« 真っ黒なケース | トップページ | ピグスープ「勝手な写真館」① »

エアクリからキャブ/チョークまで(TR50)

本日rain クラブのA/C不調の為、蒸し暑い一日となりましたsad  夕方の7時ごろからやっと本格作動で、今は快適にpcに向かってます。

本日は、エアクリ取り付けシュミレーションでまたまた、TR50と110を弄っていましたが、ngな事の連発で、テンションdowndowndown

手持のパーツでは良い結果が出ない事がわかり、気分転換に50のストマジをアレコレ弄っていたら、キャブのセットでとんでもない事に。 50と言っても、ボアアップで60cc位になってるTR50ですので、110用のキャブを取り付けていましたが、随分昔の事なのでどんなセットにしたのか覚えていませんでした。 これが問題を大きくしたのですが・・・

今までにも、50に110のキャブの流用は行なっていますが、今回のはパーツリストと睨めっこし、やっと問題点が解明しました。

2013_07060001 2013_07060002

upwardright画像の右が50ccで取り付けてあるのがupwardright110ccのキャブレターです。 50ccに取り付ければ、ビッグキャブですよね(少しだけですが)

本日の結論はキャブ本体と、オートチョークの問題でした。 キャブがTR110のノーマルでオートチョークがAD110のYタイプを使っていたようです。 ここはWタイプのチョークを使わないとストマジはngのようです。(パーツリストで比べると) 

この違いで、エンジンの調子が悪かったのではと判断しています。 症状は、オートチョークが正常に作動しても、エアー通路の遮断が出来て無く燃調が狂いエンスト状態が起きてしまいます。 キャブのエアクリ側のチョーク通路の穴を塞ぐと正常な回転をしますので、間違いないでしょう。

2013_07060003 2013_07060004

upwardright-ドライバーの先の穴です。 upwardright問題のオートチョーク パーツ番号の16F00が正解(画像のは16F10でしょう、、、Oリング付きですので)

品番の合うチョークをゲットしたら、また結果をご報告致します。

|

« 真っ黒なケース | トップページ | ピグスープ「勝手な写真館」① »

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 真っ黒なケース | トップページ | ピグスープ「勝手な写真館」① »