy01

午後4時前に到着 前回とは違い会場の準備はほぼ出来ている

しかし食材の買出しが未だ 玉葱やピーマンを買いに行かなくてはDscf0001 Dscf0002

私は、コンロに炭を入れ火をおこします、、、が中々炭に火が点かない 団扇を使いすぎ手首が痛いsad などといっている内に5時が過ぎ参加メンバーの人もかなり集まった様子。

いよいよBBQの始まりです。Dscf0003 Dscf0004_2

食べてます。飲んでます。

Dscf0005_2 Dscf0006_2

scissorsしてます。

語ってます。

Dscf0007_2 Dscf0008_2

scissorsscissorsscissors、、、とhappy01Dscf0009  謎のツーショットDscf0011_2

ここから恒例?となりました大ビンゴ大会です。Dscf0013_2

Dscf0014_2 Dscf0016_2 Dscf0017

皆さん色々なけいひんが当たり嬉しかったり、○○だったり。こうして無事BBQ大会はお開きとなりました。

参加の皆様お疲れ様でした。 また機会があれば一緒に飲みましょう。

Dscf0018 我がトコトコチームはP-JOYとGR君のフェアレディZそしてしほ姉のV100で総勢6人の参加でした。

Dscf0022 Dscf0020

| | コメント (1)

V100に追加パーツ

V100軽量化バージョンに

センタースプリングスライドシステムの取り付けです。

Dscf0004 カメファクのパーツです。

ドリブン側のプーリーに取り付け

クラッチのセンターS/Pの作動を

スムーズにするためのベアリングです。

早速取り付けてみましょう。

Dscf0005 Dscf0006

クラッチカバーを取り外します。

Dscf0007 Dscf0008

クラッチハウジングを取り外します

Dscf0010 Dscf0011

ベルトを握りプーリーをクラッチごと取り外し、クラッチのセンターボルトを外します。

Dscf0012 Dscf0013

クラッチとセンターS/Pを外しベアリングパーツをセットしていきます。丸いリングの中の溝に小さなボールの玉(ベアリング)を入れていきます。 今回はストリート用の組み方で仕上げました。 

Dscf0014 Dscf0016

V100の場合はS/Pシートカラーは純正を使用します。 右の画像で完成です。

ここからはS/Pをセットし、クラッチを取り付けトルクカムの動きを確認します。 少しばねレートは上がった感じですかね。

走行後のインプレは、J君曰くスタートも良くなり、再加速時も今まで以上に走る様になりましたとのこと。 

試す価値はありますよ。  以上スライドシステムの取り付けでした。

| | コメント (1)

BSウエスト BBQ大会

本日5時スタートのBBQに向け準備中です。

テーブルとイスは持参で後ランタンとかの小物を

持っていく予定です。

そして、肝心なのがbeerwinebarとアルコールも

忘れず持ち込みます。

ハンドルキーパーは、Mさんに任せます。

宜しくお願い致します。 

大会の模様は後日のupとなるでしょう。

| | コメント (0)

このバイクのエンジンでした

バイクが何かわかりますか?Dscf0023

詳細は後日upします

ベース車両はSR250

アメリカンタイプのバイクです。

| | コメント (2)

突然のしぇん君

今日朝一で突然しぇん君がやって来ましたsign01

急な仕事で呼び出され広島に帰ってきてたらしく

本日は仕事は無く、と言いつつ明日は鈴鹿でミニバイクレース

に出るとのことで超ハードスケジールをこなそうとしている。

で、、、タイヤ交換を今からさせて欲しいとのこと

Dscf0022 Dscf0021

かなり久しぶりのタイヤ交換に少々手間取っている。

だいじょうぶか~

聞けば明日走るコースは初めてこのこと。

ありえんけ~ 相変わらずじゃの~ 頑張れよ~

出場だけはしろよ~happy01  

私は、明日はBBQ大会で盛り上がる予定です。beerbeerbeer

| | コメント (2)

何のエンジン?

Dscf0019 かなり昔のバイクです。

1980年式位です。

ケースの形で判りますかね~

私のお気に入りのカスタムバイクのひとつです。

       

| | コメント (0)

このバイクのメーターでした。

判った人はカワサキマニアかも

Dscf0017 Dscf0018

正解はエリミネーター125でした。

それも、初期型です。

ただ今各部の点検中

整備状況はまたupします。

| | コメント (0)

何のメーター?

さて何のメーターでしょうか?Dscf0003

かなりマニアックな車両です。

判りますか?

120km/hまでの表示がキモですねhappy01

ただ今納車整備中

| | コメント (0)

V100軽量化バージョンに

V100の軽量バージョンに

追加アイテムです。Dscf0033

軽量化ではなく駆動系のパーツです。

J君届きましたよ。

重さは約50g この重くなった分を

どこで 減らしましょうか?

この前話した、最終手段を試みますか。

取り付け状況は後日up出来ると思います。

| | コメント (3)

最強のエンジン?

そうです。今年50周年を迎える

スーパーカブのエンジンです。

最初はOHVそしてOHCになり、とても丈夫で

長持ちするエンジンとなりました。

今回はそんなカブ系のエンジンの話です。

車両はこれDscf0031

古いCL50です。エンジン マフラーは加工してあります

カタログで調べると1967年式ぐらいですね。

カブ系のエンジンを積んでいる一台です。

このCLが走行中にカタカタ音とともにエンスト、数分後再始動でき暫く走れたらしいのですが、再び大きな音とともにエンスト、、、聞けばひと月でエンジンオイルが無くなるぐらい減っていくとのこと。 

こりゃ~あがり&さがりですな。 話は通じていないがとりあえず引き取る事に。

キックは下りますね~ 完全な焼きつきは起きていない様子 しかしカタカタと凄い音がしている。 タペットカバーを外しクリアランスをチェック INもEXも突いていない。

オイルドレンボルトを取り外しました。 一滴も古いオイルが出てきません。

サイドスタンドの状態なので車体を真っ直ぐにするとDscf0030

やっとでました。

通常は0.6リットルぐらいは出るものですが、画像のとうり大さじスプーンに2杯程度。

ありえんけ~ やっちまたな~ coldsweats01

と普通なら思いますよね

ところが、この状態ぐらいのエンジンならエンジンオイルを入れゆっくりキックをします。

スパークプラグは抜いた方がいいです。 今回はプラグも交換しました。

タペットカバーを外し焼きつき防止スプレーもDscf0032

カムとロッカーアームに吹き付けます。

暫くキックを続け、いよいよエンジン始動

なんとキック2回で簡単にかかりました。

その後もアイドリングは安定、吹けあがりも問題なし。 カタカタと大きな音を出していたヘッド周りも、とても静かな音になり作業は完了致しました。

但しエンジン内のストレスが治まった訳ではありません。

あくまで応急な処置です。 本来はシリンダ、ピストン関係とバルブ周りのパーツ交換が好ましいと思っています。

しかし、カブ系のエンジンの耐久性?の凄さは伝わったでしょう。

過去何度もこのような体験をしてきていますので、持ち主さん

そして、まじかで見ていたブラックI君はビックリだった様です。

オイルの管理、交換はマメに行ないましょう。

昔のカブのエンジンは簡単には、くたばらないと言うお話でした。

| | コメント (1)

やっと手に入れた相棒

HONDA FTR223    オーナー I君

Dscf0028 Dscf0029

待望の白いFTRです。

納車まで色々ありましたが、やっと渡せました。

しかしまだ少しの問題も、、、とりあえず乗ることが出来る状態では渡せましたが。  安全運転で頑張って下さい。

| | コメント (0)

エンジンがかからない

エンジンが始動しない  色々な原因が考えられます。

今回はそんな一例を

昨日は普通に動いていたのに、朝エンジンがかからない

通常はプラグを点検したり燃料系をチェックしたりとするのですが

地域によっては?こんな事もよくあるのです。

それは、マフラーのつまりsign02 一晩で詰まるのです。

と言うより詰められるのです。 蜂などの虫たちにsign01

スクーターのマフラー出口の穴の径~中の空間が

子育て用の住まいに丁度いいのでしょう。Dscf0021

草や枯葉などを持ち込み中に卵を産み付けるのでしょう。

Dscf0022_2 今回は穴から出しきれず、マフラーを取り外しエアーで吹きました。

Dscf0023 Dscf0024

久しぶりに大仕事です。

普通はスポークを改良した工具で取り出せたのですが。

今回は少々手強い相手でした。Dscf0025

草に混じり出てきたのは、なんと3cm位のバッタが7匹 幼虫のえさなんでしょうか?

周りが山とか畑とかに囲まれている地域はよくある出来事です。

昨日まで動いていて突然かからない場合はマフラーのチェックもしましょう。 草とか土とかでマフラー出口が塞がれているかも

| | コメント (1)

Isei 赤ちゃん

Isei&S子チャンの赤ちゃんがやって来ました。(昨日)

退院おめでとうsign03

Dscf0026 可愛い男の子です。

ママに似てよい子に

育ってください。

パパに似ると、、、

ま~元気が一番

Isei確りオムツ代を稼いでください。

| | コメント (1)

大入り

昨日のカープ観戦レポです。

十数年ぶりの市民球場は大変窮屈でした。Dscf0001 happy01

3時開始のデーゲーム

久しぶりの友人と昼ごはんを食べてから球場入りです。

既にビンbeerを2本飲んでいます。 以前飲みすぎて試合開始に遅れた事がありましたので、この辺で止めて5分前位に入りました。

それにしても、人が多い。 何所の入り口から入るのかも? 警備員に聞きやっと入場

次は二階席への行きかたが? 係りの女の子が案内をしてくれた。

初めての二階席 ネット裏の指定席なのですが、あまりの狭さにビックリ。

殆んど野球場に行ったことが無いので(福岡ドームの指定席は何回かありますが)余計にビックリ。 大人が1人座れるだけのプレートのみの席でした。 前後左右に余裕が無く窮屈な空間です。 しかし人は沢山来ています。阪神戦の為、トラファンも多いこと。

こんな感じです。Dscf0002_2 Dscf0003 Dscf0004 Dscf0005

Dscf0006 Dscf0007 開始前ですが二階席を含めほぼ満員でした。

二階席はカープファンとトラファンが入り乱れて座っているので、異様な雰囲気の中試合は始まりました。

立ち上がりは淡々と進み盛り上がりに欠けていますが、周りの阪神ファンは一部にぎやかな方が居られ少々カープファンおされ気味。

でも試合はカープリードで進み中盤で5対1でリード

Dscf0009 途中のグランド整備です。

試合の間にイベントがあったりで

時間が長引きます。個人的にはさっさと

試合をして欲しいものです。

いよいよ7回の攻防Dscf0010 Dscf0011 グランドは試合スタンドは風船飛ばし

Dscf0012 Dscf0013

阪神ファンの応援が届いたのでしょうか

この回の攻撃 出ました~ 代打ホームランDscf0014

この日唯一のホームランです。

阪神ファン大騒ぎ

でもカープはリードしているので何の問題もなしです。

次はカープファンの風船です。

Dscf0015

Dscf0016 Dscf0017

二階スタンドの風船は場外に、外野スタンドの風船はグラウンドに落下グラウンド整備の為一時中断、、、でもこのような応援が楽しいのでしょうね~

8~9回は中継ぎ、オサエと堅い守りでカープの勝利で終わりました。Dscf0018 Dscf0019 Dscf0020

超~久しぶりの野球観戦も広島が勝ち楽しめた一日にはなりました。

今年で最後の市民球場 ありがとう~sign03

球場で飲まなかった分  家に帰ってbeerbeerでした。

因みに、O家のMSYとは連絡は取れたのですが、売店から動けないほどの繁盛で、さしいれは無でした。

| | コメント (0)

カープ

今から市民球場にP野球を見に行きます。

対戦相手はマジック再点灯の阪神

暑い一日でない事を願っています。

その前に昼ごはんで盛り上がって

野球どころでは無くなるかも?

十数年ぶりに合う人と十数年ぶりの

球場入りです。

最後にカープ頑張れと締めくくります。

| | コメント (0)

カタナ400 S/W交換

カタナ400のメインS/Wの交換です。Dscf0001

ハンドルを右に切ると電気回路が遮断される

調べると、S/W本体の配線が断線しかかっていた

応急処置は出来るのですが、確実なのは交換です。

シートを外し燃料タンクも取り外します。Dscf0002 Dscf0003

メインS/Wの配線カプラーがタンクの下にあるためです。

ネイキッドはライトケースの中にあることが多いのですが、このバイクはタンクまで外さないと作業出来ません。

Dscf0004 フレームはこんな感じです。

問題のカプラーはDscf0005

画像で見える緑色のカプラーです。

が、その上の黒いステーが邪魔をして外せません。 

ステーも取ります。Dscf0006

やっと外せました。

カプラーひとつ外すのに時間がかかりすぎ

整備性は良くないですね

次にトップブリッジを取り外します。Dscf0007

スピードメーターのステーを外し、セパハンの固定ボルトも外します。Dscf0008 Dscf0009

インナーパイプを締めているボルトを緩め、T/Bのセンターボルトを取り外します。

Dscf0010 Dscf0011

T/Bを上に引き抜きます。

ハンドルの方が下なので簡単に取れます。

ここからメインS/Wを取り外します。Dscf0012

特殊なスクリュウで取り付けてあります。

個人的には、普通のボルトで充分と思いますが。

元は盗難防止?の目的だったのでしょうが、定かではありませんがsign02

特殊工具がないので、別の方法で取りました。Dscf0025 Dscf0026

新品のメインS/Wです。

今回、取り付け用のボルトは6角レンチを使えるタイプに取替えました。

最後はキーをまわして作動を確認でOKです。

標準作業時間は0.6h 36分ぐらいで仕上げる作業ですが、ナカナカ手強い相手で時間がかかってしまいました。 次回は30分以内でヤッツケます。

| | コメント (2)

V100 まだまだ走らせます②

目指せ15万kmのV100仕上げです。

先ずは10万km走破の垢(カーボン)落としです。Dscf0002

シリンダヘッドです。Dscf0004

結構簡単に出来ました。

Dscf0005 次にシリンダに取り掛かります。

古いシリンダG/Kを剥がしにかかったのですが、10年間で10万km走行のG/Kは簡単に取れてくれません。

剥離剤を何回も使用しやっと綺麗になりました。 今回一番時間がかかった作業でした。Dscf0006

排気ポートですDscf0007

此方もすごいカーボンです。

が棒ヤスリで殆んど削り取りました。

Dscf0008 ピストンです。Dscf0025

積もり積もったカーボン

何層ものカーボンが歴史を感じさせますね~

Dscf0024_2 今回の交換用パーツです。

エンジン関係と駆動系パーツとエアーエレメントです。

シリンダ ピストン シリンダヘッドは再利用です。

腰上を組んでいきます。

Dscf0026 リングとクリップは新品を使用します。Dscf0028

ピストンピンとベアリングも新品に交換です。

画像の上側が今まで使っていたもの焼きが入ってます。

Dscf0029

.ピストンを組んだところです。

たっぷりのオイル(私は2サイクル用ゾイルを使用)塗ってシリンダを組み込みます。

しかし、ここで問題発生 ピストンが綺麗にハマラナイ。何度かトライしましたがNGの連発shock 一度ばらして古いほうのリングに替えるとOK なるほど、10万kmをなめていました。 ピストンリングの取り付け溝coldsweats01 長期の使用によりリングとピストンの間にコンマ何ミリのカーボンが蓄積している。 そのカーボンが邪魔をしてシリンダのクリアランスを狂わせていました。 ピストンも新品を使えばこんな事は無かったのですが。

カーボン落としの強力クリーナーも持って要るのですが、、、使えば良かったかも

Dscf0030 やっと組めました

ヘッドを取り付け、マフラー、キャブを付けてキック???

エンジンのかかる気配なし。

マフラーからの俳圧はOK プラグのスパークOK 燃料系のトラブルか? キャブはO/Hしたし、、、 キックしながらキャブに手を当てると吸い込んでいる感じが無い 一旦エンジンを車体から外しリードバルブのチェック 問題ないレベル 残っているのはクランクのサイドシール

開けてみるとDscf0035

すごい 十年分の誇りが溜まりにたまっている。

ステーターコイルを外すと

トラブルの元が、、、ついに発見

Dscf0036 判りやすいように抜いたのではありません。

ここまで、抜けていました。

圧縮がない訳です。

オイルシールを打ち替え完了です。Dscf0037

周りもも綺麗になっているでしょう

あ~疲れた

O/Hにかかる時間より清掃時間が三倍かかりました。happy01

駆動系もリフレシュします。Dscf0031

こんな状態で出てきました。

新品と交換ですDscf0032

ドライブベルトも交換して出来上がりです。Dscf0033

組み立て後良い感じでエンジン始動

後は少しならしをしてから全開ですね。

10万km走行もこなしてしまうV100 凄い(自分的には当たり前)ことです。

後はオーナーさんとの話で1万Kmずつ頑張って距離を伸ばします。

いくぞ15万kmsign01sign03

| | コメント (0)

BBQのご案内 NO.2

今月の第二日曜日9/14 バイクステーションウエスト

にて、今年二回目のBBQ大会が行なわれます。

場所 B.Sウエストparking

時間 午後5時頃から開始

会費 2500円 (食べ放題)アルコールは付きません

ライダー&ドライバーの方当然飲めません。

如何でも飲むと言う方は各自(大人の責任)で

beer bar bottle wine などをご用意ください

その場合はハンドルキーパー同伴で。

私Odairiはjapaneseteacafeでいこうと思っています。

参加希望の方は早めのご連絡お願い致します。

| | コメント (0)

韓国のお土産

今頂きました。 本場韓国の海苔

○道大学の留学生で里帰りしていたU君

ありがとうsign03  Dscf0022

剣道頑張って下さい

相棒の調子がイマイチの時は

面倒見るからね。

| | コメント (0)

メンテ中

本日は大忙し

先ずはこのバイク

Dscf0001 スズキのカタナ400

メインS/Wの交換

パーツリストでの交換は

0.6hの時間がかかる作業ですが、、、

中古になると簡単には行かないことも増えてくる。

次はこれ

Dscf0013 新しく仲間入りのFTR223

長期保管により手を入れる箇所がたくさんあり、も~大変

この2台のメンテ状況は後日upします。

本日はまだまだ仕事します。

| | コメント (0)

トコトコで行った三瓶山 ③

トコトコin三瓶山の続きです。

Dscf0018_2 この画像 判りにくいと思いますが、深さが15mはありそうな地下施設なのです。

螺旋階段で下まで降りれるのですが、今回は止めておきました。

体力に自信がある方はトライしてください。

2個所の地下施設を見学し地上にでます。Dscf0019_2 Dscf0020_2

縄文橋から見た小川に涼みどころが

ここで生beerアンド枝豆で一杯いきたいところです。

Dscf0022_2 切り株とM君のコラボです。

大きさの比較が出来ましたね。

Dscf0023 建物のの外観です。

地上は1階というより1/2階建て

地下3階と言う感じでした。

縄文時代の見学も終わり、相棒に跨り三瓶の東の原に向かいます。 5分も走らなうち、rainが緊急避難です。スキー場のtoiletの軒先で小降りになるのを待ちます。Dscf0025_2 Dscf0026 夕立程度の雨なので直ぐに小雨に、時間は2時半前まだまだ余裕があります。

三瓶山を後に川本町を目指し走ります。

途中のCVS(ポプラ)でカッパは脱ぎました。

暑くて耐えられないsign01さっきの雨は何だったんだangry Dscf0027 Dscf0028

山の中にも立派な建物がありますね~

Dscf0029 川本~大朝まで帰ってきました。

今度の休憩したCVSは7/11です。

ここまでの道のりは全員が睡魔に襲われていて、少し長めの休憩と、相棒のガス補給です。 

大朝を出発し、一路広島(恋)に向け走ります。

がマタマタ最後の休憩ポイントDscf0030

ポプラです。

本日はポプラを巡るツーリングですかね?

ラストランに向けスタミナドリンクで元気一発sign03

本日も全員何事も無くツーリングを終えました。

Dscf0031 いつものparkingに着いたところです。

参加の皆様お疲れ様でした。 次回もトコトコで行きましょう。happy01

本日の参加の相棒Dscf0001

R1-Z

SR400

Vmax

ZX-9R

XJR1300

SR500SP  250TR  FZ750

P-JOY  (総勢11名)

走行距離 274km

9月は第3日曜日に予定します。 行きたい場所がある方はコメントください。

BDH トコトコ ツーリングクラブ

| | コメント (2)

トコトコで行った三瓶山 ②

8/31(日) ツーリングレポートin三瓶山

朝8時集合で遅れてきた主催のM君を先導にスタート

何時もの恋のparkingを出て、恋峠~久地峠~千代田

そして何時も利用のCVS(ポプラ)で休憩Dscf0001

軽い朝ごはんを摂り、少し遅れ気味の

P-JOYと合流  ライダーK君のVma電気系ご機嫌ナナメ

天気はマズマズの様子 でも山は如何かなと話つつ

次の休憩ポイントまで再びM君の先導でスタート

暫く道なりに走る ここのルートは私のお気に入りの道のひとつです。

大朝の交差点で右折~川本へ再び道なりに走ります。

トンネルを何本か抜けマタマタ何時ものCVS(ポプラ)ここで休憩と各自の相棒にガス補給です。Dscf0002

ここからは、先頭が私Oに交代

らいだけ君ここで帰広かと思いきや、到着時間を聞いてくる

後40分ぐらいとの答えに三瓶まで行く事に、、、

江の川を右に左に見ながら何時もの道を快走dashdash

しかし、私の悪い癖が、、、そうです。ミスコース いつも走りなれているのに必ず間違うポイントがあるのです。 ところが今回は知らんふりして走り続けました。

と言うよりUターンが大変だろうとメンバーのことを考え行ける所までいってしまえと、、、これが大正解で正面に三瓶方面の看板が シメシメこのまま行ってしまえです。

これがまたまた大正解 とても面白いワインディングが続きます。 唯一のngは観光busに前を走られた事。

ペースが遅いのは我慢できたのですが、加速の度吐き出される黒煙混じりの排気ガス、流石にこれは耐え切れませんでした。

若干の遠回りになりましたが11時半には西の原に到着Dscf0003

ここまであがって来ると気持の良い風が吹いてきます。

ここのレストハウスで昼ごはんと思っていたのですが、冒険?は止めていつもの店に行きましょうの声に 北の原のこもれび館まで走りました。

この日は自然館も大入りで警備員まで導入でした。

Dscf0004 Dscf0005

食事後、バイクに戻ると何やら黒い物体が

大きな蟻がライディングポジションを楽しんでいた。 早々に退散をしてもらいましたcoldsweats01

ここからが今回のメインです。 過去何回もツーリングできていますが、行ったことの無い場所 小豆原埋没林公園を訪ねます。

Dscf0006

観覧量 大人300円 小中高校生100円です。

中には(地下には)3500年前の縄文時代の森が

ここからは連続画像でおおくり致します

地下で暗かったので写りはイマイチです。Dscf0007 Dscf0008 Dscf0009 Dscf0010

Dscf0011 Dscf0012 Dscf0013 Dscf0014 Dscf0015 Dscf0018 凄く判りにくい画像で申し訳ありません

是非、本物を見に行って下さい。

1回見れば(2回はないかも)OKだとは思いますが、、、

迫力はありますし、縄文パワーを感じとれるかもsign02

少々疲れましたので、本日はここまで beer

| | コメント (0)

FZ750 パーツ取り付け

久しぶりにFZ750のカスタム?です。

オークションで購入のパーツが届きましたので

取り付けです。 届いたのはゼファー400のパーツ

これです。Dscf0033

フロントフォークに取り付けるスタビライザーです。

これはゼファー400用で出品されていた物です

実はFZ750とゼファー400のフロントフォーク周りは互換性があるのです。 インナーのパイプ径が同じです。

既にトップブリッジはゼファー400用で純正のセパハンからバーハンにカスタム済みです。

しかしメインキーの取り付けを加工しないと、ハンドルロックが使えなくなりますがweep

話は戻って、早速取り付けてみます。

Dscf0034_2

leftright Dscf0036

こんな感じに付きました

取り付けは若干きつい感もありましたが、okでしょう。

効果の程は?  走って実感出来れば良いのですが。 インプレは後日、走行後upします。

元々の目的はフロントフォークの左右の捩れを防ぎ硬性をUPするものです。

最近のバイクはフロントフォークそのものが太くなり必要の無いパーツとなっています。

旧車は要るよsign02  みためも含めDscf0035

| | コメント (0)

おめでとう

本日 続いてのおめでたい出来事

N君の愛娘のSちゃん

退院おめでとう happy01 happy01 happy01

小さい身体でよく頑張りましたsign03

今度アイスを(H/D)プレゼントしにいくからね。

Odairi

| | コメント (3)

おめでとう

本日 Isei夫婦の赤ちゃんが生まれました。

おめでとうございます  happy01 happy01 happy01

朝から良い知らせで一日happy01に過ごせそうです。

あのIseiが父親になった 知り合った頃から思うと

信じられないような感じですね。

私も家族が増えたようで嬉しく思っています。

これからは父親として、色々とタイヘンな事も

あると思いますが、頑張って(悪さはしないよう)ください。

Odairi

| | コメント (2)

B.B.Q大会のお知らせ

我がクラブではありません

B.Sウエストにて今年2回目のBBQ大会です。

9/14(日)の夕方から開催です。

トコトコのメンバーの皆様にもお誘いが届いています

参加希望の方はご連絡ください。

今回も○○○が当たったりするのかも?

前回以上の盛り上がりが期待出来るかもsign02

以上 BBQのお知らせでした。

詳細はまたup致します。

千葉のI君も参加待ってます。

| | コメント (6)

チェーンの交換 ②

(SLJ)ジョイントのチェーン交換の続きです。Dscf0014 UPが遅れてしまいましたがcoldsweats01

スプロケットの上でチェーンの両端をあわせます。

グリスを塗ったジョイントピンを両チェーンのブッシュ穴に差し込みます。

Dscf0015 Xリングをピンにはめ込みます。

ここもグリスを塗ります

次にリンクプレートをはめ込みます。

プレートは刻印が表側になります。

Dscf0016 Dscf0017

突き出ているピンにナットをねじ込みます。

指で廻らなくなるまでしめ込みました。

簡単に作業が進みます。happy01

Dscf0018 ここからは、8mmのスパナ(メガネ)でしめ込みます。

左右を交互に60°の角度位で締め込みプレートを圧入します。

かなりしめこめますよ。

Dscf0019 画像のようにOリングをはめ込む溝が見えるまで圧入します。 この辺でokでしょう。

ここまでしめ込まないとngです。

再度締め込みしましょう。

Dscf0020 ピンの溝にOリングをはめたところです。

やりました。 ほぼ完成です。

happy01

後は突き出ているピンを取り除くだけです。Dscf0022

こんな感じで折れました。

ここからチェーン調整をして作業は完了です。

Dscf0023

パーツが新しくなると気持が良いですね。

今回はチェーンをカシメル工具(特殊工具)を使用しなくても出来るシールチェーンです。

チェーンの交換時期がきている車両は使ってみては如何でしょう

以上 EK(SLJ)チェーンの交換でした。

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »