« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

ミニバイク観戦

行って来ましたピグスープミニバイク3時間耐久レース

詳細は後日にしますが、結果はgood 表彰台をゲットです。Dscf0086

大激戦のSPクラス第2位 やってくれましたね~ なんとファイナルラップの逆転でクラス2位をとれたようです。

詳しいリザルトをチェックしていませんが、総合でも4か5位だと思います。 お見事sign03

総合優勝は絶頂のカンゴチームが持って行きました。

| | コメント (0)

明日はピグスープ

明日30日は、ピグスープのTSタカタ ミニバイクレースの最終戦です。

我がトコトコチームはエントリー無しですが、BDHチームで1台SPクラスを走ってくれます。

彼らの頑張りを観にいってきます。 マシンはNSR50で3時間耐久レースです。約50台ぐらいはエントリーしていると思われますが、抽選で47番グリッドのスタートとのこと、ほぼ最後尾からの追い上げが見られるはずです。

耐久の決勝は午後1時スタート 今回は応援なのでゆっくり出かけられそうでhappy01です。 レースの時はAM5時スタートですので。

レースレポは明日以降up致します。 目指せ表彰台shine

| | コメント (0)

これはなに

さて問題ですDscf0006 Dscf0007 sign02

これは何でしょうか?  大きさは4cmぐらいで厚みは7mm位でしょうか

キャラクターはチチヤスのマスコット「チー坊」です。

| | コメント (4)

ケータイ

NTTドコモからケータイ通信とやらが送られてきました。

私ドコモ歴10年以上で今だmovaを使っています。

そんなmovaユーザーにFOMAにチェンジしたら如何ですかといった内容の新聞みたいな物を送ってきています。Dscf0004 Dscf0003

しか~し、本来あまりmobilephoneを使わないので、と言うか無くても困らない生活を送っているので現状で充分 もうmovaの電波は使えなくなりましたとNTTが言ってくるまで、使い続けるつもりです。広島弁で言うと「わしゃーヘンクウじゃけ~の~」happy01です。

とりあえず、携帯は電話帳代わりに使っています。

| | コメント (0)

ぴんそば

最近ハマッテいる物Dscf0001

このどん兵衛です

今までの捩じれたソバとは違い

ストレートな麺が食べやすく、いかにもソバを食べているって感じが良いのです。

そして、もう一品Dscf0002

ごんぶとシリーズ

此方は麺もダシも本格的で食べ応えが

あります。がごんぶとは最近食べ過ぎて

少々飽きてきた今日この頃です。despair

しかし最近は、加工食品も色々問題が発生し食べる前にチェックをしないといけない時代になりました。 残念な事ですsign01

アルコール類に問題が発生しなければよいのですが、、、beerbottle

しほ姉 柿があるよ~ 早く来てくれ~ 熟してしまうがな~dog

| | コメント (1)

V100 AD110のキャブ取り付け

本日はV100ネタを  既に沢山の方が行なっている

V100にアドレス110のキャブレターを取り付ける方法を、私なりに行なった手順で紹介致します。作ったのは何年も前なのですが、今日はrain時間が空いてしまい、良い具合にエンジンが一つ外したままがあるので。

まずはこんな感じでと参考になる所があればご覧下さい。Dscf0001 Dscf0002

V100のノーマルキャブレターです。(初期型です)Dscf0003 Dscf0004

此方が、今回取り付けるアドレス110の純正キャブレターとV100のINマニを加工したものです。(加工方法と取り付けのポイントは後ほど)Dscf0005 Dscf0006

V100のキャブをマニホールドごと取り外します。Dscf0007 Dscf0008

110のキャブとINマニをクランクケースに入れていきます。 しかしV100のキャブとは違いキャブ本体のチョーク部分のふくらみがケースに当たってしまい奇麗に収まりません。 そこで画像の黄色いペイントで囲んだ部分を削ります。Dscf0009 Dscf0010

電気ドリルで簡単に削れます。今回は6mmのドリルで少しずつ削っていきました。コツは大きく削り過ぎないよう地道にやることです。削っては合わせの繰り返しです。Dscf0011

削り終わって、INマニを固定したところです。

これが純正かの如く付いていますよ。

何故こんな事をするのか? 答えはBIGキャブ仕様にする為です。 オートチョークも効き、パワーUP(少々)も出来る良いキャブですよ。

そしてノーマルのV100エアクリーナーBOXも加工なしで付けれます。Dscf0012 Dscf0013

Dscf0014 Dscf0015

画像のようにV100の純正の位置に、これがノーマルですの如く付いているでしょう。

後はチョークの配線を繋ぎ、燃料と負圧コックのホースを繋げばOKです、、、が一つ残っていますね。そうです、スロットルケーブルです。 V100はリンク式でキャブの横側からケーブルが入っていますが、110はキャブのトップから入れるタイプ(通常は此方が多いですが)です。V100のノーマルケーブルでは対応しきれません。 そこで登場するのが、デイトナのV100用PEキャブ取り付けキット(品番60154)に付いているスロットルケーブル(41715)が必要です。これがあればL出しのケーブルになりV100のフレームとキャブの隙間で奇麗に収まります。 この商品の画像が無い(パーツを何所に置いたのか?)のでデイトナのカタログでご確認ください。coldsweats01

INマニの製作は各自で色々あると思いますが、BDH仕様はDscf0018

アドレス110のキャブを仮セットし、ドリルで穴をあけます。

若干ですが少し左右に融通がきくよう開けています。

何故なら取り付けのボルトやナットが回しやすい様にです。

Dscf0019 INマニの反対側です。画像の右の穴はV100の純正の形状のままですが、左はテーパーになっている部分をフラットになる様加工しています。

そうしないと取りうけボルトが上手く収まりません。棒ヤスリでここも地道に削りましょう。Dscf0020

そしてキャブ取り付けボルトも一工夫で、キャブの左はナット止め、画像のように右はボルト止めです。 通常のボルトはレンチをかける部分が大きすぎ(10mm)頭が8mmのフランジボルトがベストです。これに変えてもメガネは使用出来ず、スパナでコツコツ回して締めていきます。 AD110のキャブのスタッドボルトを外し両方をボルト止めという方法もありです。

以上やりたい放題、好き勝手に書き込んでいますので、一つの方法とご理解ください。 尚今回取り付けに使用致しましたAD110のキャブは我がストマジ50改のレース仕様のものを借りています。 

ストマジ50にはポン付けで110のキャブは付きます。INマニの穴の大きさが違うのを大きく加工すれば簡単にパワーUPします。(その他の加工も必要ですが)

今回はあくまで、AD110キャブをV100に取り付ける作業のみで 、実際は キャブのジェット類の交換が必要だったり、駆動系の見直し等が後作業で出てきますので、そこんとこヨロシクsign03

| | コメント (3)

やっと完成

本日フロントのブレーキ廻りが出来上がり、やっと走れる状態になり早速試乗に

純正レプリカ?のシリンダKITを組み込んだエンジンで乗ってきました。

思った以上にトルクがあり、アクセルレスポンスもマズマズである。というよりノーマルより力強い感じさえしました。 とは言っても新品のシリンダKITの為、全開テストはしていません。 これから乗り込んでいって結果が出るでしょう。

今回の拘りは、外装は旧型のV100で中身が新型改と言う内容です。Dscf0058

前後の赤いサスが旧型を感じさせます。

実際は AG100Nがベース車両で、エンジンと燃料タンク(6リットル)、フロントラックがAG100Tタイプです。

キャブはN型を使用で、前後ホイールはT型と少し判りにくいカスタムですが、極めつけはミラーです。

最近はこのタイプのミラーをつけているV100は殆んどいないでしょう。 そうですV100の一番初期型の角ミラーです。 何故このミラーにしたか?? 実は8~9年前左ミラーを新品で買って使わないまま持っていました。 ここ最近は楕円ミラーが主流で使う機会が無く、お蔵入り状態 やっと今回の仕上げで使うことが出来ホットしています。 ま~自分勝手なこだわりで仕上げていますのでDscf0059 Dscf0060 ハッハハhappy02

こんな感じです。 エンブレムで旧型をアピールしています。 駆動系はBDH仕様を少し取り入れて仕上げています。 

M君こんな感じで良いでしょうか。

| | コメント (2)

プロステージOIL

もう10年以上使っているオイルがワコーズのプロステージです。

今回フルモデルチェンジ?(モデルでは ないか)

なんと価格UPupwardright このところ油は上がる続けていたのでビックリは

しませんが。 そしてグレードUPupwardrightupもしています。

ついに100%化学合成油にDscf0051

これが今までのペール缶

長い間に沢山のバイクに使いました。

安心できるオイルでしたね。

そして、newペール缶がこれです。Dscf0052_2

Sマークが追加されています。

缶の蓋の部分もチェンジです。Dscf0054 Dscf0053

白のペイントからロゴ入りに変わっています。

こんなところにお金をかけたか~happy01

ま~オイルは良くなったということで、評価は使って見てからのコメントと致しましょう。

| | コメント (0)

年末Jがスタート

トコトコ宝くじメンバーの皆様

年末ジャンボ宝くじが始まりました

今年最後のBIGチャンスを逃してはいけません。

今回も前回と同様の内容で集めます。

前回の繰越分(過去最高)も含め大きいのを

当てにいきましょう。sign01

参加freeです。沢山の方お待ちしています。

shineBDH トコトコ宝くじクラブshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンジン組み立て

いよいよV100の社外品のシリンダKITの組み込みですが、その前にダキツキ状態のピストンを取り外します。Dscf0017

今回取り外して見て判ったのですが、思った以上にピストンとリングはダメージを負っていました。

IN側は完全にリングが固着しています。

これではかかる訳がないですね。

Dscf0018 Dscf0019

EX側              IN側

さ~て、届いたKITを開けてみましょうDscf0020 Dscf0021 Dscf0022

まずガスケットセットがあり、続いてシリンダが姿を見せました。流石に新品綺麗です。早速取り出してスズキの純正品と比べてみました。Dscf0023 Dscf0024 Dscf0025

パッと見は良く似た感じです。

しかし各ポートの形状や高さが微妙に違います。

排気と掃気ポートはスズキより少し小さめでポートの角が角張っています。Dscf0026 Dscf0027

スリーブのトップからシリンダの下側までの長さは同じでした。 しかし大きな違いが、、、

Dscf0028 Dscf0029

スズキのシリンダ上部のスリーブの厚みは約4mm

Dscf0030 Dscf0031

今回購入のシリンダは約6.5mmと2.5mmも違います。 という事は、シリンダが同じ作りならポートの位置が下がっていることになりマフラーの取り付けが困難な事にshock しかしこのシリンダよく出来ていて排気ポートはスズキの純正と同じ位置に来るよう作られていました。happy01

続いてピストンSETの確認です。Dscf0032 Dscf0033 Dscf0034

ピストンにリングSET、サークリップとピストンピン 上下ガスケットと交換に必要なものは揃っています。

ピストンの形状ほぼスズキと同じでしたが、アルミの素材が悪いのか見た目に汚いので組み込み前に表面を少し磨きました。Dscf0036 Dscf0037

ピストンリングSETです。ここがスズキと大きく違いリング2本にセカンドリング用のエキスパンダが着いています。Dscf0038 Dscf0039

ピストンピンの違いはスズキ製より厚みのあるほうが今回の社外品です。当然外径と長さは同じです。

Dscf0040 Dscf0035

クリップも違いました。 CタイプがスズキでGタイプが社外品です。

いよいよ組み込みます。 組み付け用に使うスーパーゾイル2サイクル用です。各パーツにたっぷりつけて組み込みます。Dscf0041 Dscf0042

リングを組み込みピストンをコンロッドに取り付け、サークリップをはめ込みます。Dscf0043 Dscf0044

シリンダを組み込み、ヘッドを組みます。

ナットを4個で締め付けるのですが、まずは手回しで締めていき途中キックを何回も蹴りシリンダとピストンのセンター出しをします。

Dscf0045 Dscf0047

最後はトルクレンチを使い規定トルクまで締め付け完了です。 今回は200kg.cmで締めています。(180~280kg.cmがスズキの指定トルクです)

ここまで組んでキャブ関係のセットアップをし、始動テストを致しました。かなりキックを踏んだら、パンパンと音が、、、キターdashdash 

最後は、マフラーを取り付け各部の締め付けチェックをし再度エンジン始動です。Dscf0050

ケムリ吹いていますが、オイルを確り廻していますので暫くはこんな状態でしょう。なにせ社外品を使用ですから。オイルは多めで行きましょう。good

暫く火を入れていなかったエンジンでしたが、日に日に調子が上がってきています。 あとは実走テストのみですが、此方は足回りが完成しないと出来ません。ブレーキ関係の修理が残っていますので、今週中には完全復活出切る見込みです。Dscf0048 Dscf0049

因みに、リヤブレーキシューはキタコ製に交換で、タイヤもnew交換済みです。

どんどん良い物になっています。M君に頼まれたV100なので気合いを※やっていますよ~happy02

| | コメント (0)

本日 休養中

昨日はほぼ一日V100の製作に時間を使い腰、そして身体中が痛い 本日は確り休養を取り明日からに備えます。

と言いつつ、ストマジで何時もお世話になっています、BSウエストに少しお邪魔しにいきました。 店長のA君とバイトにきていたOGAチャンにストマジの試乗をしてもらいまずまずの評価を頂きました。happy01   

本日はここまで bottle 明日は祭日でも仕事はしますよ。V100の完成を早くしないとcoldsweats01

| | コメント (0)

ありがとうございます

我が娘のことで沢山の方にお祝いの言葉を頂きありがとうございます。

合格のお祝いにご飯でも行くかと聞いたら、食べるより物を買って欲しいと超現実的なことを言われました。 ま~物だとかたちで残るのでいいか。coldsweats01

| | コメント (0)

やっと火が入りました

本日朝一でV100のシリンダKITが届きました。

Dscf0020 ネットで購入ですが、過去の経験上問題の無いレベルのものが届いているはず。

漢字の多い外箱です 純正部品と書いてありパーツNO.もスズキの品番と同じ番号が明記してありました。

しかし値段はスズキの半分以下です。V100のシリンダは約13000円 このキットはピストンもG/Kもクリップ、ピンも付いていて7000円弱と驚きの商品です。 しかし本当に使用出来る(耐久性を含め)かは、これから組んでみてのことです。

詳細は後日up致しますが、結果はひとまずokです。Dscf0050

確り圧縮もありエンジンはかかりました。

真っ白いケムリを吐いていますhappy01

まだ慣らし中なので、判断は出来ませんが特におかしな音も無くきれいに回っています。

全体が完成したら、実走テストにてエンジンの状況はご報告致します。

| | コメント (0)

V100 完成させますよ~

先日まで格闘のあげく、ダキツキにやられていたV100

Dscf0035 Dscf0036

オークションで良いデモノはないかとパーツ探ししていたのですが、中々良いものにめぐり合えず、と言うかケチケチ入札していたら他の人に全て持っていかれ、新品のKITを買ってしまいました。 明日には届くと思いますので、一気に完成に持っていきたいところです、、、がまた何か別のトラブルが発生するかも? 詳細は明日以降(エンジンに火が入れば)up致します。 何せ新型と旧型のエンジンを合体させますので、アレを取ったり、これを付け替えたりで大忙しの相手になりそうです。それではbeer

| | コメント (1)

おめでとう

本日は我が娘のS大学の合格発表日 一週間も前からドキドキで眠れない毎日を送っていたようですが、無事合格致しました。pass happy01

おめでとう これで安心して次のステップへ進めますね。 その前にちゃんと卒業しろよ。

| | コメント (5)

えびすさん

本日がえびす講の最終日 

毎年のことですが、くまでのチェンジです。Dscf0016

年々大きくしていくのですが、厳しい状況の中ここ何年かは大きさキープです。happy01

これで、商売繁盛は約束されました、、、と言うことになれば良いですね。

なにはともあれ、トコトコはやり続けますよ。shine

| | コメント (0)

AD V100~110~V125

アドレスの3シリーズです。Dscf0013 Dscf0014 Dscf0015

アドレスV100    アドレス110      アドレスV125G

Dscf0012 Dscf0011 Dscf0010

    スピードメーター周りの違いですDscf0009 Dscf0008

3台を並べて比べました。真ん中の110が一番の大柄で100と125はほぼ同じ大きさです。

ま~スズキもV100とV125は車両重量も大きさも同じにするコンセプトで作っていますからDscf0007 Dscf0006

Dscf0005 シートの大きさがV125の方が少し大きいようです。4ストの125ccで2ストの100ccと総重量を同じにしてきているスズキには感心させられます。と言うよりV100のフレームが重過ぎるんです。punch ここ最近はV125が多くなりV100と110は少数派になりつつあります。 あえてここで V100とかを早く走らせたい今日この頃です。 作りかけのV100はフレームのみの状態 何時完成するのやら?? 私はあくまで打倒V125でいきますよ~。

それにしても、ここ2~3日寒すぎです。

| | コメント (0)

広島県初上陸

大阪名物 いか焼きのお店Dscf0003_2 Dscf0004

今日、我が娘がチラシといか焼きを買って帰ってきました。

本人はいかキムチ焼きで私にいか焼きをweep 嬉し涙ものです。ところで肝心の味の方ですが、ソースが辛口で結構強烈な印象です。普通のいか焼きを食べたのですが、キムチが効いているかのピリカラでした。 見た目はお好みの皮でいか焼きを包んだ感じのものです。beerのおつまみには良いかもsign01 西広島駅前にお店はあるので興味ある方は、寄ってみては如何でしょう。

| | コメント (0)

やっちまったな~

フュージョンが痛々しいことにDscf0004 Dscf0003

自動車との衝突事故です。幸い人の方は大きな怪我が無く一安心です。

相棒はダメージが大きくオーナーさんはテンションdown

しかし、メインのフレームは何とか使えそうです。 このバイクが好きなK君の為なんとしても再生しなくては。 相棒もマダマダ乗ってくれと言っている筈ですから。Dscf0001 Dscf0002

フロントのカバー類を取り外すとPS風に見えます。 いっそカバーを殆んど取り外してズーマー風も楽しいのでは考える今日この頃です。 オーナーは乗り気ではなかったですが。coldsweats01

さて、この事故の見積もりは、いくらぐらいになったでしょうか? 前廻りと左はほぼngでFフォーク廻りもと細かい事を書けばきりがないほどありますが、、、、

正解は中古の程度の良いフュージョンが買える位です。 

こういうことは、他人事ではありません。ライダーを続ける限り起こる可能性は多分にあります。 いつも防衛運転を心がけライディングしましょう。 と私もいつも心がけるようにしています。

年末が近くなると、何かと気ぜわしいものです。 ゆとりを持ち行動しましょう。

私は既にゆとりが無く気ぜわしくしています。やりたい事とやらなくてはいけない事が重なって あ~目いっぱいhappy01

| | コメント (0)

答えは?

乗ってきましたの正解は

いっせーがほぼ正解ですが、正確には花みどり公園の入り口手前です。happy01

恋~クチ峠~花みどり公園前~R191を暫く走ってきましたが、191は道路の路面が悪く

前後サスをサーキット用にセットアップしたストマジは跳ねまくっていました。

車も少なく走りやすい時間帯でしたので、エンジンテストは完璧に出来ました。

6千回転から上の加速は楽しいの一言です。 チャンバーの効果が感じられ、2ストはこうでなくてはの走りでした。 サク君へ、トータルで1時間半位を走り回っていました。smile

後は厚めのシートでロングに耐えれる仕様にしたいところです。

出来ればハンドルを交換して、カウルも取り付けて見たいですかねsign02

今月の30日はミニバイクレースの観戦に出かけます。(TSタカタサーキット)

レースを見てみたい人は一緒に行きましょうか。

| | コメント (0)

乗ってきました

昼過ぎてスタートしたので、寒がりの私でも絶えれました。happy01

近場ですが1時間半ぐらい走り回ってきました。Dscf0005 Dscf0006

秋というより冬を感じてきました。さてここは何所でしょう?Dscf0007 Dscf0008

あちこち紅葉しています。ここはR191の何所かです。

Dscf0009

Dscf0010

久しぶりのストマジでしたが、凄く楽しく走れました。 お尻が痛くなるのは如何にもならないですが、強烈な加速は体感しまくりました。happy01 峠の左コーナーではサイドスタンドを擦るぐらい(怖かった~)走り込みました。

やっぱり2種ツーは魅力一杯ですね。

| | コメント (6)

本日 休養中??

ツーリングを中止したので、予定を組めず

Dscf0048 pcの前でbeerといきたいところですが

まだ昼過ぎなので、、、、

天気はsuncloud 走りに行くか~

ストマジは燃料満タンだし

| | コメント (0)

DIO仕上げ中

ライブDIOの各部チェックと仕上げです。Dscf0010 Dscf0011

バラシテいます。各部の磨耗チェック等をやっています。

Dscf0012 Dscf0013

ケース内も掃除中、ウエイトローラーは片チビが酷く交換です。

Dscf0014 チェック~清掃しパーツ交換後組み上げたところです。

しかしこの後、ちがう問題が発生 中古はいろいろありますから。

ただ綺麗になって行くのを見るのが楽しいのだからしょうがない。 取合えずend

| | コメント (0)

ライブDIO タイヤ交換

製作中のライブDIOのフロントタイヤの交換

交換ですが画像は外すまでで、こんな感じでやってますの画像です。Dscf0015

まずはブレーキキャリパーを取り外し、フロント廻りを浮かせてアクスルシャフトを抜き、フロントホイールを取り外します。

この時にディスク板もチェック shockとっくに使用限度は過ぎています。ここも交換です。

Dscf0017 Dscf0018

まずは、タイヤの空気を抜きます。バルブコア(通称ムシゴム)を抜き取ります。

Dscf0019 Dscf0020 Dscf0021

ビード(ミミ)を落としていきます。両側とも確り落とします。昔はマイナスドライバーやタイヤレバーを使って地道に落として行ったものです。Dscf0022 Dscf0023_2

タイヤレバーを1本バルブの近くに差込みタイヤを浮かせます。今回はディスクがあるので下に噛ませています。

Dscf0024 Dscf0025 Dscf0026 Dscf0027

もう1本のタイヤレバーで少しずつタイヤを浮かせ外して生きます。この時最初のレバーが外れないよう気をつけます。欲張らず少しずつが基本です。すると結構簡単に外れます。タイヤのビード部分がホイールに張り付かないよう摘んで行なうと尚簡単です。これで片側が完了です。もう一方は少し取り外し方が違うので画像をご覧下さい。但しこのはずし方が最良という訳では有りませんので、参考程度にDscf0028 Dscf0029 Dscf0030 Dscf0031 Dscf0032 Dscf0033 Dscf0034

この作業を文章で現すのが難しく連続画像にしましたが、タイヤレバーを使用しタイヤを外したい方向に押さえ込みプラハンでビード部分を叩きます。すると簡単に外れてくれますよ。ホイールを傷つけない様タイヤレバーの当たる部分にウエス等を当てておくと良いでしょう。

今回は10インチの鉄製プレスホイールでしたので、リムプロテクターを使用していませんが、大きなホイールでアルミ製だと使ったほうが綺麗に出来ますよ。

タイヤを組み込む作業は又機会があればup致します。

| | コメント (0)

V100 燃料タンク交換

本日はV100の燃料タンクについて

初期のV100はタンク容量が4.8リットルと50ccの原付並みで、良く乗る人は頻繁にgasstationに行かなくていけません。そこでSタイプ以降のモデルのタンク(6リットル)に交換です。Dscf0003 Dscf0004

純正のタンクを取り外します。カバー類を外してリヤフェンダーを下にずらしタンクを抜き取るのですが、実はタンクだけではダメでオイルタンクとリヤフェンダー丸ごとの交換でないと6リットルタンクはポン付けとは行きません。 Dscf0005 Dscf0006

両方のタンクを比べたところです。大きさの違いが良く判りますね~Dscf0007 Dscf0008

此方がリヤフェンダーとオイルタンクを比べた画像です。判りにくいですが左が6リットルです。 オイルタンクのパイプ部分の形状もかなり違います。

Dscf0009 タンクとフェンダーをセットで交換した画像です。但し仮止めで本来はテールライトが付きますので少々コツがいるかもです。good

これでロングツーリングも?こなせます。??

後はエンジンが完成すればok エンジンはまだclockがかかりそうなのでfivewatchscissorsup致します。

| | コメント (0)

ついに来た?

あの三菱自動車から

Dscf0001 今乗っている軽トラのサービスキャンペーン

プロペラシャフト関係とリヤホイールベアリングにトラブル発生の恐れあり

リヤホイールベアリングがと言ってきていますが、我が軽トラは一年前にフロントのベアリングが逝ってしまいました。

リコールではなくキャンペーンなので暫くは様子見ですが、、、ハタシテどうなりますかsign02

| | コメント (0)

エンジン載せ替えたのに、、、

このところ、目いっぱい働いていますが、V100は完成しません。

載せ買えたエンジンがng shock キックで圧縮はありそうで、排気ポートから覗いたらピストンにキズは無く使えるはずだったのですが、、、

事前に圧縮圧力を調べればよかった 実動エンジンと言われ購入しストックしていた物なのでチェック不足でした。  おかげで、キックは●00回ぐらい蹴りました 結果はIN側のかるいダキツキでした。 エンジンの3要素を順番にチェックしたつもりでしたが

Dscf0035 Dscf0036

若干のリングの固着がありシリンダ側もngな状態にweep こうなればオーバーサイズのピストンを仕入れてボーリングですかね あ~シンド V100はO/Sピストンが純正で用意出来るのがありがたいですね。

完璧に仕上げますよ~。 詳細は後日(当分先になるかも)up致します。

| | コメント (0)

最近超~ハード

昨日がV100一日がかりで、本日ライブDIOで、、、

こんな感じです。Dscf0001 Dscf0002 Dscf0010 Dscf0011 Dscf0012

V100は燃料タンクとエンジンの交換を、DIOは各部チェックにO/H色々と休めない。

体ガタガタ 以上で仕事に復帰します。sad  詳しい内容は後日up致します。

| | コメント (0)

おめでとう

本日は11/11

ポッキーの日 今日でしほ姉ぞろ目の誕生日birthday

ぞろ目っていくつなんでしょう?

とにかくおめでとうhappy01 beer

| | コメント (5)

トコツー 本年度大反省会のご案内

トコトコメンバーの皆様

毎年恒例の大反省会(忘年会)の時期がきました。

今年は12/6(土)に行ないたいと思います。beer

各自スケジュール調整をお願い致します。bottle

時間、場所については検討中です。bar

いつもと同じになりそうですが、、、wine

沢山の皆様のご参加をお待ちしています。japanesetea

参加希望の方は早めのご連絡お願い致します。runnoodle

BDH トコトコツーリングクラブ

| | コメント (0)

2種ツーのご案内②

11/16(日)の2種ツーの時間変更

集合時間を10:30に致します。

週末は強烈な寒気団が襲ってきそうです。

装備は防寒で行った方が良いですよ。

暖かい時間帯を狙って走りましょう。

BDH トコトコツーリングクラブ

| | コメント (0)

ノーマルに戻すのとカスタムするのと

みっつのエリミ125のマフラーDscf0002 Dscf0001

サイレンサーの加工したり、G/K入れ直したりし色々やって取り付けたのですが、ノーマルのマフラーに戻しました。 結果は走りやすくなった様です。ま~当たり前のことのなのですが前回取り替えた社外マフラーは排気量に対してパイプ径が太すぎでした。したがってスタート直後のエンジンの回転の落ち込みが激しすぎエンストする始末 今流行り(アメリカで)のチェンジは良いのですが、パーツ選びは慎重にsign03

続いてハンドルグリップの交換ですが、マタマタ手をやかされました。Dscf0003

画像のように純正のバーエンドが通常のプラスドライバーでは全く回りません。 とうとうshockドライバーの登場です。

左右これで回してやっと取り外せました。

ここまでの作業で汗だくです。

Dscf0004 Dscf0005

ここからグリップを取るのですが、私はエアーを使いません。まず細いマイナスドライバーを挿し込み、その隙間にCRC等の潤滑剤を吹き込みます。そしてドライバーをグッルと一周させ抜き取ります。Dscf0006

こんな感じで簡単に取れますよ。

再使用しない時は、カッターナイフで切り取ります。

今回は貫通タイプですが基本はこの方法で殆んどのグリップを外しています。

Dscf0007 グリップ取り外し後は、パーツクリーナーで古いボンドのカスや油脂分を取り除きます。

これをしていないと、新しいグリップを入れても確り固定できず廻る原因になりますよ。

次に、グリップボンドを薄く塗り交換するグリップを差し込んで完成です。Dscf0008 Dscf0009

今回はアメリカンらしくスポンジタイプのソフトグリップです。

新品のグリップが挿し込みにくいときは、少量のパーツクリーナー(中乾タイプ)を吹きつけ入れると簡単です。 間違ってもCRC等はつかってはいけません。

続いてスロットル側の交換ですが、ここで問題発生,取り外すまでは同じ方法でOKでしたがグリップパイプに凹凸がDscf0010

この凸凹が邪魔をしてカスタムグリップが入りません

と言うより無理入れすると、丸いグリップに成らず握りにくいです。

S社のグリップもこれが多いです。 さて如何するか、、、それはひたすら丸くなる様に削ります。

Dscf0011 Dscf0012

大まかにカッターナイフで削り取り、棒ヤスリ等で表面を丸く綺麗に慣らします。 本来はパイプを取り外して行なえば簡単なのですが、今回はハンドルに付いたままの状態で削りましたので、少々テコズリました。Dscf0013 特にコツは無いのですが、パイプはプラ製なので削りすぎて穴を開けないよう気をつけましょう。happy01

スロットル側も完成です。

グリップを一つ変えるだけで、気分も見た目もリフレシュしますよね。

この続きに本当は大仕事をしたのですが、今回はupなしです。

仕上がりを、みっつは気に入ってくれてるみたいで一安心です。

| | コメント (1)

2種ツーのご案内

今年最後の2種ツーです。

11/16(日)に行きます (rainsnowは中止です)

AM9:00 トコトコクラブ前に集合

行き先は当日発表sign03

相棒は原付2種でお願い致します。(50ccは不可)

アドレスV100、125 モンキー(改) エイプ100

エリミ125その他各種のスクーターやミッション車お待ちしています。

寒いので、あまり山方面には行きたくは無いのですが、、、

ラストツーリングですので、頑張りましょう。japanesetea

BDH トコトコツーリングクラブ

| | コメント (0)

またまた すごい事に、、、

ホンダのTodayのヘッドライトDscf0014 Dscf0015

曇りガラスの様になってしまいました。せっかくのマルチリフレクターライトなのに残念な結果です。(画像では判りずらいのですが、レンズはグニャグニャです)

果たして原因は  普通でもライトが点いている時はレンズはかなり熱くなっています。バルブの発熱し過ぎで熔けたのではなく、外的要因で曲がったものと思われます。

それは、フロントバスケットに買い物の荷物を高く積みすぎ、常にレンズにプレッシャーをかけ続けていた物体が有ったのが原因のようです。 その物体が何であったかは今のところ不明です。 

スクーターのフロントにカゴを付け沢山のものを載せて走る方気をつけましょう。

| | コメント (0)

CB750Fのメンテ

シャツのD君の相棒CB750F(改)のメンテです。Dscf0011

このバイクのリヤ廻りのメンテナンスです。

タイヤ、スプロケ、チェーン、パッドの交換です。

メインスタンドが付いていない仕様なので、レーシングスタンドの出番です。(久しぶり~)Dscf0002 Dscf0003

交換パーツとリヤタイヤです。 K300GP私のFZも同じ物を履いています。

お互い沢山の種類の中からはタイヤ選びの出来ない相棒に乗っています。

バイクは80年代が面白いのだから、しょうがないか~happy01Dscf0004 Dscf0005

こんな感じでバラシテやっています。拘りのブーメランコムスターホイールです。必ずタイヤ交換は手組みです。機械は使わない派のD君です。 毎回チカラ仕事でやってます。

続いてスプロケットの前後とドライブチェーンを交換しましたが、なんとドライブ側のスプロケの取り付けボルトが1本無い? どこに逝ったのかイヤ行ったのか?

Dscf0007 Dscf0008

画像右が交換後です。

Dscf0006 Dscf0009

ドリブンスプロケ(AFAM)も交換し組み上げたところです。

チェーンはDIDのXリングチェーンの50VMタイプ 流石に全てを新しくnewすると綺麗に回ります。気持いいですね~happy01

Dscf0010 リヤパッドの交換は少々てこずりましたが、新旧取り混ぜ方式(そんなのは無いのですが)でクリアし、最後にキャリパーカバーを取り付け完了です。

何時も感心するぐらい手を入れてあげ、綺麗に乗っているD君には頭が下がります。

次はモンキーで行く2種ツーに参加お待ちしています。

| | コメント (1)

お土産で

お土産でヒバゴンのたまごをいただきましたDscf0072 Dscf0073

私がオートバイに乗り出した頃、県北(旧 比婆郡)で盛り上がっていた「ヒバゴン」とうとうお菓子に、、、

それも たまご? で中はこんな感じですDscf0074 Dscf0075

白あんで真ん中にさつま芋の黄味が入っていました。

| | コメント (0)

セピア改をカイ

GR君のセピア改

今回は足回りのカスタムです。Dscf0070 Dscf0071

既に交換済みのリヤサスと同じYSSのサス(今回はJOG 230mmタイプ)に交換です。画像右のノーマルの細いサスに比べ随分太巻きになっています。 V100のカスタムでフロントのサスをJOGのリヤサスに交換をするのが定番?ですが、今回はYSSの商品で豪華に見えますね。硬さもUPし二倍美味しいカスタムです。 (ほぼポン付けできますが、外国製品でバラツキがあります)coldsweats01

スズキのリンク式サスでヘタってきたかなと思ったらやってみるのも良いかもですよ。但し右側のみですがsign01

試乗レポートは後日、GR君に聞いてupします。 硬すぎて乗りにくかったりして??

次はマフラーの交換をチャレンジしたいGR君でした。japanesetea

| | コメント (2)

トコトコで行った帝釈峡とお通り②

トコトコツーリングin帝釈峡

紅葉が始まったかな~と言う感じの帝釈峡です。Dscf0049 Dscf0046 Dscf0047 Dscf0048

こんな感じで少し紅葉してきています。

Dscf0050 帝釈峡の入り口付近です。

この日はもみじ祭りが開催されていて沢山の人で賑わっていました。

PM3:00を過ぎ、帰り時間を考え新スポット(まほろばの里)には行けず、永明寺付近の探索のみで今回は終了でした。

Dscf0051 Dscf0052

Dscf0053 Dscf0054

Dscf0055 Dscf0056

昭和13年4月に架けられた橋です。Dscf0057 Dscf0058

永明寺

このお寺には帝釈天が祭ってあり、帝釈峡の名前の由来はここにあるそうです。古いお寺で今はやっと建っているといった感じです。Dscf0059 Dscf0060 Dscf0061 Dscf0062

所々にM君が登場しています。

この洞窟の奥には、、、、secret

H子さんには入っていけないオーラが漂っている様です

短い時間でしたが、少し秋を感じ取れましたかね~sign02

日も落ちてきて暗くなる前に広島に帰ろうと一気に三次のCVSまで走りました。Dscf0065

ここは、H子さんが午前中GSを間違えた隣のCVS

今度は迷わずGSで燃料補給をしていました。

私O以外はガス補給でいない間に、色々な知り合いに合いました。

原付の軍団がいると思ったら、いつもパーツでお世話になっているK君グループで、広島から西城の方までツーリングに行き帰りの途中で、休憩をしていたところらしく自分達より一足先にチャンバーの音を響かせ走っていきました。Dscf0063 Dscf0064

頑張ってかえれよ~ と思いつつ我がグループも帰らなくては

ここからは、何時も道理のルートで千代田方面に、すると言い出しっぺのM君「今日6:30から会社の飲み会があるので」と千代田から1人高速で帰ることに  最近は言い出した人が早く帰ってしまうツーが流行りか??bleah

暗くなり先頭を走っていても、ライトの範囲しか道路が見えないと少々不安なもので、ペースを落とし何とかイムロ付近まで帰りCVSで休憩

ここから久地峠~五月ヶ丘まで先頭で、残りは恋峠、ここで39坊君が先頭に、本日のイヤ今年のラストランの如くスロットルを開けていくdashdash  ならばと私もついつい行ってしまい後ろ二台を置き去りに、反省反省coldsweats01     何時ものparkingにPM6:45頃着き無事ツーリング終了。

Dscf0066

本日は5台でスタートし、4台でゴールでしたが、個人的には充実した満足の出来るツーリングでした。 参加の皆様お疲れ様でした。トラブルも無く終了できました事に感謝致します。 次回ツーリングは来年になると思いますが またトコトコ走りましょう。

本日の相棒Dscf0012

FZ750 

グース改

250TR

XJR1300

CB750

走行距離296km

diamond2種ツーはまだ行くよ~(寒すぎなければ)

                                 

                                                                                                       

| | コメント (2)

トコトコで行った帝釈峡とお通り

2008.11.2(日)

いよいよ本年度のラストツーリング(予定)です。

いつもより遅めの集合、出発にしたにも関わらず、言い出しっぺのM君遅刻で始まったツーリングのレポートです。

朝8:30集合、出発で準備をしていると、なんと一番に姿を見せたのはH子さん、え~~ビックリです。 11月のツーリングに参加してくれるとは続けて、しほ姉、39坊最後にM君(偽イッセイの疑いあり)が到着で総勢5台になり、今日はサポートカーは無しの為、早速出発です。

本日の行きのルートは恋~恋峠~久地峠といつも2種ツーで走っている道で行ってます。天気は曇りで少々寒いな~と走り出すとイムロ過ぎのトンネルを抜け千代田に向かう登り道あたりから寒すぎです。Dscf0013

いつも2種ツーでお邪魔しているCVS

休憩と軽い朝ごはん

そして、OとH子はレインパンツを履き防寒対策

M君は39坊にカッパの上着を借り出発です。

ここから千代田の町を抜け、2種ツーでお馴染みの長いのぼり坂へ、今回は大き目の相棒の集まりなので、なんなくクリア、そしてミニバイクでお世話に成っているタカタサーキット方面へ走ります。  ここからがこの日のメインルート いつもなら、R54に向かい右折をする交差点を直進です。

この道は中国道とほぼ平行して走れる下道です。ここがそこそこ綺麗で走りやすい面白いルートです。 今までは封印していました。Dscf0014_2

二回目の休憩です。三次手前のCVS

H子さんは何時ものように、相棒にガス補給

ですが、なぜかいつものGSに向かっていない

併設のT,S(トラックステーション)のエネオスに

あちらはトラック用で一般はいつものGSです。 ぐるっと一回りしてやっとガス補給が完了しました。 オモロ~な人です バイクがTR250 TRはトラックの略と言う落ちで決まりです。happy01  AM10:45 ここからは一気に目的地の帝釈峡を目指し走りますが、一旦東城で本日のみ見ることの出来る「お通り」の見学です。 丁度昼過ぎに付きましたので始まったばかりでした。 ここからは画像でお楽しみください。Dscf0015 Dscf0016 Dscf0019 Dscf0021

オープニングの神楽です。

比婆荒神神楽 ヤマタノオロチ退治でしょう

神楽があり演舞があり、殿や姫の紹介があり色々ありなかなかお通りがスタートしないので、昼ごはんを先に食べあとで見物に行く事にsign02

殿や姫の紹介と気合い道の演舞です。

Dscf0022 Dscf0023 Dscf0024 Dscf0025 Dscf0026

Dscf0027 Dscf0028 出番待ちの武者行列の皆さんです。Dscf0029 Dscf0030 Dscf0031 Dscf0032

39坊とM君は記念スナップでご機嫌でした。

長い行列が出来ていたお店です。Dscf0033

昼ごはんを食べた中華屋さん北京です。Dscf0035

ここからが「お通り」の本番です。

連続写真でご覧下さい。 結構気さくな殿様でしたよ。Dscf0036 Dscf0037 Dscf0038 Dscf0039

Dscf0040 Dscf0041 Dscf0042

Dscf0043 Dscf0044 Dscf0045

大名行列、武者行列と続き母衣行列となるのですが、一番見たかった母衣(ほろ)を見ぬままタイムUP ま~かわいい姫が見れたので良しとしましょう。happy01

本来の目的地である、帝釈峡に向かってdash

紅葉が始まったばかりの景色は後日up致します。

本日はここまでbeer

| | コメント (0)

トコトコで行った帝釈峡と、、、

本日ツーリングに出かけました。Dscf0049 Dscf0047 Dscf0032

時間の都合で思うように廻れませんでしたが、内容は盛りだくさんのツーリングでした、

レポートは後日upします。

今日は殿や姫や代官と沢山の人と出会い疲れました。

| | コメント (0)

配線が、、、

Dscf0025 このスクーター(DIOフィット)

の配線がDscf0026

キャブレターに付いているオートチョークの配線が1本切れています。それも嫌がらせの様な位置で。 挿し込み式カプラーの付け根です。 このカプラーはメインハーネスからの枝分かれの配線の為、本来ならハーネス交換ですが、費用と時間が惜しいので配線の作り直しを致しました。Dscf0027 Dscf0028 Dscf0029

まずは、シートを開けメットインBOXを取り外します。Dscf0030 Dscf0031 Dscf0032

修理部を確認し配線の固定部を交わしカプラーを抜きます。Dscf0033 Dscf0034 Dscf0035

ngのカプラーの根元で配線をカットします。続けて外側のカバーを切りとり配線だけにしておきます。  次に交換用に用意をした㊥のカプラーを加工していきます。今回パーツを用意してくれたK君とA君に感謝です。いつも助かります ありがとうhappy01Dscf0036 Dscf0037 Dscf0038

ギボシのSETでまずハーネス側を加工します。この時2本の線を同じ位置でカットせず、斜(ハス)に切りギボシもオス、メスと別の物をかしめます。同じくカプラー側も作ります。この時配線の色は間違えないようにsign01 一回この配線に作り直しておけば、次からもメインハーネスを交換しないで修理が出来ます。Dscf0039

これが新しく作ったカプラー側のギボシ仕様です。

仕様という程の大した物ではありませんがcoldsweats01

最近は二極カプラータイプもありますので、そちらを遣うともっとお洒落だと思います。Dscf0040 Dscf0041 Dscf0042

チョーク側にカプラーを挿しこみ、配線をギボシで繋ぎ完了です。

この時配線に少し余裕を持たせる様にして二次災害に備えましょう。

一杯一杯だと直ぐに切れるかも知れませんのでsign02

今回の作業は中古品の配線が手に入れば良い方法だと思いますよ。

| | コメント (0)

おめでとう

11/1 本日は

いっせいのbirthday  26歳おめでとう

いい親父になるよう頑張っている最中ですが

いっそう気合いを入れて何事にも取り組んで

下さいsign03

誕生日を祝しまして「カンパ~イ」beerbottlewinebar

| | コメント (2)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »