« バイクシェルター | トップページ | SRXの救出 »

細い配線で・・・

走行中にいきなりのエンストcoldsweats02 再始動も出来ない状態になり、クラブまでやってきたレッツⅡ

2013_02130001 downwardleftセルも確り回り

キックも問題なし。

排気もソコソコ出ています。

しかし、全く火が入る気配なし

先ずは、スパークプラグを取り外し、火花テストを・・・すると、全く火が飛びません。点火系統の何処かにトラブルが 順番にチェックしていくと、いきなり発見

2013_02130002 2013_02130003

upwardrightIGコイルに繋がっている配線の片側が断線です。ギボシのギリギリで配線が千切れています。 コレではかかりませんよね~ 簡単にチェック配線を作り繋ぐとエンジン再始動happy01 問題はここだったようです。

2013_02130004 2013_02130005

upwardright同じ様な色の配線を探し、少し長めにセットしハンダ付けしました。

2013_02130006 downwardleftギボシを挿し込み

車体を揺らしたり、押したりし

配線の動き具合をチェックです。

問題は無さそうですね~

今回のレッツⅡは配線も古くなって硬くなり、車体の振動等でギボシの付け根に一番ストレスがかかったのでしょう。 スズキ車はV100も同じ様なトラブルのメンテ沢山やってましたので~

|

« バイクシェルター | トップページ | SRXの救出 »

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バイクシェルター | トップページ | SRXの救出 »