« 取り付けボルトに | トップページ | ロッシヘルメットは・・・ »

プラグコードが・・・

切れていました~coldsweats02  ホンダのTodayですが、走行にはさほど問題無くメインスタンドで、車体を持ち上げるとエンストすると言った症状でした。

実際に検証すると、スタンドを掛けて車体が地面から浮くと不調になりました。エンストまではしないのですが、「パチパチ」と何所かに電気が放電している音が聞こえます。??

メンテナンスリッドを取り外し、中をチェックすると、、、

2012_02230005 2012_02230006

upwardright此方のTodayですが、、、upwardrightこの画像は既にIGコイルを交換に入ってるところです。

2012_02230011 2012_02230010

upwardright画像の様に、プラグキャップから直ぐのところで完全に切れていました。 しかしコードが固くなっていて、ゴムっぽく無くそれが幸いしたのか、走行状態の時にはギリギリコードが接触していた為、走り続けていたようです。

2012_02230007 downwardleft画像の下側が使用品

コードにアールがついたままの

形で固まっています。

真っ直ぐには戻らないぐらい

にカチカチでした。 だから千切れたということもあるのですが。これはIGコイルが車体に固定、コードからキャップがエンジン側で、走行中は常に上下に振れてます。これが何年も続くと2ストスクーターのオイルホースが切れるように、このプラグコードも切れてしまったのでしょう。 滅多には無いと思いますが、Todayですから~

2012_02230008 2012_02230009

upwardrightnewIGコイルをフレームに取り付けupwardrightエンジン側にコードを回し、プラグキャップをねじ込み取り付けます。 newコードは軟らかいので、自由に曲げれます~happy01

これで、何年も切れることなく走れるでしょう。 

寒くなるこの季節、ホースだけでなく、コードもチェックしなくてはと思いました~smile

|

« 取り付けボルトに | トップページ | ロッシヘルメットは・・・ »

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 取り付けボルトに | トップページ | ロッシヘルメットは・・・ »