« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

サイレンサー

みっつのエリミ125のカスタムマフラー

金属タワシの詰め物を取り除きデイトナのサイレンサーに入れ替えです。Dscf0044

元々入っていた金属タワシを引き抜いているところです。

これが結構消音はするのですが、排気音がイマイチ

ショボイ(パタパタ音)  アメリカンらしい?音に調整

しにくいし変な抵抗にもなっている感じです。

Dscf0045 ここで登場するのが、デイトナのサイレンサー

47パイのグラスウールタイプ

どこまで消音が出来るでしょうかsign02

期待はup

Dscf0046

早速取り付けです。

パイ数は問題なくピッタリです。

差し込んでボルトで止めるだけの簡単装着です。

いよいよエンジンスタート、、、するとパスパスと排気漏れの音が、見るとエキパイの付け根側がユルユルでナットが一つ取れている。 ま~社外マフラーでメーカーも不明だとこの感じかな。 締め直し再度エンジンスタートdashdash

結構な爆音である。shock  うるさいと感じるレベルなので、再びタワシのお世話になることに

まずタワシを入れ、その後サイレンサーを入れ固定  今日はこれ以上は手の施しようが無いので、三度エンジンスタート、、、すると程好い排気音 若干ぬけ過ぎ気味ですがOKとしましょう。Dscf0047

完成です。

みっつ これは外すなよbanend

| | コメント (1)

これは何

さ~問題です。Dscf0023

このパーツは、、、

ブレーキ関係の様ですがsign02

ヒントはホンダのバイク(原付)に

使います。

ある意味日本一アフターパーツがある乗り物ですねhappy01

| | コメント (0)

DIO-Z4の始動不良

スマートDIO-Z4のエンジンがかからない?

セルボタンを押すと殆んどクランキングしない

バッテリーチェックすると12.2Vぐらい  キックに切り替え蹴りまくる

プスとも言わないので、プラグを見ることに、、、火花テストOK

プラグを元に戻しキック するとエンジン始動??

プラグの状態から判断すると、燃料がきていない感じであったのに

ならばエアークリーナーのチェックとカバーを取るとボタボタと何やら

黒い液体が、、、そうですshineエンジンオイルが毀れてきました。Dscf0070

大した量ではなかったのですが、Fiの入り口付近もオイル塗れ調子よく走るわけが無い状態ですね。

エアーエレメントも真っ黒で目ズマリが酷い

基本のメンテが出来ていませんでしたね~Dscf0071

クリーナーBOXの清掃とスパークプラグ、エアーエレメントは交換ですね。

最近のホンダの4スト原付は左に倒すとエンジンオイルがエアークリBOXに進入してきますので、直ぐに起こして真っ直ぐにしましょう。

| | コメント (0)

昔のオートバイ雑誌⑤

古い雑誌NO.five

Dscf0035 Dscf0036 Dscf0037

1976年のヤングマシーン

一枚だけ懐かしいバイクを  スズキのGT380(サンパチ)です。

高校生の頃友達が乗っていました。3気筒なのに4本マフラーでケムリdashdashで走り回っていました。

| | コメント (0)

昔のオートバイ雑誌④

古いシリーズのNO.fourDscf0033 Dscf0034

74年のヤングマシーン  ソビエトのバイクが紹介されています。

ソビエトと言う事が昔を感じさせますね~

| | コメント (0)

昔のオートバイ雑誌③

古い雑誌の第threeDscf0030 Dscf0031 Dscf0032

モーターサイクリストの75年の1~2月号です。

中身は色々濃い内容ですが、一枚だけスズキのロータリーエンジンのバイクをup

各メーカー色々なことにトライしていた時代ですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔のオートバイ雑誌②

1975年のバイク雑誌ですよDscf0028 Dscf0029

ヤングマシンの表紙はあのモモエちゃんです。

今の若い人は知らないんだろう~な~japanesetea

| | コメント (1)

昔のオートバイ雑誌

75年の新車特集の本ですよDscf0025 Dscf0026 Dscf0027

      34年前の本です 懐かしいバイクのオンパレードです。 50歳前後の人にはですが、、、coldsweats01

| | コメント (6)

ツーリングの案内

ツーリングのご案内です

11/2() 

集合場所はいつものparkingとトコトコクラブ前

時間は 8:30までに集合、出発でdashdash

行き先 紅葉が始まったで有ろう帝釈峡方面

参加freeです。初めての人もok 「原付は今回ng

本年度はラストツーかも??

寒いと思いますので、確りした(暖かい)装備で

ご参加ください。

皆でトコトコ走りましょう。

BDH トコトコツーリングクラブ

| | コメント (2)

写らん会  MJバイク

明日10/26(日)はMJバイクの写らん会の日です。

場所は9月にオープンした道の駅「湖畔の里福富」

13:00~  とMJの雑誌に載っていました。

興味のある人はツーがてら行ってみては

| | コメント (0)

芋といも

トコトコメンバーのJ君が芋のお土産を持って来てくれましたDscf0001 Dscf0002

サツマイモの芋菓子です。 食べ出すとやめれなくなるお菓子

お土産のお返しに、北海道のジャガイモを渡して物々交換です。

こちらは お菓子ではなく、生ものですが、、、ジャガバターとかで

早めに食べてください。

| | コメント (0)

さつきフラワーパーク

ツーリング仲間の[シャツのD君]からお知らせが

D君の一番かわいがっている後輩の人が、

五月ヶ丘にオープンしたばかりのフラワーパークです。

市内~恋(己斐)峠をupwardrightそしてdownwardrightすると直ぐ右に見えてきます。

花に興味のある方、園芸に関心のある方覗いてみては

如何でしょう。

by Odairi

| | コメント (0)

FZ750のポジションランプ

ひとつ余ったLEDランプがあったので、FZのPランプを交換しましたDscf0001_2 Dscf0002_2

純正です。Dscf0003_2

LED仕様です。Dscf0004_2

ソケットごと交換しました。

あまり明るくは無かったですcoldsweats01

(追)

ブラックI君Dscf0005

パーツ入りましたよ~

でも相棒に乗ることはマダマダ出来ませんよね~

(追)の追

J君のV100のキャブのOリングも入ってますよ~

| | コメント (5)

Todayのエンジン不調

Todayのエンジン不調の修理です。

始動不良及びアイドリング不調の為、色々チェックした結果Dscf0002 Dscf0001

シートを取り外しキャブをO/Hしたり、スパークプラグをチェックしたりと、あれこれした結果点火系統のトラブルに行きつきました。 Dscf0003 Dscf0004

一番の原因はプラグキャップでした。(キャップの中でリークしている様です) 左がその画像で純正を外して違う物を取り付けてエンジン始動すると今までの症状が嘘のように出てこない。 まず普通?のTodayには戻った感じです。 IGコイルに繋がっているリード線の接触不良も考えられるのでギボシ部分のチェックと修正も行ないました。

全てのTodayに起こる事では無いでしょうが、4~5年位乗った車両はチェックはした方がいいかもですよ。

| | コメント (0)

使いすぎ

フロントブレーキ廻りから変な音がDscf0019 Dscf0020 Dscf0021

ブレーキパッドが、、、

こうなる前に交換です。 今回はディスク板も削れ大変なことに ディスクブレーキはパッドが減っても効きが変わらず判断しにくいのでマスターシリンダの点検窓でフルードの量をチェックし最後にキャリパー側で目視点検ですね。 

| | コメント (0)

イッパイ メイッパイ

M君の差し入れ~みっつの差し入れでDscf0013

小型冷蔵庫の中は缶beer

満タン状態

久しぶりにアルコールが入りました

暫く(月内)は持ちそうです。

ありがとう 確り飲みますよ~happy01

| | コメント (3)

JOG駆動系のゴロゴロ音

長く乗り続けていると色々なところから音がします。

JOGの駆動系も異音が発生しました。 クラッチ側のプーリーか

ギヤBOX内のベアリングがngでしょう。  早速チェックですDscf0001_4 Dscf0002_3 Dscf0003_3

最初にキックを取り外し、次にクラッチカバー(樹脂製)を外します。

Dscf0004_2 Dscf0005_2 Dscf0006_2

エアクリーナーBOX取り付けボルト2本を外し、ケースカバー取り付けボルトを全て外し(カバーセンターボルトも忘れずに)クラッチカバーを取り外します。Dscf0007 Dscf0008 Dscf0005_3

クラッチハウジングを取り外し、プーリーのみシャフトに戻し手で回して異音を確認しましたが、此方はスムーズに廻っていました。 NGなのはギヤBOXの中と言う事です。 JOGの場合ドライブギヤのベアリングが壊れる事が多いようです。Dscf0006_3 Dscf0007_2 Dscf0008_2

先ずはケース下のドレンボルトを外しギヤオイルを抜きます。 ギヤBOXケース取り付けボルトを外しシャフトごとカバーを外します。この時ワッシャーが落ちる事があるので慎重にDscf0009 Dscf0010 Dscf0011_2

左画像のベアリングがng ベアリングを抑えているワッシャーを外しドライブシャフトのオイルシールを抜き、その奥にあるサークリップを取り外します。Dscf0012_2

分解出来ました

Dscf0020 新品のベアリングひ打ち替えます。

特殊工具が無くても工夫すれば簡単に取れ打ち替え出来ますよ。Dscf0021 Dscf0022

打ち替え後ドライブギヤを組みサークリップを留めオイルシールを打ち込みます。 そして忘れずにベアリングを抑えるワッシャーを組むようにsign03 ここまで組めたら新品のG/Kをセットしカバーをケースに組みます。 ここで手回しで音を確認ゴロゴロ、ガラガラは言ってません。完璧です。 次にギヤオイルを用意し規定量(100ml)いれ完了です。Dscf0023 Dscf0024 Dscf0025

今回はキャブのインマニとクラッチハウジングも新品交換しましたDscf0019 Dscf0009_2 Dscf0010_2

インマニはクラックが凄く、ハウジングはかなり振ってい使い物にならない状態でしたので

これで 気持ちよく走れると思います。happy01

それではbeer

| | コメント (0)

ライトカウル

Yオークションで買ってしまいましたDscf0011

縦型の2灯式ヘッドライトカウル

千葉のI君やマジェ乗りのN君の

好きなタイプです。

ストマジにでも付けようかと思って、オークションを覗いたら安いのが出品されていたので衝動買いです。Dscf0012

| | コメント (3)

リード110のオイル交換

ホンダリード110(中国製)のオイル交換です。Dscf0044

このエンブレムのリードです。

あまり多くは見かけないですが

メットインスペース(シート下)は

広いスクーターです。

では、オイル交換をDscf0045 Dscf0046

エンジンを暖機運転し少し温めて、オイル受けをセットし、クランクケースの右下にあるドレンボルトを抜き取ります。 ソケットレンチで回し抜くのが火傷をしないので安心です。

Dscf0047 Dscf0050

真っ黒いオイルが出てきていますがこれで普通です。オイルとしての仕事をキッチリすると黒くもなりサラサラ(水っぽく)になって出てくるものです。 私は暫くそのままで抜いて出きった頃車体を少し傾け、更に中に残っているオイルを出しきります。

因みに抜き取った廃油は専門の業者さんに回収して貰い、そこでリサイクルされA重油相当の油に生まれかわり、ボイラーの燃料として使われています。(廃油の4~6割位はリサイクル出来るようです)

Dscf0048 Dscf0049

次にエンジン右のファンカバーの横にあるオイルキャップ(レベルゲージ付き)を抜いてパーツクリーナー等でオイル分をふき取ります。

ここで忘れがちなのが、オイルドレンプラグを締め忘れオイルを入れてしまうことsign01 先ずはドレンを閉めましょう。Dscf0051

閉めた後に新しいオイルを用意すればok

Dscf0052 今回はモチュールオイルで

約0.7リットルです。

新品のオイルは茶褐色(飴色)です。

Dscf0053 Dscf0054

オイルをゆっくり入れていき、レベルゲージにて入っている量を確認します。 この時ゲージは差し込むだけでOK(回しこみません)

ほぼ規定量が入ったらキャップを閉めエンジンスタート 暫くアイドリング後、軽くスロットルをスナップし回転を上げエンジンストップ。Dscf0055 Dscf0056

再び、オイルの量をレベルゲージにてチェック

ゲージの先のギザギザの部分にオイルがあればok

キャップを確り閉めて完了です。 新しいオイルを入れるとエンジンも元気を取り戻した様にキレイに廻ってくれているように感じますよ。

ここから、このリード110のメットインスペースについてDscf0057 Dscf0058

ヘルメットが2個入ってしまいます。フルフェイスとジェットヘルが1個ずつ 凄いでしょう。

Dscf0059 Dscf0060

画像のようにフルフェイスが前、ジェットが後ろでシートが閉まりました。反対は少し無理がありましたhappy01

タンデムで走るときなどは、大活躍しそうなスペースと大柄な車体は魅力です。

| | コメント (2)

ついて行ったツーリングレポート

2008.10/19(日) B.Sウエスト主催ツーリング  天気sun

朝9時にウエストparkingに集合 今回は9時には殆んどメンバーは集まっていて

遅れてきたのが企画をしたM君 とは言っても前回参加した時に比べ凄く

スムーズな進行状況 今回はMJ(バイク雑誌)の人も参加で盛り上がっています。

Dscf0001 Dscf0002 Dscf0004 Dscf0005 Dscf0006 Dscf0007 Dscf0008 Dscf0009 Dscf0010 Dscf0011

出発前の記念写真」です。

若い人の集まりで、我がトコトコツーリングクラブの初期の頃を思い出します。

AM9:30過ぎには出発 先頭はウエストのA店長  今回のツーリングに向け試走をしてまで 望んでいます。 や~るね~happy01

ルートはウエストparking~毘沙門~高陽線を北上Dscf0012

約1時間走り1回めの休憩です。

トコトコツーでお馴染みのCVS

総勢で20名もいるとトイレ待ちだけでも

時間は掛かります。

ここまでは大きな乱れも無く快調に進んでいます。 次は一気に目的地のフルーツの森平田観光農園を目指します。

甲田~国道375~県道45で12時前に農園に到着しました。Dscf0013 Dscf0014

早速お昼ごはんです。Dscf0015 Dscf0016 Dscf0017 Dscf0018

各自が好きな物を頼んで食べましたが、感心したのは20人のバラバラのオーダーを短時間でこなして出してもらえた事です。 因みに私は栗ご飯定食をいただきました。 しかしウエストのツーリングメンバーは食後のイップクとタバコを吸う人が多い事punch 我がトコトコクラブは殆んどタバコを吸わないのでビックリしました。

おなかも落ち着いたところで、いよいよ本番の果物狩りです。

りんご、ぶどう、なしと色々あるのですが、皆さんなし狩りです。Dscf0019 Dscf0020

実は梨を取らなくても画像の白い箱の中に冷やした梨を用意してあります。

豊水と20世紀は食べ放題 しかし入場料の元を取るには大きな梨で3~4個は食べないと私は小さい梨3個でギブアップでした。 Dscf0021 Dscf0023

Dscf0022 この写真はヤ○セで実際は

取っていません。

形の悪い梨が写っていますが

これがすごく おいしいのですよsign01

しかし梨狩りも時間がかからず直ぐに食べ飽きてしまい、予定に無い(いやあった様な)ルートに、、、なんと今から庄原の丘陵公園に行きましょうと そして先頭は私Oが、ここからついて行く筈だったのツーリングのスタートです。

ルート375~三次~広域農道で一気に丘陵公園にPM2:30過ぎ到着Dscf0025 Dscf0026 Dscf0027 Dscf0028

満開を少し過ぎた感じのコスモスです。

花祭りの最終日でも沢山の人で賑わって

いました。Dscf0029 Dscf0030 Dscf0031 Dscf0032

ここからが、この日一番疲れた遊びと、、、Dscf0033

画像はこれしかありません

三角ベースボール大会が始まってしまい、巻き込まれました。 この適当な感じの草野球が結構白熱 久々に投げたり走ったりrunで大汗状態sweat01 もっと歳を考えて遊ばないといけないと思いつつ結構楽しんでいる自分が若いな~と思います。

時間はPM4:10 そろそろ広島に向け帰らないと日が暮れかかっています。Dscf0034

丘陵公園を後に先ずは皆さんの相棒に

ガス補給です。 一旦三次方面の国道

に出てGSで給油~R54の三次過ぎCVSにて

トイレ休憩 この頃はもう薄暗く私のFZも久しぶりの

ナイトランです。

Dscf0035 Dscf0036

今回のサポートカー アコードワゴン 

途中で窓が上がらなくなったりとお茶目な車です。

ここからいつものトコトコツーのルートで54号を帰らず山越えです。 とても面白いルートですが、真っ暗であまり楽しめなかったでしょう。 参加の皆様機会があれば明るい時に走ってみてください。

そしてPM7:30前にはウエストparking②無事到着。 ナイトランの為いつも以上に気を使いましたが皆さん大きなトラブルも無くツーリングが出来ましたことに感謝致します。

また機会があったら、皆さん一緒に走りましょう。

Dscf0038 Dscf0039 Dscf0040

お疲れの相棒たちのメンテもしてあげましょう。

Dscf0041

終了後の記念写真です。

バイク 13台

サポートカー 1台

総勢20名  走行距離233km

本当にお疲れ様、 私身体中痛くて力が、、、

以上 ついて行った?ツーリングのレポートでした。

(追)今回行きの先頭を走ったウエストA店長の相棒

ホンダCX650ターボですDscf0043

超が付くぐらいの希少車ですが

本人2台目です。

ターボも絶好調との事です。

大切に乗り続けて下さい。

| | コメント (0)

ついて行きました

本日はB.Sウエストのツーリングです。

目的地は三次の平田観光農園

ここまではついて行きましたよ 詳しいレポートは後日で

何故なら 若い人たちと(親子位歳が違う)遊びすぎて身体が、、、Dscf0003 Dscf0014 Dscf0023

| | コメント (0)

じゃがいも

本日届きました

北海道産のジャガイモです。Dscf0034 Dscf0035

毎年この時期に付き合いで購入しています。とても新鮮でおいしいジャガイモです。

サイズもバラバラで土つきで送ってきますいかにもって感じが良いのです。

銘柄は農林31号(とうや)と言う芋で10kg 我が家だけでは食べきれないので、メンバーの皆さんにも少しずつですが お裾分け致しますので早いとこ顔を出してください。

| | コメント (0)

告知②

本年度の最終ツーリング(予定)のご案内

来月の2日の日曜日に2008ラストツーリングに

出かけたいと思います。

行き先は未定ですが、毎年恒例の紅葉狩りツー

の予定です。 

確りした装備で、暖かくして出かけましょう。

詳細は後日up致します。

2種のラストツーは年内にと言う事で企画します。

お楽しみにsign01

(追)

11/30(日)はピグスープのタカタ最終戦です。

参加の方は早めの準備をお願い致します。

BDH トコトコツーリングクラブ

| | コメント (0)

告知

10/19(日)に

ツーリングに行くかもsign02 当クラブの主催ではありませんが

朝8時半頃クラブ前集合で、B.Sウエストのグループに合流し

三次方面にツーリング予定です。

急ではありますが参加できる方はお集まりください。

BDH トコトコツーリングクラブ

| | コメント (0)

ピグスープの呟き

昨日 広島のミニバイクレースではお馴染みのピグスープの

主催者レーステックのS社長がやって来られました。

仕事やレースの話などで盛り上がっていましたが、、、

自分の所のホームページで中々呟きをup出来ていない。

そこで私が代わりにつぶやきます。

とは言っても説得力が無いでしょうが、レースに参加する

皆様のことを思っての意見だと思います。

大まかに言うとサーキットを走る為の装備のことで、

「破れとか、穴あきとかがあるのはまずいでしょう」

とつぶやいて帰っていきました。

今後は車検時にチェックが厳しくなるかもですよsign03

|

ブラックI君が

本日 メールにて連絡がありました。

なんとI君アキレス腱を半分位きった(断裂)らしく

約三週間は動けない様子です。

特に ここ五日間は安静にとのことで、自宅療養中

原因は私の口からは言えないのですが

ヤッチマッタナ~   と言っても仕方ないので

 確り療養して早く動けるよう願っています。

Odairi

| | コメント (4)

マフラーから出てきたものは

みっつのエリミ125のマフラー

純正から交換したカスタムマフラーですが、、、

排気漏れがするのでとチェックDscf0014

エンジン側の取り付けボルトが緩んでいた

グラグラな状態で締め直しでOKと思いきや

一旦取り外して組み直しです。

エキゾーストパイプカラーを逆に組んで取り付ければOKでした。 問題はここからで、あまりにポコポコ(パタパタ)と排気音がショボイ。

そこでマフラーの出口から覗いて見るとサイレンサーの代わりにおかしな物が詰まっている。Dscf0015 Dscf0016

金属たわしのような物が出てきます。 結構奥まで入れてあり中々出てこない。

Dscf0017 ラジオペンチと比べてもわかる位大量に

出てきました。

排気抵抗になっていますね。 すこしカットして

入れ戻しボルトで飛び出しを抑えています。

Dscf0018 早速別売りのサイレンサー(デイトナ製)

を取り寄せです。

消音効果は金属たわしでもありましたが

オークションで買った㊥品は色々ありますね~。

| | コメント (0)

O,J宝くじ 購入

トコトコ宝くじメンバーの皆様

本日O.J宝くじを買ってきました S,Jより少なめの枚数です

が 大当たりすれば問題なしsign01 今回はいつもの買い方を

止め、少し冒険しています。 吉と出るでしょうかsign02Dscf0013

メンバーの皆様、抽選日まで

色々と夢を描いて待っていましょう。

| | コメント (0)

V100も相棒

SUZUKI アドレスV100   オーナー SAKU坊Dscf0050

2種ツーの相棒です

実はこのV100 私Odairiの手がけたカスタムの壱号車なのです。

完成途中でSAKU坊のところに行ってしまい地味?に進化中です 車体はいいので、サイドカバーをノーマルと取り替えて★いところです。happy01

| | コメント (0)

2種でトコトコ?行った門前湯治村②

2種ツーの続きです 

Aコープのparkingで緊急修理を行ないます

しかし工具らしい工具は無くプラスドラーバーも短い物

しか持って出ませんでしたのでエアクリーナーBOXを取り外す

ことも出来ない状態 BOXを外さないとキャブの作業が出来ない

唯一使えそうなのがP-JOYの車積工具のドライバー

キャブを取り付けるボルトはスペアパーツBOXの中にあり助かりました。Dscf0005

Dscf0006 右の画像の黒いドラーバーが大活躍をしてくれました。 

キャブの取り付けボルトは6カクレンチで回せるのを選び何とか修理は完了

エアクリBOXを付けキック 見事よみがえりましたdashdash これで全員で広島目指して帰れます。

しかし10分も走らないうちに又キャブが緩んでエンスト 続いて緊急修理です

この修理をしている場所 実は前回の2種ツーでトラぶったこのV100を置いて帰った場所このV100(C)はこの場所が気に入っていて動きたくないと言っているよう思えます。

しかし帰る為修理ですが2回目ともなると時間もかからず即?終了。 この先のGSを目指します。

千代田のGSで相棒(V100とセピア)たちに燃料補給 私のストマジは斜め前のCVSで携行缶より補給です。

ここで マタマタV100のキャブ修理  なぜならオーナーのJ君「アイドリングが高いような気がするんです」この発言によりキャブのOリングが落ちているのに気がつかず組み直した可能性が、、、早速チェックの為、完全にキャブを取り外すところまでバラしました。

おー Oリングありません すぐに緩むわけです。 急いでパーツBOXの中を探すと、1個ありました。 確り組んで完了です。Dscf0045 Dscf0046

三度目の正直と言う事でこれで完璧でしょう しかし少々不安なのでここから広島までは自分が乗って帰ることにしました。

今回参加の相棒の記念撮影です。<千代田のCVSにて>Dscf0048

エイプ100 (SAKU坊) V100 (ブラックI) 

セピア改 (GR) ストマジ(O) V100 (J)

以上5台の相棒です。

撮影後広島までV100はご機嫌で、キャブも問題無く最高のパフォーマンスを見せながら帰ってくれました。 

しかし2種ツーは楽しいです。 一生懸命走らせている感があり、相棒の目一杯の頑張りもありで今年中にもう一回出来れば行きたいですね。Dscf0049

PM4時半、いつものparkingまで帰ってきたところです。スタート時と同じ台数でゴール出来ました。

本日の走行距離 108km

参加の皆様お疲れ様でした。

ここからは反省会です。 本日は反省箇所が、、、Dscf0001

カンパ~イDscf0002 Dscf0003

あれやこれや色々食べ尽くしデザートも食べ、、、〆にDscf0004

大盛りのソバを食べています。(J君アンドブラックI君)なぜなら今日の反省点は食べ足らなかった事らしい

昼から食べまくっていたのに ありえんけ~ こんな調子で反省会は終わりました。

私の反省点は、2種ツーにはもっと工具をもっていく事sign01 ま~ノーマル車にはあまり関係ないでしょうが 結論ノーマルが良いのでは アハッハend

| | コメント (1)

2種でトコトコ?行った門前湯治村

2008.10/12(日) 天気sun 

朝9時集合なのに8時半ごろからメンバーが集まってきている

9時までにはV125のらいだけ君以外は集まりました。Dscf0004

mobilephoneすると、なんとらいだけ君仕事で不参加 坂道バトルを楽しみにしていたので

ガックリ テンションdown しかし天気は最高のツー日和 スタートです。

クラブ前~恋峠~久地峠~大田川と普段はツーリングの帰り道として良く走っているルートを逆走しています。 可部付近から千代田に上っていく頃は寒くてたまりません。そしてストマジお尻が痛いです。coldsweats01

Dscf0005 千代田の手前のCVSで最初の休憩です。Dscf0006 Dscf0007

とても懐かしい軽トラに遭遇 2ストのマツダポーターです。

ここまで走らせてストマジのセティングはかなり良い状態で坂道も問題無く加速してくれました。happy01

しかしあまりの乗り心地の悪さ?にマシンチェンジです。

SAKU坊のエイプ100と交換して貰い、一気に湯治村を目指します。 ここからが2種ツーのメインルート(面白い道が続きます)  特に千代田の町を抜け暫く行くとなが~い坂道がいろんな意味で最高です。sign03  が、、、マタマタ、トラブルが発生shock J君のV100が突然のエンストしかも前回の2種ツーでトラぶった場所と殆んど同じ 何かあるかもと思っていましたが本当に成るとは 私Odairiショックを隠しきれません。Dscf0008

門前村の入り口付近のAコープに緊急ピットINです。

J君曰く、突然にエンジンが止まったとのこと、また焼きつきとかか?  しかしキックは下りるし圧縮もありそうです。 キックし続けると何やらおかしな吸気音  なんとキャブが外れかかっている。Dscf0009

V100のオーナーの方は経験した事があるかものトラブルです。よく見ると2個所止まっているボルトの1本が抜け落ちている。本日はサポートのP-JOYが出遅れの為何も出来ない。工具もスペアパーツも無い

時間は11時過ぎ とりあえずすぐそこが目的地なのでJ君はSAKU坊のエイプ100でタンデムツーと(2種ツーは2人乗りも出来るので助かります)なりました。Dscf0010 Dscf0011

Aコープから2分も走れば着きました。 神楽門前湯治村です。頭を下げて迎えてくれてます。

今回は前回とは違う風景をメインにお送り致します。Dscf0013 Dscf0014

ここはいつもの入り口を入ってからの風景です。

Dscf0020 Dscf0021 Dscf0018 Dscf0019

湯治村には何回も来ていますが、今回初めてこの蔵で昼ごはんです。 おまかせランチをいただきました。950円 しかし食べ終わって店を出てランチセットのデザートとコーヒーを出してもらっていない事にきずきました。 ランチはおいしかったです。

Dscf0022Dscf0035_2  Dscf0023 Dscf0024 Dscf0025 Dscf0015

Dscf0043 おいしいコロッケもあります。となりのパン屋さんもおいしいですよ。

ここからは、神楽村といわれるところの画像も少し

Dscf0017 Dscf0026 Dscf0027 Dscf0028 Dscf0029 Dscf0030 Dscf0031 Dscf0033

展示館の中には明治時代や江戸時代のものもありました。 行かれたら是非ご覧下さい。

次は懐かしの看板とふる~いtelephoneDscf0034_2  他にも色々ありますが枚数の都合で、、、

Dscf0040 Dscf0041 Dscf0042 Dscf0039

Dscf0016 これはGR君の見つけた幸運の四つ葉のクローバーcloverです。良くわからない画像でスミマセン。Dscf0036

Dscf0015_2 Dscf0037 Dscf0038

懐かしい昭和のおもちゃもあったりします。

SAKU坊は娘にお土産を買っていました。 アンド奥さんにも色々

昼ごはんは各自バラバラで食べ、ご飯以外も沢山食べ(J君、B.I君) お土産を買いのんびりと時間を過ごしましたが、問題も残っていて私は少し気が重いsign02Dscf0044

此方は裏門を見た湯治村です。

2時過ぎに村を後にし、V100の待つAコープparking

出来る限りの修復を試みます。

果たしてどうなったのでしょう

続きは後日up予定です。

| | コメント (1)

2種ツー リベンジは、、、?

10/12(日) マズマズの良い天気で気持ち良く走る事が

出来ま、、、、。 6台で出発の予定がらいだけ君の不参加で

5台でのスタートとなりました。 しかし昼前に1台トラブル発生shock

前回に次いでまた今回もリタイヤが出るのかDscf0009

この画像の車種は、もしや前回リタイヤのV100では

目的地を目の前にして、いきなりのエンストです。

ハタシテ原因は このままでは前回同様、本日二度目のツーリングですと言って軽トラで出動になります。

結果はどうなったのでしょう。  レポートは後日致します。 今から本当の?反省会です。

| | コメント (0)

明日仕様

こんなんになりましたDscf0001 newDscf0002 Dscf0003

仕上げのステッカーチューン 少しやり過ぎでしょうhappy01

この仕様は朝までは持たないかも? 今日は早く寝てsleepy 明日に備えます(予定) beerカンパ~イ

| | コメント (0)

チェックOK?

いよいよ明日 2種ツーです。

最終チェックをして万全の態勢で臨みます。(大袈裟な)

バックステップを試したり、止めたりですDscf0042 Dscf0043

結論はB/Sはレース向き、ツーリングはノーマルステップが楽ですね~

各部の増し締めをして本日は走行テストもしません。 何故ならこのストマジ シートの肉厚が少ないため、5分も走るとお尻が痛くて身体が持ちません。

Dscf0044 混合ガソリンと2サイクルオイルです。

10㍑タンクに半分の5㍑分を作って用意してあります。

充分足りるでしょうが念のためのオイルも持っていきます。

これで、完璧でしょう。sign03

V125との坂道勝負?が楽しみです。

| | コメント (0)

2種ツーに向け⑥

後2日 仕上げに向けラストスパートです。

走行フィーリングがイマイチの為、色々迷うところですが

最後の手段、、、妥協ですhappy01  町乗りですし、、、

な訳には行きません。 各部の見直しです。Dscf0028 Dscf0029

エンジンを暖気後プラグを抜きコンプレッションの測定です。ゲージはヤマハ製です。

Dscf0030 Dscf0031

Bプラグ用のアタッチメントを取り付け、ホースを繋ぎます。

Dscf0032 Dscf0033

ホースにゲージを繋ぎ、スロットルを全開にしてキックを何回かします。(このストマジはレース用にセルを取り外しているので)ストリートはセルが欲しいところです。圧縮圧力は規定値内 とりあえずokとしときます。 パンチ力を出すのに圧縮を上げようと計画をたてていたのですが、これはまたの機会に致します。Dscf0034

スパークプラグはデンソーのイリジウム(9番相当)から、NGKのイリジウムの8番プラグに交換しました。

キャブはMJ♯100 PJ♯17.5と過去最高に大きい番手まで上げてみました。 ここまで上げ上げで走ってみてもプラグはカッブテきません。 いけそうです。happy01

エンジンがマズマズのところまで仕上がってきましたので、駆動系の見直しです。

スタート直後の車速の落ち込みを解消するため、WRのグラム(重さ)のチェック&その他チェックです。Dscf0035 Dscf0036

クラッチカバーを外しドライブ側のプーリーを取り外します。

WR(6ケ使用)のトータルの重さを量り現状より少し軽めのセッティングを試す事にsign01

Dscf0038 Dscf0037

今回のトータルのグラム数は50g+少々です。

Dscf0039 Dscf0040

プーリーレンチを使用してpaper力で締めています。

スタータードリブンギヤが画像に写っていないのは セルを取り外し使わないので削りこんでカラーぐらいの大きさにし組み込んでいます。ディスクグラインダーで時間をかけコツコツやれば削れますよ。

Dscf0041 クラッチカバーを元ドウリに取り付け

確り磨いて完了です。

走ってみましたが、この一週間では最高です。坂道の走行は問題の無いレベルまできています。

本日は混合ガソリンも作りましたので、これで一応準備は完了です。

12日が良い天気だと、千代田ぐらいで最高のパワーが出る予定です。 なにせ私はリベンジツーリングですからhappy01 完走目指して頑張りますよ~beer

| | コメント (0)

今年もきました

ナナフシ(9/23) クモ(9/25)に続いてDscf0027

V100のシートに乗っています。

そう 螳螂です。

不思議ですが毎年(ナナフシ クモ カマキリは)やってきます??

3種類揃ったら秋が来たと感じられる今日この頃です。

| | コメント (0)

2種ツーに向け⑤

3日後に迫ってきました2種ツーに向け

外装のチェンジとハンドルの交換です。Dscf0018 Dscf0020 Dscf0019

レース仕様の外装に交換です。

ハンドルは初期のレース用

本日はチャンバーを外しノーマルのマフラーでの走行テストも行い、ノーマルの凄さを思い知った日でもあります、、、がツーはリアライズのショットガンマフラーで行きますよ~。

走りもですが、見た目も重要ですから   キャブのセットUP決らずで駆動系のマッチングも決められないと  間に合うのかツーリングにの状態です。coldsweats01coldsweats02weep

トップスピードを落としてでも、坂道を登るようにしたいところです。

| | コメント (0)

リトルカブ ウインカーレンズ交換+おまけ

沢山のM君の中の1人 

リトルカブのM君のチョイ(C)です。Dscf0006

Dscf0007_2 ノーマルのウインカーレンズをタケガワ製に交換です。

Dscf0008 Dscf0009

先ずはリヤから ウインカーボディの下の取り付けビス(+)を取り外しレンズを引き抜きます。次にバルブカプラーを回し抜き取ります。

Dscf0010 Dscf0011

純正のバルブを抜きオレンジバルブに交換します。

後は元どおりに組めば完成です。 マルチリフレクター風のウインカーに成りましたね。

続いてフロントの交換です。Dscf0012 Dscf0013

リヤと同じ様に取り付けビスを抜きレンスを引き出します。

Dscf0014 Dscf0015

オレンジバルブに交換しレンズ本体を元に戻し完了です。

組む前にキーONで点滅をテストしましょう。

Dscf0016 Dscf0017

フロントはこんな感じになっています。

右の画像(オマケ)は先日つけたマフラーのバッフルをセミレーシングに交換した図です。

| | コメント (0)

2種ツーに向け④

12日の2種ツーに向けDscf0001 Dscf0002

町乗りを考慮し、レース用に使っていたハイスロをやめ、ノーマルのスロットルに交換です。

乗りやすくなると良いのですがsign02

外装も交換予定です。Dscf0008

このトラッカータイプは止めるかも?

色塗りが思うように捗らない為、思案中です。

| | コメント (0)

相棒はエイプ100(C)

HONDA エイプ100      オーナー ミヤ君Dscf0064_2

先日完成致しましたエイプ100のカスタム

第一段階はここまでと決め始めた(C)は完了

外装は派手にせず機能を充実させるカスタムは

成功といえる内容ですね。

本人曰く、左右2本だしのマフラーに交換したので転倒は出来ないので、コーナーを攻める事は控え直線のみ頑張るとのことhappy01 

カスタム内容は少し前のブログをご覧下さい。Dscf0021 Dscf0026 Dscf0031 Dscf0032 Dscf0037

| | コメント (0)

朝から

本日の朝一のtelephone  AM8:30

N君(SAKU坊)から、知り合い(此方もNくん)のバイクがエンストで動かない

SOSである。 直ぐにmobilephoneで連絡 引きとりに行く事にsign01

普段は9;30頃から動き出しますので少々身体が、、、

急いで支度をして軽トラに乗り込み引き取りにdashdash

待ち合わせの場所に到着 カスタムSRを積み込みます。

久しぶりにこんな時間に100m道路を走りました。

症状を聞いたときは、バッテリー関係かと思っていましたが

積んで帰ってチェックをするとな な なんとガソリンが

入ってい、、、、、、、、たのですが、す す 少ない 明らかに

ONでは落ちてこないであろうと思える量です。

負圧コックを直だしの位置にし、セルを回すと一発でエンジン始動

結果ガス欠状態(ONの位置では)  バッテリーは12V以上あり

充電電圧もOKでした。 朝からの騒ぎはアッケナイ幕切れとなりました。

長くバイクに乗っている人も、少ししか乗っていない人も経験したことが

あるかと思います。coldsweats01

皆様もガソリン量のチェックはしましょう と言うお話です。

今回の記事はご本人に許可を頂いています。

N君 相棒をこれからも大切にし、長い付き合いのできる様

ガソリンを入れましょう。happy01 

by Odairi

| | コメント (0)

エイプ100 カスタム開始③

エイプのカスタム マフラー&ブレーキ オマケで

タイヤも交換です。Dscf0033 Dscf0034

純正マフフラーを取り外します。熱いので気をつけて作業をしましょう。

このクラスのパーツは軽いので助かります。

Dscf0035 Dscf0036

先ずはエキパイを取り付けます。次に左のタンデムステップを外しマフラー取り付け用のステーを共締めします。 左右2本だしの為です。

Dscf0037 右は純正の取り付けステーを使用します。

全体を仮止めしておき、位置が確り決ったら各ボルト、ナットを本締めいたします。

いい感じに付いているでしょう。 しかし左のマフラーパイプにサイドスタンドが干渉いたします。㊥だから?とりあえずスタンド側にアルミテープを巻き対応です。

ここからはドラムブレーキの中のシューの交換です。

本来はここで一応のカスタムは終了でしたが、全体の仕上がりバランスから観てタイヤがオカシイ FがノーマルでRが130/70ロードタイヤの為リヤ下がりのアメリカンな状態 これを解消するため前後をロードタイプのタイヤに交換する事にsign01

チョイスしたのはBSのBT601のワンコロタイヤ、公道はマダマダいけますよ~。

Dscf0038 Dscf0039

フロントを浮かせアクスルシャフトを抜きホイールごと外します。

Dscf0040 Dscf0041

フロントタイヤを交換後、ブレーキシューを取り替えます。

今回はデイトナのシューを使いました。

Dscf0042 純正より確り効いてくれると良いのですが、、、

新品はアタリがでるまでナラシをして効きを確かめましょう。

本人はディスクブレーキ化を考えているようですが、少々先のことになりそうですね。

Dscf0043 Dscf0044

続いてリヤのシュー交換です。

画像はありませんが、タイヤも交換はしています。

サイズは前後NSR50と同じです。

Dscf0045 リヤのシューを取り替えたところです。

後は元どうりに組みなおし完了です。

3回に分けてUPしましたが、約半日で仕上げています

疲れた 疲れた

尚完成した車両の画像は後日up致します。

今日も2種ツーに向け、ストマジのセットUPは続きます。

キャブの細かいセッティングで悩んでいますのでsign02

| | コメント (0)

エイプ100 カスタム開始②

ミヤ君のエイプ100のカスタム(エンジン、車体廻り編)

キャブレターの交換です。Dscf0023 Dscf0024

ノーマルキャブを取り外し交換するケイヒンのPC20と大きさを比べているところです。 町乗りにはジャストサイズのキャブだと思います。

Dscf0025 Dscf0026

キャブを取り付け、UNIフィルターを付けたところです。

スポンジタイプで吸入効率は良いですがrainには弱いかも?

続いてハンドル関係の交換作業に入ります。

Dscf0027 Dscf0028

フロントブレーキ、スロットルケーブルを外しホルダーも取り外します。クラッチ側も同じ様にS/Wごと外してしまいます。最後にハンドルホルダーのボルトを4本取り外しハンドルバーを取ります。

Dscf0029 Dscf0030

交換用のデイトナのハンドルです。ロータイプの為一旦クランプバーを外さないとハンドルホルダーがセット出来ませんでした。

Dscf0031 Dscf0032

集合S/W、クラッチレバー&ホルダー ブレーキレバー&ホルダーと各ケーブルはタケガワ製 ハイスロはデイトナ製です。 タケガワのS/Wは変換用カプラーやウインカーリレーがセットされていて全てボルトオンなのですが唯一ヘッドライトのカプラーは出来が悪く三箇所の固定用の爪を曲げ加工致しました。 このS/Wはパッシングが出来、ウインカーはプッシュキャンセルになり便利です。

日にちが変わりましたのでここまでとさせていただきます。

M君が沢山で賑わっていて8時から書き始めこの時間までかかりました。

| | コメント (0)

2種ツーに向け③

10/12の2種ツーに向け

ストマジ調整中

キャブのセッティングの関連でDscf0062

ファンネルとパワーフィルターで少々悩んでいます。

先日まではデイトナのパワフィル(画像の右端)で行こうと思っていましたが、いまいち、フィーリングが良くないので違うのを試しています。 Dscf0063

今のところ、このキタコのUNIフィルター(スポンジタイプ)が良い感じです。ファンネルで合わせるほうが簡単ですが、ストリートを考慮し、パワフィルで行きたいところです。

| | コメント (0)

エイプ100 カスタム開始①

ミヤ君のエイプ100のカスタム始めます。Dscf0001 Dscf0002 Dscf0003 Dscf0004

ほぼノーマルのエイプです。 フロントのダウンフェンダーとミラーはカスタムしてあります。 今回は沢山のメニューをこなしていかなくては

これだけのパーツを交換です。

Dscf0005 Dscf0006 Dscf0007

ハンドル関係、キャブ&マフラー、ブレーキそして電気廻りと沢山のパーツで一杯ですね。

最初に取り掛かったのは、純正のバッテリーレスから12Vバッテリー電源キット(POSH)の取り付けです。

Dscf0008 Dscf0009

電源キットとバッテリーです。

バッテリーはキトには含まれませんので別に用意しました。 しかし値段が高いweep

取り付けに関しては、詳しく書いてある説明書がありますので、確り読んで行なえば大丈夫でしょう。

Dscf0010 Dscf0011

シートを取り外し、左右のサイドカバーを外します。

Dscf0012 Dscf0013

エアクリーナーBOXを取り外し、ガソリンタンクを外したところです

フレームの状態になっているのでこの時に磨いておきます。 度々は出来ませんので。

Dscf0014_3 Dscf0015

取り外したパーツです。

次にヘッドライトの取り外しです。

ここまで説明書どうりです。

ここからがキットの取り付けです。Dscf0016 Dscf0017

エアクリーナBOXを取った後にバッテリーケースをセットします。左右があるので間違わないように タイラップで固定です。 そして充電済みのバッテリーを取り付けます。

Dscf0018 Dscf0021

バッテリーハーネスをセットし各配線を繋ぎます。 電子S/Wはリヤフェンダーに取り付けました。すっきり付いているでしょう。そのためシートの裏のマッドガードのデッパリは切り取りました。 配線に関してはレギュレターの発熱に気をつけ取り回しをしましょう。 そしてスカチューンの場合は見た目も考えてですかね。

Dscf0019 Dscf0020

今回はIGコイルも交換とのことで取り掛かりました。 しかしアースを取るタイプなのですが、コイルの取り付けボルトはアースで一杯今回は無です。 スマンcoldsweats01 次回取り付けます。

Dscf0022 ホーンも交換です。

バッテリーレスの電子ホーンから、通常のホーンに取り替えました。

ヘッドライトの下にまるで純正のようについているでしょう。

ここまでで電気廻りは完了です。 おっとコビネーションS/Wがあった。 これはハンドルの交換時に一緒にします。

パート①はここまで次回はハンドル関係とキャブ、マフラーをお送り致します。

あ~ 疲れた~ しかし作業はまだまだ続きます。

| | コメント (0)

2種ツーに向け②

キャブレターのセッティングも変更

MJ ♯95~♯85 (純正は♯80)

PJ ♯17.5~♯15 (純正は♯15)

ファンネルからパワーフィルター仕様にDscf0060

スピードメーターは140km仕様に交換

デジタルタコメーターもレース車から移植しました。Dscf0061

明日でも走ってみて細かいセットUPは考えます。

公道用なので、乗りやすい仕様に仕上げますよ~

試乗はOKです。興味があればですが、、、

| | コメント (1)

2種ツーに向け

10/12の2種ツーに向け

ストマジ セティング中

サーキット走行ではないので、駆動系の見直しです。

Dscf0046 Dscf0047

駆動系の変更とパーツのチェックの為、クラッチカバーを取り外します。

Dscf0048 Dscf0049

クラッチハウジングを外しクラッチを取り出します。

Dscf0050 Dscf0051

センターナットを外し、S/Pを抜いてスライドシステムを取り外します。今回のテーマの作業のひとつです。 耐久レースの後のチェックも兼ねて見ておきたい部分でした。

Dscf0052 Dscf0053

グリスも確り効いていて問題の無い状態でした。 今回はストリート仕様に変更の為、画像の青い色のカラーは取り外します。

Dscf0054 Dscf0055

左画像のように全周にボールベアリングをセットし組み立てます。

センタースプリングはノーマルを使用しています。

Dscf0056 今回のセットアップの目的のひとつ

クラッチの交換です。 サーキット仕様より少し重いウエイトの110用の純正クラッチに10%UPのクラッチS/P仕様です。

これで、スタート時のクラッチミートのタイミングが変わります。

少しは走りやすくなると思います。

Dscf0057 Dscf0058

リヤ側のプーリーを元に戻し、ハウジングを取り付け、今回のセッティング変更は完了です。

Dscf0059 見た目は変わっていませんね

中身はストリート用に

12日が楽しみですが、、、、

まだ、足回りの整備が必要ですので、再度メンテです。

2種ツーリングに参加の皆様は「フル装備」にてお越しください。 レーシングスーツでの参加もOKです。happy01

相棒の点検、整備も確りして万全でスタート出来る様お願い致します。

 

| | コメント (0)

ここはどこ?

問題①Dscf0071_2

これは簡単ですね

ツーリングでは何度もいっていますから

年末に沢山の人が集まって○○計を

回転させるあの場所です。

問題②Dscf0223

ここも綺麗なところです。

海も島も灯台も

広島からなら3時間ぐらいで

着きますので 是非一度

行ってみて下さい。

今年はツーリングではどちらも

行けていませんので、来年はトライ

致します。

| | コメント (0)

懐かしい 表彰台の頃

Dscf0179_2 Dscf0193 Dscf0177 Dscf0195_2 Dscf0196_2

頑張って台の上に上がっていた頃の写真です。

byタカタサーキット  ライダーはIsei、M君、K君

今年はレースは終わりですかね~?

| | コメント (3)

ツーリング案内

お待たせいたしました

2種ツーリングのご案内です。

10/12() 

トコトコツーリングクラブ前に9時集合

行き先 神楽門前湯治村の予定

参加車両は原付二種に限ります。

スクーター ミッション車どちらもOK

紅葉には少々早いのですが、秋を感じに

走りにいきましょうdashdash (初めての人もOK)

ご参加お待ちしています。 

rainの時は中止(延期)と致します。

BDH トコトコツーリングクラブ

| | コメント (0)

エイプ100 カスタム開始

M君のエイプ100Dscf0001

これだけの

パーツを交換

しますよDscf0005_2 Dscf0006_2

交換の状況は後日upします。

| | コメント (2)

ビーノのエレメント交換

ビーノ(4スト)のエアーエレメントの交換です。

ケース内はブローバイガスと水(湿気?)が混ざってマヨ状態

なぜ??? 半端では無い位出てきました。

Dscf0040 Dscf0041

ケースは清掃で、エレメントは新品に交換です。

これで、坂道が快適に登れるとokですね。 マッキー

| | コメント (0)

相棒はバリオスⅡ

KAWASAKI バリオスⅡ     オーナー Kちゃん

Dscf0030 綺麗に乗っている相棒ですね

シートの高さ調整もバッチリ?

バリオスにも乗りなれている感じで

安心できる走りでした。(メンバー談)

Dscf0032 Dscf0031

leftrightこの子がオーナーです。

時間が合えばまた一緒に走りましょう。

| | コメント (0)

エリミ125 仕上げ外装

エリミ125の最終仕上げです。

青の車体色から黒に変更です。 ペイントに出していたタンクが出来上がりました。Dscf0035

いつもながらの綺麗な仕上がりです。

サトチャンありがとう。 

カワサキの純正の黒に合わせてペイントをしてもらいました。

先ずはタンクの取り付けDscf0036  次にメッキカバーの取り付けですDscf0037

タンクが載るとアメリカンバイクだな~と感じられます。

次にサイドカバーとシートを取り付けます。

Dscf0038 Dscf0039

最後にフロントフェンダーを取り付け、全体を磨き、バリアスコートで仕上げて完了です。

ペイントに少々時間がかかりましたが、かなり綺麗なエリミ125に仕上がりました。

ミッツー 未だ少し問題はありますが、大切な相棒として綺麗に乗ってあげてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

TDR250も相棒

YAMAHA TDR250    オーナー D君

Dscf0028 Dscf0029

メインの相棒はCB750F(改)

このTDRは雨の日などの悪天候用の相棒らしくメンテを殆んどしていない仕様です。

他にCB-Fレプリカのモンキーがあり、これがマタマタ(改)で此方は大切にしている相棒

機会があれば紹介したい1台です。 2種ツーに参加してくれ~happy01

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »